夏目漱石「夢十夜 第四夜」

投稿者邪王真眼プレイ回数0000お気に入り1
難易度(4.5) 3236打 長文タグ長文 小説 文学 国語
夏目漱石の短編集 長いです
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 nao 7233 7.5 96.5% 429.4 3222 116 62 2020/10/11
2 ゆず彦 4871 B 5.2 93.8% 618.7 3226 212 62 2020/12/02

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(だいよんや)

第四夜

(ひろいどまのまんなかにすずみだいのようなものをすえて、)

広い土間の真中に涼み台のようなものを据えて、

(そのまわりにちいさいしょうぎがならべてある。)

その周囲(まわり)に小さい床几(しょうぎ)が並べてある。

(だいはくろびかりにひかっている。かたすみにはしかくなぜんをまえにおいて)

台は黒光りに光っている。片隅には四角な膳を前に置いて

(じいさんがひとりでさけをのんでいる。さかなはにしめらしい。)

爺さんが一人で酒を飲んでいる。肴は煮しめらしい。

(じいさんはさけのかげんでなかなかあかくなっている。)

爺さんは酒の加減でなかなか赤くなっている。

(そのうえかおじゅうつやつやしてしわというほどのものはどこにもみあたらない。)

その上顔中つやつやして皺と云うほどのものはどこにも見当らない。

(ただしろいひげをありたけはやしているからとしよりということだけはわかる。)

ただ白い髯をありたけ生やしているから年寄と云う事だけはわかる。

(じぶんはこどもながら、このじいさんのとしはいくつなんだろうとおもった。)

自分は子供ながら、この爺さんの年はいくつなんだろうと思った。

(ところへうらのかけひからておけにみずをくんできたかみさんが、)

ところへ裏の筧(かけひ)から手桶に水を汲んで来た神さんが、

(まえだれでてをふきながら、「おじいさんはいくつかね」ときいた。)

前垂で手を拭きながら、「御爺さんはいくつかね」と聞いた。

(じいさんはほおばったにしめをのみこんで、「いくつかわすれたよ」とすましていた。)

爺さんは頬張った煮〆を飲み込んで、「いくつか忘れたよ」と澄ましていた。

(かみさんはふいたてを、ほそいおびのあいだにはさんでよこからじいさんのかおをみてたっていた。)

神さんは拭いた手を、細い帯の間に挟んで横から爺さんの顔を見て立っていた。

(じいさんはちゃわんのようなおおきなものでさけをぐいとのんで、)

爺さんは茶碗のような大きなもので酒をぐいと飲んで、

(そうして、ふうとながいいきをしろいひげのあいだからふきだした。)

そうして、ふうと長い息を白い髯の間から吹き出した。

(するとかみさんが、「おじいさんのいえはどこかね」ときいた。)

すると神さんが、「御爺さんの家はどこかね」と聞いた。

(じいさんはながいいきをとちゅうできって、「へそのおくだよ」といった。)

爺さんは長い息を途中で切って、「臍の奥だよ」と云った。

(かみさんはてをほそいおびのあいだにつっこんだまま、「どこへいくかね」とまたきいた。)

神さんは手を細い帯の間に突込んだまま、「どこへ行くかね」とまた聞いた。

(するとじいさんが、またちゃわんのようなおおきなものであついさけをぐいとのんで)

すると爺さんが、また茶碗のような大きなもので熱い酒をぐいと飲んで

(まえのようないきをふうとふいて、「あっちへいくよ」といった。)

前のような息をふうと吹いて、「あっちへ行くよ」と云った。

など

(「まっすぐかい」とかみさんがきいたとき、ふうとふいたいきが、)

「真直(まっすぐ)かい」と神さんが聞いた時、ふうと吹いた息が、

(しょうじをとおりこしてやなぎのしたをぬけて、かわらのほうへまっすぐにいった。)

障子を通り越して柳の下を抜けて、河原の方へ真直に行った。

(じいさんがおもてへでた。じぶんもあとからでた。)

爺さんが表へ出た。自分も後から出た。

(じいさんのこしにちいさいひょうたんがぶらさがっている。)

爺さんの腰に小さい瓢箪がぶら下がっている。

(かたからしかくなはこをわきのしたへつるしている。)

肩から四角な箱を腋の下へ釣るしている。

(あさぎのももひきをはいて、あさぎのそでなしをきている。)

浅黄(あさぎ)の股引を穿いて、浅黄の袖無しを着ている。

(たびだけがきいろい。なんだかかわでつくったたびのようにみえた。)

足袋だけが黄色い。何だか皮で作った足袋のように見えた。

(じいさんがまっすぐにやなぎのしたまできた。やなぎのしたにこどもがさんよにんいた。)

爺さんが真直に柳の下まで来た。柳の下に子供が三四人いた。

(じいさんはわらいながらこしからあさぎのてぬぐいをだした。)

爺さんは笑いながら腰から浅黄の手拭を出した。

(それをかんじんよりのようにほそながくよった。)

それを肝心綯(よ)りのように細長く綯った。

(そうしてじびたのまんなかにおいた。)

そうして地面(じびた)の真中に置いた。

(それからてぬぐいのまわりに、おおきなまるいわをかいた。)

それから手拭の周囲(まわり)に、大きな丸い輪を書いた。

(しまいにかたにかけたはこのなかからしんちゅうでこしらえたあめやのふえをだした。)

しまいに肩にかけた箱の中から真鍮で製(こし)らえた飴屋の笛を出した。

(「いまにそのてぬぐいがへびになるから、みておろう。みておろう」)

「今にその手拭が蛇になるから、見ておろう。見ておろう」

(とくりかえしていった。こどもはいっしょうけんめいにてぬぐいをみていた。じぶんもみていた。)

と繰り返して云った。子供は一生懸命に手拭を見ていた。自分も見ていた。

(「みておろう、みておろう、いいか」といいながらじいさんがふえをふいて、)

「見ておろう、見ておろう、好いか」と云いながら爺さんが笛を吹いて、

(わのうえをぐるぐるまわりだした。じぶんはてぬぐいばかりみていた。)

輪の上をぐるぐる廻り出した。自分は手拭ばかり見ていた。

(けれどもてぬぐいはいっこうにうごかなかった。)

けれども手拭はいっこうに動かなかった。

(じいさんはふえをぴいぴいふいた。そうしてわのうえをなんべんもまわった。)

爺さんは笛をぴいぴい吹いた。そうして輪の上を何遍も廻った。

(わらじをつまだてるように、ぬきあしをするように、)

草鞋(わらじ)を爪立てるように、抜足をするように、

(てぬぐいにえんりょをするように、まわった。こわそうにもみえた。おもしろそうにもあった。)

手拭に遠慮をするように、廻った。怖そうにも見えた。面白そうにもあった。

(やがてじいさんはふえをぴたりとやめた。)

やがて爺さんは笛をぴたりとやめた。

(そうして、かたにかけたはこのくちをあけて、)

そうして、肩に掛けた箱の口を開けて、

(てぬぐいのくびを、ちょいとつまんで、ぽっとほうりこんだ。)

手拭の首を、ちょいと撮(つま)んで、ぽっと放り込んだ。

(「こうしておくと、はこのなかでへびになる。いまにみせてやる。いまにみせてやる」)

「こうしておくと、箱の中で蛇になる。今に見せてやる。今に見せてやる」

(といいながら、じいさんがまっすぐにあるきだした。)

と云いながら、爺さんが真直に歩き出した。

(やなぎのしたをぬけて、ほそいみちをまっすぐにおりていった。)

柳の下を抜けて、細い路を真直に下りて行った。

(じぶんはへびがみたいから、ほそいみちをどこまでもついていった。)

自分は蛇が見たいから、細い路をどこまでも追(つ)いて行った。

(じいさんはときどき「いまになる」といったり、)

爺さんは時々「今になる」と云ったり、

(「へびになる」といったりしてあるいていく。しまいには、)

「蛇になる」と云ったりして歩いて行く。しまいには、

(「いまになる、へびになる、きっとなる、ふえがなる、」)

「今になる、蛇になる、きっとなる、笛がなる、」

(とうたいながら、とうとうかわのきしへでた。)

と唄いながら、とうとう河の岸へ出た。

(はしもふねもないから、ここでやすんではこのなかのへびをみせるだろうとおもっていると、)

橋も船もないから、ここで休んで箱の中の蛇を見せるだろうと思っていると、

(じいさんはざぶざぶかわのなかへはいりだした。)

爺さんはざぶざぶ河の中へ這入り出した。

(はじめはひざくらいのふかさであったが、だんだんこしから、)

始めは膝くらいの深さであったが、だんだん腰から、

(むねのほうまでみずにつかってみえなくなる。)

胸の方まで水に浸って見えなくなる。

(それでもじいさんは「ふかくなる、よるになる、まっすぐになる」)

それでも爺さんは「深くなる、夜になる、真直になる」

(とうたいながら、どこまでもまっすぐにあるいていった。)

と唄いながら、どこまでも真直に歩いていった。

(そうしてひげもかおもあたまもずきんもまるでみえなくなってしまった。)

そうして髯も顔も頭も頭巾もまるで見えなくなってしまった。

(じぶんはじいさんがむこうぎしへあがったときに、へびをみせるだろうとおもって、)

自分は爺さんが向岸へ上がった時に、蛇を見せるだろうと思って、

(あしのなるところにたって、たったひとりいつまでもまっていた。)

蘆(あし)の鳴る所に立って、たった一人いつまでも待っていた。

(けれどもじいさんは、とうとうあがってこなかった。)

けれども爺さんは、とうとう上がって来なかった。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

邪王真眼のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード