ハチのムサシは死んだのさ/平田隆夫とセルスターズ

投稿者花っち♪プレイ回数383
楽曲情報 ハチのムサシは死んだのさ  本木 雅弘  作詞むろふし チコ  作曲平田 隆夫
難易度(3.6) 561打 歌詞 かな 長文モード可タグ平田隆夫 セルスターず 昭和 懐メロ 70年代
『ハチのムサシは死んだのさ』は、1972年2月に平田隆夫とセルスターズが発売したんだって。レコード大賞編曲賞受賞 紅白歌合戦出場曲。
※このタイピングは「ハチのムサシは死んだのさ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(はちのむさしはしんだのさはたけのひだまりつちのうえ)

ハチのムサシは死んだのさ 畑の日だまり土の上

(とおいやまおくむぎのほがきらきらゆれてるごごでした)

遠い山奥 麦の穂がキラキラゆれてる午後でした

(はちのむさしはむこうみずまっかにもえてるおひさまに)

ハチのムサシは向こう見ず 真赤に燃えてるお日様に

(しあいをいどんでまけたのさやかれておちてしんだのさ)

試合をいどんで負けたのさ 焼かれて落ちて死んだのさ

(はちのむさしはしんだのさおひさまあおいでしんだのさ)

ハチのムサシは死んだのさ お日様仰いで死んだのさ

(たかいあおぞらむぎばたけいつもとかわらぬごごでした)

高い青空 麦畑 いつもと変わらぬ午後でした

(はちのむさしはしんだのさゆめをみながらしんだのさ)

ハチのムサシは死んだのさ 夢を見ながら死んだのさ

(とおいむかしのこいのゆめひとりぼっちでしんだのさ)

遠い昔の恋の夢 ひとりぼっちで死んだのさ

(はちのむさしはむこうみずおひさまめがけてけんをぬき)

ハチのムサシは向こう見ず お日様めがけて剣を抜き

(たたかいやぶれてしんだのさやかれておちてしんだのさ)

たたかいやぶれて死んだのさ 焼かれて落ちて死んだのさ

(はちのむさしはしんだのさたしかにむさしはしんだのさ)

ハチのムサシは死んだのさ たしかにムサシは死んだのさ

(やがてひはおちゆうぐれにまっかなゆうひがもえていた)

やがて日は落ち夕暮れに 真赤な夕陽が燃えていた

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

花っち♪のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971