我が良き友よ =かまやつひろし

投稿者どっこいしょプレイ回数812  お気に入り1
楽曲情報 我が良き友よ  かまやつ ひろし  作詞吉田 拓郎  作曲吉田 拓郎
難易度(2.3) 1033打 歌詞 かな 長文モード可タグフォーク 吉田拓郎 シンガーソングライター
かまやつひろしさんの最大のヒット曲です。1975年にリリース。
吉田拓郎さんから作品の提供を受けました。
※このタイピングは「我が良き友よ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 タイピングガー 4600 C++ 4.7 97.2% 216.7 1026 29 43 2020/06/16
2 sakura 3100 E++ 3.3 93.5% 310.9 1035 71 43 2020/08/23
3 シロ 2887 E+ 3.2 90.8% 321.7 1033 104 43 2020/08/07

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(げたをならしてやつがくる)

下駄を鳴らして 奴が来る

(こしにてぬぐいぶらさげて)

腰に手ぬぐい ぶらさげて

(がくせいふくにしみこんだ)

学生服に しみ込んだ

(おとこのにおいがやってくる)

男の臭いが やってくる

(ああゆめよよきともよ)

ああ 夢よ 良き友よ

(おまえいまごろどのそらのしたで)

おまえ今頃 どの空の下で

(おれとおんなじあのほしみつめてなにおもう)

俺とおんなじ あの星見つめて何想う

(かわいいあのこにこえかけられて)

可愛いあの娘(こ)に 声かけられて

(ほほをそめてたうぶなやつ)

頬を染めてたうぶな奴

(かたりあかせばげしゅくやの)

語り明かせば 下宿屋の

(おばさんさけもってやってくる)

おばさん酒持ってやってくる

(ああこいよよきともよ)

ああ 恋よ 良き友よ

(おれはいまでもこのまちにすんで)

俺は今でも この町に住んで

(にょうぼうこどもにてをやきながらもいきている)

女房子供に 手を焼きながらも生きている

(おとこらしさとひとがいう)

男らしさと 人が言う

(おまえのかおがめにうかぶ)

お前の顔が 目に浮かぶ

(ちからずくだといいながら)

力ずくだと 言いながら

(じょろうやがよいをじまんする)

女郎屋がよいを 自慢する

(ああゆめよよきともよ)

ああ 夢よ 良き友よ

(ときのながれをうらむじゃないぞ)

時の流れを 恨むじゃないぞ

(おとこらしいはやさしいことだといってくれ)

男らしいは やさしいことだと言ってくれ

(かていきょうしのがらじゃない)

家庭教師の ガラじゃない

(かねのためだといいながら)

金のためだと 言いながら

(こどもあいてにひとのみち)

子ども相手に 人の道

(じんせいなどをとくおとこ)

人生などを 説く男

(ああゆめよよきともよ)

ああ 夢よ 良き友よ

(たよりしたためさがしてみたけど)

便りしたため 探してみたけど

(しょちゅうみまいがかえってきたのはあきだった)

暑中見舞いが 返ってきたのは秋だった

(ふるきじだいとひとがいう)

古き時代と 人が言う

(いまもむかしとおれはいう)

今も昔と 俺は言う

(ばんからなどとくちばしる)

バンカラなどと口走る

(ふるきことばとくやみつつ)

古き言葉と悔やみつつ

(ああともとよきさけを)

ああ 友と 良き酒を

(ときをうれいてのみあかしたい)

時を憂いて 飲み明かしたい

(いまもむかしもこのさけつげばここちよし)

今も昔も この酒つげば 心地よし

(がくせいたちがとおりゆく)

学生たちが 通りゆく

(あいつほどではないにしろ)

あいつ程では ないにしろ

(まじめなのさといいたげに)

まじめなのさと 言いたげに

(かたでかぜきってとんでゆく)

肩で風切って 飛んでゆく

(ああともよよきやつよ)

ああ 友よ 良きやつよ

(いまのくらしにあきたらふたりで)

今の暮らしに 飽きたら二人で

(ゆめをかかえてたびでもしないか)

夢を抱えて 旅でもしないか

(あのころへ)

あの頃へ

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

フォークソング・懐・懐

どっこいしょのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971