【第125回】検定試験 4級

投稿者maronプレイ回数773
難易度(4.2) 1017打 長文 かなタグ検定試験 長文
日本語ワープロ検定試験
第125回(令和2年12月)速度問題
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 つっち 6975 S++ 7.1 98.1% 145.5 1034 19 20 2022/01/05
2 haru 6678 S+ 6.8 96.9% 145.1 1001 32 20 2022/01/23
3 maayu 5739 A 5.8 97.7% 171.8 1009 23 20 2022/01/05
4 5301 B++ 5.7 93.3% 177.7 1014 72 20 2021/12/21
5 しんがぷーら 5149 B+ 5.6 92.1% 180.6 1017 87 20 2021/12/08

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(からだがちいさかったり、ちからがよわかったりしててきにねらわれやすいいきものには、)

体が小さかったり、力が弱かったりして敵に狙われやすい生き物には、

(すぐれたのうりょくがそなわっていることがあります。)

優れた能力が備わっていることがあります。

(たとえば、のうをはんぶんずつねむらせるほうほうもそのひとつです。)

例えば、脳を半分ずつ眠らせる方法もその一つです。

(それは、とりがかためをつぶって、)

それは、鳥が片目をつぶって、

(そちらがわにつながっているのうだけをやすませるというねむりかたです。)

そちら側に繋がっている脳だけを休ませるという眠り方です。

(あるけんきゅうしゃによれば、のこりのはんぶんはおきていますが、)

ある研究者によれば、残りの半分は起きていますが、

(とてもりらっくすしたじょうたいだといいます。)

とてもリラックスした状態だといいます。

(かんぜんにねてしまうとてきにおそわれたとき、)

完全に寝てしまうと敵に襲われたとき、

(すぐににげることができないので、)

すぐに逃げることができないので、

(こうしたのうりょくがそなわったのではないかといわれています。)

こうした能力が備わったのではないかといわれています。

(また、わたりどりがなんにちもやすむことなくとびつづけられるのも、)

また、渡り鳥が何日も休むことなく飛び続けられるのも、

(このほうほうでかいふくしているからです。)

この方法で回復しているからです。

(とりとはべつのもくてきで、このすいみんができるようになったいきものもいます。)

鳥とは別の目的で、この睡眠ができるようになった生き物もいます。

(それは、いるかをはじめとするかいようほにゅうるいです。)

それは、イルカをはじめとする海洋ほ乳類です。

(わたしたちにんげんは、むいしきにこきゅうをしていますが、)

わたしたち人間は、無意識に呼吸をしていますが、

(かれらはねているあいだもすいめんからかおをあげていきをしなければなりません。)

彼らは寝ている間も水面から顔を上げて息をしなければなりません。

(いちどのこきゅうでとりこめるさんそのりょうがおおいため、)

一度の呼吸で取り込める酸素の量が多いため、

(そのかいすうはにんげんよりはるかにすくなくすみますが、)

その回数は人間よりはるかに少なく済みますが、

(ねむりこんでしまうといのちのききにさらされることさえあるのです。)

眠り込んでしまうと命の危機にさらされることさえあるのです。

(このすいみんほうほうは、そのためのしんかだったようです。)

この睡眠方法は、そのための進化だったようです。

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!