夢魅鳥

投稿者ランスプレイ回数000
楽曲情報 夢魅鳥  作詞azuma  作曲azuma
難易度(2.9) 857打 歌詞 かな 長文モード可タグボカロ 歌詞 VOCALOID 結月ゆかり
「夢魅鳥」 歌:結月ゆかり
※このタイピングは「夢魅鳥」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あるきつかれたとかかえりたくないとか)

歩き疲れたとか 帰りたくないとか

(かがみのまえでしぶって)

鏡の前で渋って

(あしたやればいいやきょうはねむいからと)

明日やればいいや 今日は眠いからと

(このあとのじぶんにたよって)

この後の自分に頼って

(きたいされたすがたばかりだれかにかさねてわすれ)

期待された姿ばかり誰かに重ねて忘れ

(ゆめをみていたあのころはだれかにあこがれていられた)

夢を見ていたあの頃は 誰かに憧れていられた

(げんじつなんてしらなければだれでもとおくまでとべるから)

現実なんて知らなければ 誰でも遠くまで飛べるから

(ゆめのなかでは)

夢の中では

(あるくことのいみをかえることのいみを)

歩くことの意味を 帰ることの意味を

(かんがえないようにして)

考えないようにして

(きのうやりのこしたきょうはもうこなくて)

昨日やり残した今日はもう来なくて

(だからいつもあきらめる)

だからいつも諦める

(りそうてきなかたちだけをだれかにもとめていたんだ)

理想的な “カタチ” だけを誰かに求めていたんだ

(つよがってもつよがっても)

強がっても 強がっても

(なにもできなくて)

なにもできなくて

(たたかってもたたかっても)

戦っても 戦っても

(どこにもにげられない)

どこにも逃げられない

(それでもたちどまらないよ)

それでも立ち止まらないよ

(とべなくてもきぼうにたどりつける)

飛べなくても希望にたどりつける

(あこがれることわすれないめざしたばしょはゆめみどり)

憧れること忘れない 目指した場所は夢見鳥

(げんじつなんてのりこえるほんとうのすがたをみせるから)

現実なんて乗り越える 本当の姿を魅せるから

(ゆめをみていたあのころはだれかにあこがれていられた)

夢を見ていたあの頃は 誰かに憧れていられた

(げんじつなんてしらなければだれでもとおくまでとべるから)

現実なんて知らなければ 誰でも遠くまで飛べるから

(ゆめをみつづけたあのとりはだれかにあこがれていたんだ)

夢を見続けたあの鳥は 誰かに憧れていたんだ

(げんじつなんておいつけないはやさでこうどでとんでいけ)

現実なんて追いつけない 速さで 高度で 飛んで行け

(ゆめのそとでも)

夢の外でも

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。