日本国憲法前文

スポンサーリンク
投稿者sugarstar プレイ回数400 順位11030位
難易度(4.2) 1532打 長文 かな タグ日本国憲法 日本国憲法前文
日本国憲法前文を歴史的仮名遣いで打てます。
日本国憲法前文を歴史的仮名遣いで打てます。
例 わたつて→watatute 思ふ→omohu
順位名前スコア称号打鍵/秒正誤率時間(秒)打鍵数ミス問題日付
1 pepe 4817 天の川銀河人 5.1 94.4% 298.3 1526 89 26 2019/10/18
2 こきち 2582 多細胞生物 2.8 91.0% 534.8 1532 151 26 2019/10/26

関連タイピング

日本国憲法前文

日本国憲法前文

日本国憲法前文のタイピングです。

プレイ回数18033
長文かな1524打
日本国憲法 第2章 戦争の放棄

日本国憲法 第2章 戦争の放棄

日本国憲法の第2章、戦争の放棄です。

プレイ回数1556
長文343打
日本国憲法 第1章 天皇

日本国憲法 第1章 天皇

日本国憲法の第1章、天皇のタイピングです。

プレイ回数1107
長文1620打
日本国憲法 第4章 国会②

日本国憲法 第4章 国会②

日本国憲法の第4章、国会②です。

プレイ回数499
長文2355打
日本国憲法 第11章 補則

日本国憲法 第11章 補則

日本国憲法の第11章、補則です。

プレイ回数328
長文979打
日本国憲法 第10章 最高法規

日本国憲法 第10章 最高法規

日本国憲法の第10章、最高法規です。

プレイ回数684
長文676打

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(にほんこくみんは、せいとうにせんきょされたこっかいにおけるだいひょうしゃをつうじてこうどうし、)

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、

(われらとわれらのしそんのために、しょこくみんとのきょうわによるせいかと、)

われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、

(わがくにぜんどにわたつてじゆうのもたらすけいたくをかくほし、)

わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、

(せいふのこういによつてふたたびせんそうのさんかがおこることのないやうにすることをけついし、)

政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、

(ここにしゅけんがこくみんにそんすることをせんげんし、このけんぽうをかくていする。)

ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

(そもそもこくせいは、こくみんのげんしゅくなしんたくによるものであつて、)

そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、

(そのけんいはこくみんにゆらいし、そのけんりょくはこくみんのだいひょうしゃがこれをこうしし、)

その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、

(そのふくりはこくみんがこれをきょうじゅする。)

その福利は国民がこれを享受する。

(これはじんるいふへんのげんりであり、このけんぽうは、かかるげんりにもとづくものである。)

これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。

(われらは、これにはんするいっさいのけんぽう、ほうれいおよびしょうちょくをはいじょする。)

われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

(にほんこくみんは、こうきゅうのへいわをねんがんし、)

日本国民は、恒久の平和を念願し、

(にんげんそうごのかんけいをしはいするすうこうなりそうをふかくじかくするのであつて、)

人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、

(へいわをあいするしょこくみんのこうせいとしんぎにしんらいして、)

平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、

(われらのあんぜんとせいぞんをほじしようとけついした。)

われらの安全と生存を保持しようと決意した。

(われらは、へいわをいじし、せんせいとれいじゅう、)

われらは、平和を維持し、専制と隷従、

(あっぱくとへんきょうをちじょうからえいえんにじょきょしようとつとめているこくさいしゃかいにおいて、)

圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、

(めいよあるちいをしめたいとおもふ。)

名誉ある地位を占めたいと思ふ。

(われらは、ぜんせかいのこくみんが、ひとしくきょうふとけつぼうからまぬかれ、)

われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、

(へいわのうちにせいぞんするけんりをゆうすることをかくにんする。)

平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

(われらは、いづれのこっかも、)

われらは、いづれの国家も、

など

(じこくのことのみにせんねんしてたこくをむししてはならないのであつて、)

自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、

(せいじどうとくのほうそくは、ふへんてきなものであり、)

政治道徳の法則は、普遍的なものであり、

(このほうそくにしたがふことは、じこくのしゅけんをいじし、)

この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、

(たこくとたいとうかんけいにたたうとするかっこくのせきむであるとしんずる。)

他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

(にほんこくみんは、こっかのめいよにかけ、)

日本国民は、国家の名誉にかけ、

(ぜんりょくをあげてこのすうこうなりそうともくてきをたっせいすることをちかふ。)

全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。