宮本浩次(エレファントカシマシ) その①

投稿者藤村 彩愛プレイ回数343
宮本浩次 エレファントカシマシ その①
宮本浩次について

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(みやもとひろじ(みやもとひろじ、1966ねん6がつ12にち)は、にっぽんのろっく)

宮本浩次(みやもとひろじ、1966年6月12日)は、日本のロック

(みゅーじしゃん、しんがーそんぐらいたー、もとどうようかしゅ。ろっくばんど・)

ミュージシャン、シンガーソングライター、元童謡歌手。ロックバンド・

(えれふぁんとかしましのぼーかりすとおよびぎたりすと、おんがくぷろでゅーさー。)

エレファントカシマシのボーカリストおよびギタリスト、音楽プロデューサー。

(とうきょうときたくあかばねしゅっしん。)

東京都北区赤羽出身。

(じんぶつぞう)

【人物像】

(nhkとうきょうじどうがっしょうだんにしょうがっこう3ねんせいから5ねんせいまでにゅうだん。せいがくしどうを)

NHK東京児童合唱団に小学校3年生から5年生まで入団。声楽指導を

(うけていた。そろをまかされるほどうたがうまく、ぼーい・そぷらののすたーてき)

受けていた。ソロを任されるほど歌が上手く、ボーイ・ソプラノのスター的

(そんざいであった。またうぃーんしょうねんがっしょうだんとのこうりゅうもあったという。)

存在であった。またウィーン少年合唱団との交流もあったと言う。

(せいいきはうらごえもふくめhihiaをこえるきょくもあり「かくせい(おまえにいった)」)

声域は裏声も含めhihiAを越える曲もあり「覚醒(オマエに言った)」

(「せいめいさんか」「へや」などがある。「しょこう」は、hihia#、さらに)

「生命賛歌」「部屋」などがある。「曙光」は、hihiA#、さらに

(「おとこはいく」「こーるあんどれすぽんす」はhihib、「ほしくずのなかの)

「男は行く」「コールアンドレスポンス」はhihiB、「星くずの中の

(じぱんぐ」はhihic#である。でびゅーとうじからてれびしゅつえんもらいぶでの)

ジパング」はhihiC#である。デビュー当時からテレビ出演もライブでの

(mcもほとんどなく、ざっしなどのいんたびゅーでもむくち・ぶあいそうをつらぬく)

MCもほとんどなく、雑誌などのインタビューでも無口・無愛想を貫く

(きゃらくたーであった。しかし1922ねんごろ、なんのまえぶれもなくらいぶでとつぜん)

キャラクターであった。しかし1922年頃、何の前触れもなくライブで突然

(ふれんどりーなmcをしはじめたときには、きゃくせきから「みやもとぉー、なにがあったのか)

フレンドリーなMCをし始めた時には、客席から「宮本ぉー、何があったのか

(いえ!」とのこえがとんだという。かみをかきあげてぐしゃぐしゃにするくせは)

言え!」との声が飛んだと言う。髪を掻き揚げてぐしゃぐしゃにする癖は

(おとこっぽいしぐさとしてこうこうせいのころからいしきしてするようになったとざっしの)

男っぽい仕草として高校生の頃から意識してする様になったと雑誌の

(いんたびゅーでかたっている。だいがくせいじ、れこーどしょっぷのあるばいとでは)

インタビューで語っている。大学生時、レコードショップのアルバイトでは

(「おきゃくさんがくるたびにかみをぐしゃぐしゃする」というりゆうで3にちで)

「お客さんが来る度に髪をぐしゃぐしゃする」という理由で3日で

(やめさせられた。そのほか、めきしこたいしかんのくさむしりやふなつきばのあるばいと)

辞めさせられた。その他、メキシコ大使館の草むしりや船着場のアルバイト

など

(などをけいけんしている。しゅっしんちであるあかばねがばんどたんじょうのちであるため、ばんどの)

などを経験している。出身地である赤羽がバンド誕生の地であるため、バンドの

(あいでんてぃてぃーとして、またふぁんのせいちとしてかたられることがおおい。)

アイデンティティーとして、またファンの聖地として語られることが多い。

(しかしほんにんは、とくにあかばねにたいしておもいいれはないとらじおでかたっている。)

しかし本人は、特に赤羽に対して思い入れは無いとラジオで語っている。

(そのはんめん、あこがれのぶんごうがすごしたとうきょうのちそのものにたいするきょうどあいにはそうとうな)

その反面、憧れの文豪が過ごした東京の地そのものに対する郷土愛には相当な

(ものがあり、かずかずのうたにおさめられている。えれふぁんとかしましのあるばむ)

ものがあり、数々の歌に納められている。エレファントカシマシのアルバム

(「うきよのゆめ」のじゃけっとはあかばねいちばんがいしょうてんがいで、ひっとしんぐる「こよいの)

『浮世の夢』のジャケットは赤羽一番街商店街で、ヒットシングル「今宵の

(つきのように」のぷろもーしょんびでおのいちぶはあかばねのあらかわどてでさつえい。また、)

月のように」のプロモーションビデオの一部は赤羽の荒川土手で撮影。また、

(「さくらのはな、まいあがるみちを」のぷろもーしょんびでおはあかばねだいだんちないにて)

「桜の花、舞い上がる道を」のプロモーションビデオは赤羽台団地内にて

(さつえいがおこなわれた。)

撮影が行われた。

(しゅみ・しこう)

【趣味・嗜好】

(おんがくようしょうきはべーとーヴぇんのくらしっくやさわだけんじなどのりゅうこうかや)

音楽 幼少期はベートーヴェンのクラシックや沢田研二などの流行歌や

(かようきょくをこのみ、とうじりゅうせいであったらじおのべすとてんばんぐみをねっしんにきいていた。)

歌謡曲を好み、当時隆盛であったラジオのベストテン番組を熱心に聴いていた。

(ちゅうがくにはいってからは、どうきゅうせいでのちにえれふぁんとかしましのどらむすをたんとうする)

中学に入ってからは、同級生で後にエレファントカシマシのドラムスを担当する

(とみながよしゆきのすすめもあり、でぃーぷぱーぷる、れいんぼー、どあーず、)

富永義之の薦めもあり、ディープパープル、レインボー、ドアーズ、

(れっどつぇっぺりん、ろーりんぐすとーんずなどにけいとうし、rcさくせしょんの)

レッドツェッペリン、ローリングストーンズなどに傾倒し、RCサクセションの

(「blue」はぜんきょくこぴーしたほどのあいちょうばんであった。あとに、すらい&ざ・)

『BLUE』は全曲コピーしたほどの愛聴盤であった。後に、スライ&ザ・

(ふぁみりーすとーんのようなふぁんくや、れっどほっとちりぺっぱーず、)

ファミリーストーンのようなファンクや、レッドホットチリペッパーズ、

(れでぃおへっど、れいじあげいんすとざましーん、ないんいんちねいるず)

レディオヘッド、レイジアゲインストザマシーン、ナインインチネイルズ

(といったおるたなてぃヴろっくにかんめいをうけたこともこうげんしている。)

といったオルタナティヴロックに感銘を受けたことも公言している。

(もっともすきなヴぉーかりすととしてどあーずのじむ・もりそんのなをあげている。)

最も好きなヴォーカリストとしてドアーズのジム・モリソンの名を挙げている。

(どくしょさんぽやいどうのさいにはいわなみぶんこ・こうだんしゃがくじゅつぶんこなどのぶんこぼんを)

読書 散歩や移動の際には岩波文庫・講談社学術文庫などの文庫本を

(けいたいしていることがおおい。さっかはもりおうがい・ながいかふう・だざいおさむ・なつめそうせき・)

携帯していることが多い。作家は森鴎外・永井荷風・太宰治・夏目漱石・

(たきざわばきん・げーて・にーちぇなど、こてんてきなめいさくぶんがくをけいちょうし、おうがいや)

滝沢馬琴・ゲーテ・ニーチェなど、古典的な名作文学を敬重し、鴎外や

(かふうといったいちぶのさっかはがっきょくのかしにもとうじょうする。なかはらちゅうやは「だいきらいなので)

荷風といった一部の作家は楽曲の歌詞にも登場する。中原中也は「大嫌いなので

(ぜったいによみません」とらじおばんぐみないでこうげんしている。またれきししょなども)

絶対に読みません」とラジオ番組内で公言している。また歴史書等も

(あいこうしている。)

愛好している。

(さんぽすきである。かこになつめそうせき「さんしろう」、もりおうがい「せいねん」)

散歩 好きである。過去に夏目漱石『三四郎』、森鴎外『青年』

(ながいかふう「ひよりげた」などのさくひんをなぞらえたこちずをもととしたさんぽに)

永井荷風『日和下駄』等の作品を準えた古地図を基とした散歩に

(はしをおいていた。「うえののやま(うきよのゆめ)」・「つきよのさんぽ(あしたにむかって)

趨をおいていた。『上野の山(浮世の夢)』・『月夜の散歩(明日に向かって

(はしれ)・「あめのひに(まちをみおろすおか)」・「ふゆのあさ(starting)

走れ)・『雨の日に(町を見下ろす丘)』・『冬の朝(STARTING

(over)」といったさんぽふうけいをびょうしゃしたさんぽにまつわるがっきょくもおおくさくひんとして)

OVER)』といった散歩風景を描写した散歩に纏わる楽曲も多く作品として

(のこしている。)

残している。

(たばこへびーすもーかーであり、なんどもきんえんをしようとしてはしっぱいしている。)

煙草 ヘビースモーカーであり、何度も禁煙をしようとしては失敗している。

(れこーでぃんぐなどですたじおにかんづめになるさいには1にちで80ほんちかく)

レコーディングなどでスタジオに缶詰になる際には1日で80本近く

(すってしまう。げんざいはなんちょうのびょうきにかかったさいにきんえんにせいこうしている。)

吸ってしまう。現在は難聴の病気にかかった際に禁煙に成功している。

(たべものすきなたべものをきかれるとむかしははんばーぐとかれーとこたえていたが、)

食べ物 好きな食べ物を聞かれると昔はハンバーグとカレーと答えていたが、

(げんざいではすぱげってぃとこたえている。ひとりぐらしとうしょ、ちゅうかなべひとつだけで)

現在ではスパゲッティと答えている。一人暮らし当初、中華鍋ひとつだけで

(じすいし、とくいりょうりはちゅうかりょうりであったが、やなぎそうりのぱすたなべをこうにゅうしてからは)

自炊し、得意料理は中華料理であったが、柳宗理のパスタ鍋を購入してからは

(もっぱらぱすたすきになった。えいが「とびらのむこう」にもそのぱすたなべが)

専らパスタ好きになった。映画「扉の向こう」にもそのパスタ鍋が

(とうじょうしている。またははおやがよくかってきてくれたというぎんざあすたーのにくだんごも)

登場している。また母親がよく買ってきてくれたという銀座アスターの肉団子も

(こうぶつのいっぴんとしている。ゆきじるしのぎゅうにゅうをのむしゅうかんがある。きらいなたべものは)

好物の一品としている。雪印の牛乳を飲む習慣がある。嫌いな食べ物は

(みょうがで、りゆうは「ねぎとおもいこんでたべたらけんとうちがいのあじがしてきっきょうした」)

茗荷で、理由は「ネギと思い込んで食べたら見当違いの味がして吃驚した」

(から。)

から。

(にっぽんこらいのものうきよえやかけじくなどのにっぽんこらいのものをこのみ、こびじゅつしょうや)

日本古来のもの 浮世絵や掛け軸などの日本古来のものを好み、古美術商や

(こっとういちにあしをはこぶ。またちほうつあーのさいにはいべんたーのそうげいをことわり、)

骨董市に足を運ぶ。また地方ツアーの際にはイベンターの送迎を断り、

(いどうじかんによゆうをとってかくちのいせきやこふんをおとずれている。もっともすきなこふんの)

移動時間に余裕をとって各地の遺跡や古墳を訪れている。最も好きな古墳の

(1つとしてさいたまこふんぐんをあげている。あくたがわりゅうのすけにあこがれ、ひばちをしゅうしゅうしていた)

1つとして埼玉古墳群を挙げている。芥川龍之介に憧れ、火鉢を収集していた

(ことがある。10このひばちにかこまれてどくしょをしたときはいっさんかたんそちゅうどくになった。)

ことがある。10個の火鉢に囲まれて読書をした時は一酸化炭素中毒になった。

(えどこちずやえどめいしょずえのしゅうしゅうかでもあり、しゅみがこうじてたもりくらぶの)

江戸古地図や江戸名所図会の収集家でもあり、趣味が昴じてタモリ倶楽部の

(こちずたんぼうのきかくばんぐみやばらえてぃばんぐみでもこちずこうしとしてしゅつえんした。)

古地図探訪の企画番組やバラエティ番組でも古地図講師として出演した。

(きゅうすしゅうしゅうしている。130ねんまえのこっとうきゅうすをふくめ、しょゆうすうは100こほどである)

急須 収集している。130年前の骨董急須を含め、所有数は100個程である

((2009ねん2がつげんざい)。ほんば、ちゅうごくむべきょうのきゅうすをてにいれるべく、)

(2009年2月現在)。本場、中国宜興の急須を手に入れるべく、

(ちゅうごくごこうざで1ねんかんがくしゅうしかこ5かいほどちゅうごくへとこうした。つかいこむほどにあめいろに)

中国語講座で1年間学習し過去5回ほど中国へ渡航した。使い込むほどに飴色に

(かがやきふうあいをますきゅうすのこうたくをえるためうーろんちゃをたいんする。おおいひは1にち)

輝き風合いを増す急須の光沢を得るため烏龍茶を多飲する。多い日は1日

(100はい。つねにおゆをわかしちゃつぼにおゆをそそぐというさぎょうをくりかえすので、)

100杯。常にお湯を沸かし茶壺にお湯を注ぐという作業を繰り返すので、

(せいかつどうせんをたんしゅくしきっちんのみでしんしょくせいかつをおこなっていたこともある。)

生活動線を短縮しキッチンのみで新食生活を行なっていたこともある。

(しょうぎしょうぎきし・かとうひふみ、もりうちとしゆきのふぁん。きっさてんでぐうぜんいあわせた)

将棋 将棋棋士・加藤一二三、森内俊之のファン。喫茶店で偶然居合わせた

(もりうちきしにきんちょうしながらもこえをかけ、さいんをちょうだいしたほどである。csほうそうの)

森内棋士に緊張しながらも声を掛け、サインを頂戴した程である。CS放送の

(いご・しょうぎちゃんねるのしちょうはにっかであるという。)

囲碁・将棋チャンネルの視聴は日課であるという。

(る・こんびゅじぇる・こんびゅじぇのちょしょ「けんちくをめざして」にえいきょうを)

ル・コンビュジェ ル・コンビュジェの著書「建築をめざして」に影響を

(うけ、こるびゅじぇけんちくのけんがくのためにふらんすじゅうだんりょこうをおこない、また)

受け、コルビュジェ建築の見学の為にフランス縦断旅行を行い、また

(れこーでぃんぐでにゅーよーくへとこうしたさいには、けんちくかふらんく・ろいど・)

レコーディングでニューヨークへ渡航した際には、建築家フランク・ロイド・

(らいとがせっけいしたぐっげんはいむびじゅつかんをおとずれたりと、いちじきはけんちくでざいんや)

ライトが設計したグッゲンハイム美術館を訪れたりと、一時期は建築デザインや

(いんてりあでざいんについてついきゅうした。)

インテリアデザインについて追求した。

(いしょうでびゅーとうしょはちちおやのじゃけっとをかりてすてーじいしょうにしていたが、)

衣装 デビュー当初は父親のジャケットを借りてステージ衣装にしていたが、

(ぽにーきゃにおんへのいせきちょくごはろっくのいめーじへとかえるためにかみをのばし)

ポニーキャニオンへの移籍直後はロックのイメージへと変える為に髪を伸ばし

(あにえす・べーのしろしゃつをちゃくようするようになった。しろしゃつ(またはくろしゃつ))

アニエス・ベーの白シャツを着用するようになった。白シャツ(又は黒シャツ)

(にくろいぱんつすたいるがおおい。げんざいのぷろもーしょんびでおやこんさーとでの)

に黒いパンツスタイルが多い。現在のプロモーションビデオやコンサートでの

(いしょうはn.はりうっどで、ぱんつはn.はりうっどかけるlevi’s517をちゃくよう)

衣装はN.ハリウッドで、パンツはN.ハリウッド×Levi's517を着用

(2008a/wのこれくしょんがけいさいされているn.はりうっどのむっくぼんでは)

2008A/Wのコレクションが掲載されているN.ハリウッドのムック本では

(n.はりうっどずきの17にんのなかのひとりとしていんたびゅーがけいさいされている。)

N.ハリウッド好きの17人の中の一人としてインタビューが掲載されている。

(くるましょうがっこうのころからぽるしぇときめており、さいしょにこうにゅうしたくるまはぽるしぇ・)

車 小学校の頃からポルシェと決めており、最初に購入した車はポルシェ・

(ぼくすたー、つぎにぽるしぇ・かれらrsとぽるしぇいがいのくるまをしょゆうしたことは)

ボクスター、次にポルシェ・カレラRSとポルシェ以外の車を所有したことは

(ない。じょじょにきゅうがたにいこうし、2009ねん4がつのじてんではのりかえ7だいめであった)

ない。徐々に旧型に移行し、2009年4月の時点では乗り換え7台目であった

(2010ねん2がつにはぴすとんにしざわからのさそいをうけ、ふじすぴーどうぇいで)

2010年2月にはピストン西沢からの誘いを受け、富士スピードウェイで

(さーきっとそうこうでびゅーした。)

サーキット走行デビューした。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!