真昼の月   いきものがかり

スポンサーリンク
投稿者織己 プレイ回数316 順位9863位
楽曲情報 真昼の月  いきものがかり  作詞山下 穂尊  作曲山下 穂尊
いきものがかりの曲です。 好きなので作りました。
古語の部分は現代読みにしてあります。 

恋ふ→こう

※このタイピングは「真昼の月」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

糸     中島みゆき

糸 中島みゆき

中島みゆき  色んな人がカバーしています

プレイ回数225718
歌詞かな521打
ブルーバード

ブルーバード

いきものがかり

プレイ回数9189
歌詞かな776打
ありがとう/いきものがかり

ありがとう/いきものがかり

「ゲゲゲの女房」の主題歌にもなった「ありがとう」です。

プレイ回数10788
歌詞かな1115打
木蓮の涙    スターダスト・レビュー

木蓮の涙    スターダスト・レビュー

スターダスト・レビューの名曲です。 悲しくなりますが。

プレイ回数1937
歌詞かな698打
夏空グラフィティ

夏空グラフィティ

いきものがかりさんの「夏空グラフィティ」です☆

プレイ回数299
歌詞1039打
キラリ

キラリ

いきものがかり

プレイ回数461
歌詞1069打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(まひるのつきのひかりをあびても)

真昼の月の光を浴びても

(ことのはのごとくきえてくまぼろし)

言の葉の如く消えてく幻

(つたうなみだはこよいもきれいで)

伝う涙は今宵も綺麗で

(とめどなくあふれてはきえるしらべ)

とめどなく溢れては消える調べ

(おもいはせてこがるひときみぞそれをねがえどまちびと)

想い馳せて焦がる人 君ぞそれを願えど待ち人

(めぐるしきのなかだれをこうてひとりゆうなぎにゆびをはわす)

巡る四季の中誰を恋ふて 一人夕凪に指を這わす

(たそがれのかぜふきやまぬようまぶたのうらがわにいのりをして)

黄昏の風吹き止まぬよう 瞼の裏側に祈りをして

(いちまつのゆめにみをゆだねしらじらひかる)

一抹の夢に身を委ね 白々光る

(まひるのつきのひかりをあびても)

真昼の月の光を浴びても

(ことのはのごとくきえてくまぼろし)

言の葉の如く消えてく幻

(つたうなみだはこよいもきれいで)

伝う涙は今宵も綺麗で

(とめどなくあふれてはきえるしらべ)

とめどなく溢れては消える調べ

(もゆるはなのひらにとてやがてそれもくちはてるさだめ)

燃ゆる花のひらにとて やがてそれも朽ち果てる定め

(かすむきみのてよいつぞきえてかくもむなしげにまたときをはむ)

霞む君の手よいつぞ消えて かくも虚しげにまた時を食む

(あまたのひかりいろあせぬようたゆたうほしぼしをはたみあげて)

数多の光色あせぬよう 揺蕩う星々をはた見上げて

(えいえんのゆめをむねにとじしずかにうかぶ)

永遠の夢を胸に綴じ 静かに浮かぶ

(たぎるいのちのきしべをわたれど)

滾る生命の岸辺を渡れど

(きみにたどりつかずしてはめざめる)

君に辿り着かずしては眼醒める

(はなつねがいはこよいもきれいで)

放つ願いは今宵も綺麗で

(とどかずともあふれるあわきしらべ)

届かずとも溢れる淡き調べ

(まひるのつきのひかりをあびても)

真昼の月の光を浴びても

(ことのはのごとくきえてくまぼろし)

言の葉の如く消えてく幻

(つたうなみだはこよいもきれいで)

伝う涙は今宵も綺麗で

(とめどなくあふれてはきえるしらべ)

とめどなく溢れては消える調べ

(とめどなくあふれてはきえるしらべ)

とめどなく溢れては消える調べ

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

織己のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971