夏目漱石「夢十夜 第六夜」

投稿者邪王真眼プレイ回数0000お気に入り1
難易度(4.3) 3284打 長文タグ長文 小説 国語 文学
夏目漱石の短編集 長いです
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 稲穂 4885 B 4.9 98.9% 665.0 3285 36 67 2020/10/07
2 cyonn 3011 E++ 3.2 92.6% 997.9 3263 258 67 2020/10/22

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(だいろくや)

第六夜

(うんけいがごこくじのさんもんでにおうをきざんでいるというひょうばんだから、)

運慶が護国寺の山門で仁王を刻んでいるという評判だから、

(さんぽながらいってみると、じぶんよりさきにもうおおぜいあつまって、)

散歩ながら行って見ると、自分より先にもう大勢集まって、

(しきりにげばひょうをやっていた。)

しきりに下馬評をやっていた。

(さんもんのまえごろくけんのところには、おおきなあかまつがあって、)

山門の前五六間の所には、大きな赤松があって、

(そのみきがななめにさんもんのいらかをかくして、とおいあおぞらまでのびている。)

その幹が斜めに山門の甍(いらか)を隠して、遠い青空まで伸びている。

(まつのみどりとしゅぬりのもんがたがいにうつりあってみごとにみえる。)

松の緑と朱塗の門が互いに照(うつ)り合ってみごとに見える。

(そのうえまつのいちがいい。もんのひだりのはしをめざわりにならないように、)

その上松の位地が好い。門の左の端を眼障りにならないように、

(はすにきっていって、うえになるほどはばをひろくやねまで)

斜(はす)に切って行って、上になるほど幅を広く屋根まで

(つきだしているのがなんとなくこふうである。かまくらじだいともおもわれる。)

突出しているのがなんとなく古風である。鎌倉時代とも思われる。

(ところがみているものは、みんなじぶんとおなじく、めいじのにんげんである。)

ところが見ているものは、みんな自分と同じく、明治の人間である。

(そのなかでもしゃふがいちばんおおい。)

その中でも車夫が一番多い。

(つじまちをしてたいくつだからたっているにそういない。)

辻待(つじまち)をして退屈だから立っているに相違ない。

(「おおきなもんだなあ」といっている。)

「大きなもんだなあ」と云っている。

(「にんげんをこしらえるよりもよっぽどほねがおれるだろう」ともいっている。)

「人間を拵(こしら)えるよりもよっぽど骨が折れるだろう」とも云っている。

(そうかとおもうと、「へえにおうだね。いまでもにおうをほるのかね。)

そうかと思うと、「へえ仁王だね。今でも仁王を彫るのかね。

(へえそうかね。わっしゃまたにおうはみんなふるいのばかりかとおもってた」)

へえそうかね。私(わっし)ゃまた仁王はみんな古いのばかりかと思ってた」

(といったおとこがある。)

と云った男がある。

(「どうもつよそうですね。なんだってえますぜ。)

「どうも強そうですね。なんだってえますぜ。

(むかしからだれがつよいって、におうほどつよいひとあないっていいますぜ。)

昔から誰が強いって、仁王ほど強い人あ無いって云いますぜ。

など

(なんでもやまとだけのみことよりもつよいんだってえからね」)

何でも日本武尊(やまとだけのみこと)よりも強いんだってえからね」

(とはなしかけたおとこもある。このおとこはしりをはしょって、ぼうしをかぶらずにいた。)

と話しかけた男もある。この男は尻を端折って、帽子を被らずにいた。

(よほどむきょういくなおとことみえる。)

よほど無教育な男と見える。

(うんけいはあたまにちいさいえぼしのようなものをのせて、)

運慶は頭に小さい烏帽子のようなものを乗せて、

(すおうだかなんだかわからないおおきなそでをせなかでくくっている。)

素袍(すおう)だか何だかわからない大きな袖を背中で括っている。

(そのようすがいかにもふるくさい。)

その様子がいかにも古くさい。

(わいわいいってるけんぶつにんとはまるでつりあいがとれないようである。)

わいわい云ってる見物人とはまるで釣り合が取れないようである。

(じぶんはどうしていまじぶんまでうんけいがいきているのかなとおもった。)

自分はどうして今時分まで運慶が生きているのかなと思った。

(どうもふしぎなことがあるものだとかんがえながら、やはりたってみていた。)

どうも不思議な事があるものだと考えながら、やはり立って見ていた。

(しかしうんけいのほうではふしぎともきたいともとんとかんじえないようすで)

しかし運慶の方では不思議とも奇体ともとんと感じ得ない様子で

(いっしょうけんめいにほっている。)

一生懸命に彫っている。

(あおむいてこのたいどをながめていたひとりのわかいおとこが、じぶんのほうをふりむいて、)

仰向いてこの態度を眺めていた一人の若い男が、自分の方を振り向いて、

(「さすがはうんけいだな。がんちゅうにわれわれなしだ。)

「さすがは運慶だな。眼中に我々なしだ。

(てんかのえいゆうはただにおうとわれとあるのみというたいどだ。あっぱれだ」)

天下の英雄はただ仁王と我れとあるのみと云う態度だ。天晴れだ」

(といってほめだした。)

と云って賞(ほ)め出した。

(じぶんはこのことばをおもしろいとおもった。)

自分はこの言葉を面白いと思った。

(それでちょっとわかいおとこのほうをみると、わかいおとこは、すかさず、)

それでちょっと若い男の方を見ると、若い男は、すかさず、

(「あののみとつちのつかいかたをみたまえ。)

「あの鑿(のみ)と槌の使い方を見たまえ。

(だいじざいのみょうきょうにたっしている」といった。)

大自在の妙境に達している」と云った。

(うんけいはいまふといまゆをいっすんのたかさによこへほりぬいて、)

運慶は今太い眉を一寸の高さに横へ彫り抜いて、

(のみのはをたてにかえすやいなやはすに、うえからつちをうちおろした。)

鑿の歯を竪(たて)に返すや否や斜すに、上から槌を打ち下ろした。

(かたいきをひときざみにけずって、あついきくずがつちのこえにおうじてとんだとおもったら、)

堅い木をひと刻みに削って、厚い木屑が槌の声に応じて飛んだと思ったら、

(こばなのおっぴらいたいかりばなのそくめんがたちまちうきあがってきた。)

小鼻のおっ開いた怒り鼻の側面がたちまち浮き上がって来た。

(そのとうのいれかたがいかにもぶえんりょであった。)

その刀(とう)の入れ方がいかにも無遠慮であった。

(そうしてすこしもぎねんをさしはさんでおらんようにみえた。)

そうして少しも疑念を挟(さしはさ)んでおらんように見えた。

(「よくあのむぞうさにのみをつかっておもうようなまみえやはなができるものだな」)

「よくあの無造作に鑿を使って思うような眉(まみえ)や鼻ができるものだな」

(とじぶんはあんまりかんしんしたからひとりごとのようにいった。)

と自分はあんまり感心したから独言のように言った。

(するとさっきのわかいおとこが、)

するとさっきの若い男が、

(「なに、あれはまゆやはなをのみでつくるんじゃない。)

「なに、あれは眉や鼻を鑿で作るんじゃない。

(あのとおりのまゆやはながきのなかにうまっているのを、のみとつちのちからでほりだすまでだ。)

あの通りの眉や鼻が木の中に埋っているのを、鑿と槌の力で掘り出すまでだ。

(まるでつちのなかからいしをほりだすようなものだからけっしてまちがうはずはない」)

まるで土の中から石を掘り出すようなものだからけっして間違うはずはない」

(といった。)

と云った。

(じぶんはこのときはじめてちょうこくとはそんなものかとおもいだした。)

自分はこの時始めて彫刻とはそんなものかと思い出した。

(はたしてそうならだれにでもできることだとおもいだした。)

はたしてそうなら誰にでもできる事だと思い出した。

(それできゅうにじぶんもにおうがほってみたくなったから)

それで急に自分も仁王が彫ってみたくなったから

(けんぶつをやめてさっそくいえへかえった。)

見物をやめてさっそく家へ帰った。

(どうぐばこからのみとかなづちをもちだして、うらへでてみると、)

道具箱から鑿と金槌を持ち出して、裏へ出て見ると、

(せんだってのあらしでたおれたかしを、まきにするつもりで、)

せんだっての暴風(あらし)で倒れた樫を、薪にするつもりで、

(こびきにひかせたてごろなやつが、たくさんつんであった。)

木挽(こびき)に挽かせた手頃な奴が、たくさん積んであった。

(じぶんはいちばんおおきいのをえらんで、いきおいよくほりはじめてみたが、)

自分は一番大きいのを選んで、勢いよく彫り始めてみたが、

(ふこうにして、におうはみあたらなかった。)

不幸にして、仁王は見当らなかった。

(そのつぎのにもうんわるくほりあてることができなかった。)

その次のにも運悪く掘り当てることができなかった。

(さんばんめのにもにおうはいなかった。)

三番目のにも仁王はいなかった。

(じぶんはつんであるまきをかたっぱしからほってみたが、)

自分は積んである薪を片っ端から彫ってみたが、

(どれもこれもにおうをかくしているのはなかった。)

どれもこれも仁王を蔵(かく)しているのはなかった。

(ついにめいじのきにはとうていにおうはうまっていないものだとさとった。)

ついに明治の木にはとうてい仁王は埋っていないものだと悟った。

(それでうんけいがきょうまでいきているりゆうもほぼわかった。)

それで運慶が今日まで生きている理由もほぼ解った。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

邪王真眼のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード