三人のなまけ者

投稿者マイタイピング公式プレイ回数40215順位570位
難易度(4.1) 1229打 長文 長文モード可タグ福娘童話集 ストーリー
グリム童話「三人のなまけ者」のタイピングです
ストーリーを楽しみながら練習しよう!
(リクエストユーザー:邪王真眼)

【2019/03/05】 次の問題を表示するようにしました。

出典元:福娘童話集三人のなまけ者
※こちらのタイピングは福娘童話集の許可をいただいて掲載しております。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 もこ 6324 S 6.7 94.5% 183.1 1229 71 27 2022/04/01
2 novo 5603 A 5.7 97.9% 214.7 1229 26 27 2022/04/18
3 nanashi 4964 B 5.0 98.2% 250.2 1265 23 27 2022/05/19
4 我々は 4263 C+ 4.3 97.5% 278.9 1219 30 27 2022/04/04
5 Σ 3800 D++ 4.0 94.6% 305.2 1229 69 27 2022/04/05

関連タイピング

  • ラプンツェル

    ラプンツェル

    グリム童話「ラプンツェル」のタイピングです

    プレイ回数98777
    長文2452打
  • 金太郎

    金太郎

    神奈川県の民話「金太郎」のタイピングです

    プレイ回数33189
    長文1291打
  • 悪党と善人【最終話】

    悪党と善人【最終話】

    困りはてた悪党が取った行動は…

    プレイ回数47771
    長文1120打
  • むすびこぶ

    むすびこぶ

    グリム童話「むすびこぶ」のタイピングです

    プレイ回数28483
    長文1077打
  • アリとキリギリス

    アリとキリギリス

    イソップ童話「アリとキリギリス」のタイピングです

    プレイ回数72886
    長文1633打
  • 数字の手紙

    数字の手紙

    新潟県の民話「数字の手紙」のタイピングです

    プレイ回数37630
    長文2084打

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(むかしむかし、あるおうさまに、さんにんのおうじがいました。)

むかしむかし、ある王さまに、三人の王子がいました。

(おうさまはさんにんともおなじようにかわいがっていたので、)

王さまは三人とも同じようにかわいがっていたので、

(じぶんがしんだあとはどのおうじをおうさまにしたものかとなやみました。)

自分が死んだあとはどの王子を王さまにしたものかとなやみました。

(そしていよいよ、おうさまはしぬというときになって、)

そしていよいよ、王さまは死ぬという時になって、

(さんにんのおうじをまくらもとによびよせるとこういいました。)

三人の王子をまくら元に呼び寄せるとこう言いました。

(「こどもたちや、わしはおまえたちのなかでいちばんのなまけものを、)

「子どもたちや、わしはお前たちの中で一番のなまけ者を、

(わしのしんだあとのおうさまにしようとおもうのだが」)

わしの死んだあとの王さまにしようと思うのだが」

(すると、いちばんとしうえのおうじがいいました。)

すると、一番年上の王子が言いました。

(「おとうさま、それならばこのくにはわたしのものでございますよ。)

「お父さま、それならばこの国はわたしの物でございますよ。

(なにしろわたしときたら、これからねようとよこになっても)

なにしろわたしときたら、これからねようと横になっても

(めをとじるのがじゃまくさくて、そのままねむらないでいるのですから」)

目を閉じるのがじゃまくさくて、そのままねむらないでいるのですから」

(それをきいた、にばんめのおうじはいいました。)

それを聞いた、二番目の王子は言いました。

(「おとうさま、このくにはわたしのものでございますよ。)

「お父さま、この国はわたしのものでございますよ。

(なにしろわたしはひのそばにすわってあたっているときに、)

なにしろわたしは火のそばにすわってあたっている時に、

(いくらひがあつくてもあしをひっこめるのがじゃまくさくて、)

いくら火が熱くても足を引っ込めるのがじゃまくさくて、

(あしにやけどをしたくらいですからね」)

足にやけどをしたくらいですからね」

(それをきいた、さんばんめのおうじがいいました。)

それを聞いた、三番目の王子が言いました。

(「おとうさま、このくにはぼくのものですよ。)

「お父さま、この国はぼくの物ですよ。

(なにしろぼくは、これからくびつりにされるとして、)

なにしろぼくは、これから首つりにされるとして、

(もしだれかがよくきれるないふをもたせてくれて、)

もし誰かがよく切れるナイフを持たせてくれて、

など

(「これでなわをきるがいい」といったとしても、)

『これでなわを切るがいい』と言ったとしても、

(ぼくはてをもちあげてなわをきるくらいなら、)

ぼくは手を持ち上げてなわを切るくらいなら、

(だまってくびをしめてもらうほうがいいんですからね」)

だまって首をしめてもらう方がいいんですからね」

(おうさまはこれをきくと、)

王さまはこれを聞くと、

(「さんばんめのおうじよ、おまえがいちばんのなまけものだ。じゃあ、おうさまにしてやろう」)

「三番目の王子よ、お前が一番のなまけ者だ。じゃあ、王さまにしてやろう」

(と、いったそうです。)

と、言ったそうです。

(さんにんのおうじのだれがおうさまになっても、このくにはながくないでしょうね。)

三人の王子の誰が王さまになっても、この国は長くないでしょうね。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告