関数とは~基本編~

順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 5134 B+ 5.5 93.7% 167.7 923 62 19 2020/11/18

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(かんすうとは、えくせるでめいれいをだすためのけいさんしきです。)

関数とは、エクセルで命令を出すための計算式です。

(しきをつかって、かんたんにほしいこたえをだします。)

式を使って、簡単に欲しい答えを出します。

(1つただしいしきをつくれば、 おなじけいさんしょりをほかにもおうようできます。)

1つ正しい式を作れば、 同じ計算・処理を他にも応用できます。

(かんすうはしゅるいがたくさんあるので、ぜんぶおぼえるのはたいへんです。)

関数は種類が沢山あるので、全部覚えるのは大変です。

(かんすうをつかっていくにはだいじなこつがあります。)

関数を使っていくには大事なコツがあります。

(だいじなのは3つ。)

大事なのは3つ。

(「どうしたいか」と「それができるのか」)

「どうしたいか」と「それができるのか」

(「できるならどんなめいれいをするのか」のじゅんにしらべることです。)

「できるならどんな命令をするのか」の順に調べることです。

(「どうしたいか」かいぜんなのか、しんきにつくるのか。)

「どうしたいか」改善なのか、新規に作るのか。

(もくひょうはどうしたいのかいしきしましょう。)

目標はどうしたいのか意識しましょう。

(「それができるのか」はめいれいかのうなのかどうか。)

「それができるのか」は命令可能なのかどうか。

(ふだんからめいれいほうほうをしっておけば できるのかかんたんにはんだんできます。)

普段から命令方法を知っておけば できるのか簡単に判断できます。

(「できるならどんなめいれいをするのか」)

「できるならどんな命令をするのか」

(ふくざつなめいれいにするのか。めいれいのじゅんじょはどうしていくべきか。)

複雑な命令にするのか。命令の順序はどうしていくべきか。

(じぶんのきぼうやなににつかうのかにあわせてめいれいほうほうをきめていきます)

自分の希望や何に使うのかに合わせて命令方法を決めていきます

(かんすうでどんなことができるのか、 じぶんでしっておかないと、)

関数でどんなことができるのか、 自分で知っておかないと、

(しらずにとおまわりすることになります。)

知らずに遠回りすることになります。

(どういうきのうがあるかはしってても、せいしきめいをしらないと)

どういう機能があるかは知ってても、正式名を知らないと

(ただしいちしきをえられない、 またはしらべるのにじかんがかかったりもします。)

正しい知識を得られない、 または調べるのに時間がかかったりもします。

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

くぼたしゅうぞうのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード