楠山正雄「ジャックと豆の木」6/8

スポンサーリンク
投稿者邪王真眼 プレイ回数160 順位9068位
難易度(4.5) 1876打 長文 タグ長文 国語 小説
ひらがな多め 長いです

関連タイピング

米津玄師/Lemon

米津玄師/Lemon

米津玄師のLemonです

プレイ回数253550
歌詞かな1119打
五十音タイピング

五十音タイピング

五十音を打ち終わる時間で勝負!あなたは何秒!?

プレイ回数1639229
短文かな137打
タイピングが向上しない人のためのタイピング

タイピングが向上しない人のためのタイピング

タイピングをいくら練習しても上手にならないスランプな人へ

プレイ回数258336
長文826打
長文タイピングならコレ!

長文タイピングならコレ!

長文を鍛えたい人にはうってつけのタイピングです

プレイ回数7113
1067打
第113回 日本語ワープロ検定試験 4級

第113回 日本語ワープロ検定試験 4級

時間無制限です

プレイ回数19943
長文989打
四文字熟語タイピング

四文字熟語タイピング

よく使われる四文字熟語をピックアップしてみました

プレイ回数117894
かな60秒

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(そこで、こんども、じゃっくは、そろりそろり、あかがねのはこからはいだして、)

そこで、こんども、ジャックは、そろりそろり、あかがねの箱からはいだして、

(きんとぎんのおたからのいっぱいつまったふくろを、りょうほうのうでに、しっかりかかえるが)

金と銀のおたからのいっぱいつまった袋を、両方の腕に、しっかりかかえるが

(はやいか、さっさとにげだしていきました。ところが、このふくろのばんにんに、)

はやいか、さっさとにげだして行きました。ところが、この袋の番人に、

(いっぴきのこいぬがつけてあったので、そいつが、とたんに、きゃんきゃん)

一ぴきの小犬がつけてあったので、そいつが、とたんに、きゃんきゃん

(ほえだしました。じゃっくは、こんどこそだめだとおもいました。それでも、)

吠えだしました。ジャックは、こんどこそだめだとおもいました。それでも、

(おおおとこは、とてもしんだようによくねいっていて、めをさましませんでした。)

大男は、とても死んだようによく寝入っていて、目をさましませんでした。

(じゃっくはむちゅうで、あとをもみずにどんどん、どんどん、かけていって、)

ジャックはむちゅうで、あとをもみずにどんどん、どんどん、かけて行って、

(とうとうまめのきのはしごにいきつきました。さて、にわとりとちがって、)

とうとう豆の木のはしごに行きつきました。さて、にわとりとちがって、

(こんどはおもたいきんとぎんのふくろをはこぶのに、ほねがおれました。それでも)

こんどはおもたい金と銀の袋をはこぶのに、ほねがおれました。それでも

(がまんして、うんすら、うんすら、ふつかがかりで、まめのきのはしごを、)

がまんして、うんすら、うんすら、ふつかがかりで、豆の木のはしごを、

(じゃっくはおりました。やっとこさ、うちまでたどりつくと、おかあさんは、)

ジャックはおりました。やっとこさ、うちまでたどりつくと、おかあさんは、

(じゃっくがいなくなったので、すっかり、がっかりして、ひどいびょうにんになって、)

ジャックがいなくなったので、すっかり、がっかりして、ひどい病人になって、

(とをしめてねていました。それでも、ぶじなじゃっくのかおをみると、まるで)

戸をしめてねていました。それでも、ぶじなジャックの顔をみると、まるで

(しんだひとがいきかえったようになって、それからずんずんよくなって、)

死んだ人が生きかえったようになって、それからずんずんよくなって、

(やがて、しゃんしゃんあるきだしました。そのうえ、おかねがたくさんできたと)

やがて、しゃんしゃんあるきだしました。その上、お金がたくさんできたと

(きいて、よけいげんきになりました。こうして、またしばらくのあいだ、)

きいて、よけいげんきになりました。こうして、またしばらくの間、

(じゃっくは、うちで、おとなしくしていました。するうち、だんだん、)

ジャックは、うちで、おとなしくしていました。するうち、だんだん、

(からだじゅう、むずむずしてきました。もうまたてんじょうしたくなって、)

からだじゅう、むずむずして来ました。もうまた天上したくなって、

(まいにち、まめのきのはしごばかりながめていました。するとそれが)

まいにち、豆の木のはしごばかりながめていました。するとそれが

(きになって、きになって、きがふさいできました。そこで、じゃっくは、)

気になって、気になって、気がふさいで来ました。そこで、ジャックは、

など

(あるひまた、そっとまめのきのはしごをつたわってのぼりました。こんども)

ある日また、そっと豆の木のはしごをつたわってのぼりました。こんども

(かおからすがたから、すっかりほかのこどもになっていきましたから、)

顔から姿から、すっかりほかのこどもになって行きましたから、

(おにのおかみさんは、まただまされて、なかにいれました。そして、おおおとこがかえると、)

鬼のお上さんは、まただまされて、中に入れました。そして、大男がかえると、

(あわてて、おかまのなかにかくしてくれました。おにのおおおとこは、へやのなかじゅう)

あわてて、お釜のなかにかくしてくれました。鬼の大男は、へやの中じゅう

(かぎまわって、ふん、ふん、ひとくさいぞといいました。そして、こんどは、)

かぎまわって、ふん、ふん、人くさいぞといいました。そして、こんどは、

(なんでもさがしだしてやるといって、へやのなかのものを、ひとつひとつ)

なんでもさがしだしてやるといって、へやの中のものを、ひとつひとつ

(みてまわりました。そしてさいごに、じゃっくのかくれているおかまのふたに)

みてまわりました。そしてさいごに、ジャックのかくれているお釜のふたに

(てをかけました。じゃっくは、ああ、こんどこそだめだとおもって、)

手をかけました。ジャックは、ああ、こんどこそだめだとおもって、

(ふるえていますと、それこそようじょがまもっていてくれるのでしょうか、)

ふるえていますと、それこそ妖女がまもっていてくれるのでしょうか、

(おおおとこは、ふときがかわって、それなりろばたにすわりこんで、)

大男は、ふと気がかわって、それなりろばたにすわりこんで、

(「まあいいや。はらがすいた。ばんめしにしようよ。」といいました。)

「まあいいや。はらがすいた。晩飯にしようよ。」といいました。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

邪王真眼のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード