【時候の挨拶】「二月」タイピング

投稿者陸鹿プレイ回数175
「二月の挨拶」を口ずさみながら、タイピングを楽しみましょう。
ビジネス文書による時候の挨拶です。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 sachiko 4996 B 5.0 99.6% 151.7 761 3 21 2021/11/21
2 08622213 4360 C+ 4.4 97.2% 172.9 776 22 21 2021/12/07
3 10837101 4013 C 4.1 96.7% 188.6 783 26 21 2021/12/03
4 08622202 3639 D+ 3.7 96.9% 209.1 786 25 21 2021/12/07
5 10837166 3563 D+ 3.8 94.1% 209.9 798 50 21 2021/12/03

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(よかんのそうろう)

余寒の候

(ばんとうのそうろう)

晩冬の候

(ざんかんのそうろう)

残寒の候

(ざんせつのそうろう)

残雪の候

(りっしゅんのそうろう)

立春の候

(まだまふゆのようにさむいまいにちです。)

まだ真冬のように寒い毎日です。

(よかんかえってみにしみるまいにちをむかえております。)

余寒かえって身にしみる毎日を迎えております。

(ふゆのあともどりしたようなさむさをむかえました。)

冬の後戻りしたような寒さを迎えました。

(ざんせつにみのちぢむひがつづいております。)

残雪に身の縮む日が続いております。

(こよみのうえのはるをむかえ、ひといきついております。)

暦の上の春を迎え、一息ついております。

(りっしゅんとはなばかりのまいにちをむかえております。)

立春とは名ばかりの毎日を迎えております。

(そうしゅんのざんかんがかえってきびしいきょうこのごろ。)

早春の残寒がかえって厳しい今日このごろ。

(あさゆうには、まだきびしいさむさがのこっております。)

朝夕には、まだ厳しい寒さが残っております。

(はやざきのうめもほころびはじめました。)

早咲きの梅もほころび始めました。

(うめのつぼみもふくらみかけるころとなりました。)

梅のつぼみも膨らみかけるころとなりました。

(うめのいちりんにもあたたかさをかんじるころとなりました。)

梅の一輪にも暖かさを感じるころとなりました。

(うぐいすのはつねをみみにするようになりました。)

鶯の初音を耳にするようになりました。

(とおやまのしらゆきもいつのまにかきえてまいりました。)

遠山の白雪もいつの間にか消えてまいりました。

(ひざしもようやくやわらぐころとなりました。)

陽射しもようやく和らぐころとなりました。

(どことなくはるのきざしをかんじるひをむかえました。)

どことなく春の兆しを感じる日を迎えました。

など

(はるのおとずれをおもわせるころとなりました。)

春の訪れを思わせるころとなりました。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

陸鹿のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード