エンドロール

投稿者hiyokoプレイ回数173
楽曲情報 エンドロール  秦 基博  作詞秦 基博  作曲秦 基博
難易度(3.4) 816打 歌詞 かな 長文モード可タグ秦基博 歌詞 音楽
秦基博
※このタイピングは「エンドロール」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(しゃーべっととかいのゆきはすぐにとけてきえてしまうんだ)

シャーベット都会の雪はすぐに融けて消えてしまうんだ

(あっけないらすとしーんいつかきみとあるいてたみち)

あっけないラストシーンいつか君と歩いてた道

(つめたくにごってくあすふぁるとはこうかいのいろ)

冷たく濁ってくアスファルトは後悔の色

(ぼくにはただひとつちいさなぬくもりもまもれなかった)

僕にはただひとつ小さな温もりも守れなかった

(とぎれたふたり)

とぎれたふたり

(ねぇいつもなんでぼくはどうしてかんじんなことだけがいえないで)

ねぇいつもなんで僕はどうして肝心なことだけが言えないで

(ねぇいまになってもうおそいってずっとあのひのままで)

ねぇ今になってもう遅いってずっとあの日のままで

(きみはいないひとりきりのまちでまうゆきをみていた)

君はいないひとりきりの街で舞う雪を見ていた

(かじかむゆびさきのかんかくがうすれてくように)

かじかむ指先の感覚が薄れてく様に

(いつしかしあわせはあたりまえのなかにうもれた)

いつしか幸せは当たり前の中に埋もれた

(こおったのどのおくしろいためいきのむこうで)

凍った喉の奥白いため息の向こうで

(ちらちらふりつづくゆきのかげにきみをさがしてしまう)

ちらちら降り続く雪の陰に君を探してしまう

(えぐれたいたみ)

えぐれたいたみ

(ねぇあのひなんできみはどうしてふしぜんなくらいにはしゃいでて)

ねぇあの日なんで君はどうして不自然なくらいにはしゃいでて

(ねぇおわりだってもどれないってきっとわかっていたの)

ねぇ終わりだって戻れないってきっとわかっていたの

(ぼくはいないどこかでいまきみもこのゆきをみてるかな)

僕はいないどこかで今君もこの雪を見てるかな

(なくしたみらい)

なくしたみらい

(ねぇいつもなんでぼくはどうしてかんじんなことだけがいえないで)

ねぇいつもなんで僕はどうして肝心なことだけが言えないで

(ねぇあえなくなってわすれられなくてずっとあるいていくよ)

ねぇ会えなくなって忘れられなくてずっと歩いていくよ

(だれもいないしろくろのせかいぼくはただきみをおもうよ)

誰もいない白黒の世界僕はただ君を想うよ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。