ただ一度とないあの夏へ

投稿者べるびプレイ回数66
楽曲情報 ただ一度とないあの夏へ  椎乃 味醂  作詞椎乃 味醂  作曲椎乃 味醂
難易度(2.3) 1145打 歌詞 かな 長文モード可タグボカロ
今はもう、君の声と顔すら思い出せないんだ。
椎乃味醂さんの「ただ一度とないあの夏へ」です。
作詞・作曲:椎乃味醂
※このタイピングは「ただ一度とないあの夏へ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(きみはおぼえているのだろうか)

君は覚えているのだろうか、

(したたるやまにやくるあおのそら)

滴る山に灼くる青の空、

(あのおもたそうにおおきなくもを)

あの重たそうに大きな雲を、

(ふたりでつかみにいこうって)

二人で掴みに行こうって、

(きみはわらっててをとって)

君は笑って手を取って、

(もじいっぱいのもぞうしをもって)

文字いっぱいの模造紙を持って。

(じゆうけんきゅうのじゆうのぶぶんは)

自由研究の「自由」の部分は、

(きみのためにあるみたいだった)

君のためにあるみたいだった。

(あのやまをこえて)

あの山を越えて、

(あおしぐれをみるのは)

青時雨を見るのは、

(いつもきみがいっとうしょう)

いつも君が一等賞。

(そのせをおって)

その背を追って、

(わたしもせみしぐれにとびこんだ)

私も蝉時雨に飛び込んだ。

(くものむこうそうでんせん)

雲の向こう、送電線、

(かぎりなくあおあおいじょうけい)

限りなく青、青い情景。

(かげろうにかすむはいせんのうえを)

陽炎に霞む廃線の上を、

(ふとよこぎるすずかぜのにおい)

ふと横切る涼風の匂い。

(ここをぼくらのさひみつきちにしよう)

「ここを僕らのさ、秘密基地にしよう」

(そういっておもいでをつめこんだ)

そう言って思い出を詰め込んだ、

(はずなのにいまはもう)

はずなのに、今はもう、

(きみのこえとかおすらおもいだせないんだ)

君の声と顔すら思い出せないんだ。

(きみのかげがきえたあのひから)

君の影が消えたあの日から、

(うっとうしくやくるあおのそらも)

鬱陶しく灼くる青の空も、

(あのおもたそうにおおきなくもも)

あの重たそうに大きな雲も、

(ぜんぶぜんぶきらいだ)

全部、全部嫌いだ。

(ああ)

嗚呼。

(じかんだけがかさなって)

時間だけが重なって、

(わたしをおもいでからおしだして)

私を思い出から押し出して。

(あとにのこったいしきのぶぶんは)

後に残った「意識」の部分は、

(ふかいかなしみのるいせきだ)

深い悲しみの累積だ。

(あのやまをこえてこのばしょにくるのも)

あの山を越えて、この場所に来るのも、

(もうなんどめなのだろうか)

もう何度目なのだろうか。

(そのたびにきおくが)

その度に記憶が、

(うすれていくことをしるせいかつだ)

薄れていくことを知る生活だ。

(あのやまをこえて)

あの山を越えて、

(あおしぐれをみるのは)

青時雨を見るのは、

(いつもきみがいっとうしょう)

いつも君が一等賞。

(そのせはもうないが)

その背はもうないが、

(もういちどおもいださせてくれ)

もう一度思い出させてくれ!

(くものむこうそうでんせん)

雲の向こう、送電線、

(かぎりなくあおあおいじょうけい)

限りなく青、青い情景。

(かげろうにかすむはいせんのうえを)

陽炎に霞む廃線の上を、

(ふとよこぎるすずかぜのにおい)

ふと横切る涼風の匂い。

(ここをぼくらのさひみつきちにしよう)

「ここを僕らのさ、秘密基地にしよう」

(そういったあのひのやくそくをもういちど)

そう言ったあの日の約束を、もう一度、

(もういちど)

もう一度、

(このばしょできみとわすれないようにこのさ)

この場所で君と忘れない様に、このさ、

(はちがつぼうじつのとくべつなひにきみとむすばせて)

8月某日の特別な日にきみと結ばせて!

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!