ぼくはもういない - ぼくのりりっくのぼうよみ

投稿者201602700プレイ回数293
楽曲情報 僕はもういない  ぼくのりりっくのぼうよみ  作詞ぼくのりりっくのぼうよみ  作曲ぼくのりりっくのぼうよみ
難易度(3.7) 1155打 歌詞 長文モード可タグ歌詞 ぼくりり
ぼくのりりっくのぼうよみ「僕はもういない」の歌詞タイピングです。
ぼくのりりっくのぼうよみ「僕はもういない」の歌詞タイピングです。
※このタイピングは「僕はもういない」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ぬすまれてしまったあいでんてぃてぃ)

盗まれてしまったアイデンティティ

(こげるせんにちかちもなにもない)

焦げる千日 価値も何もない

(ゆめみがちなしょうねんのめは)

夢見がちな少年の目は

(いつのまににごりよどむ)

いつのまに濁り 淀む

(つむいできたことばたちは)

紡いできた言葉たちは

(いろをなくしかわいたままたたずんでいる)

色を無くし 乾いたまま佇んでいる

(かがやいていたはずのかこが)

輝いていたはずの過去が

(えがおでさらりときずをえぐる)

笑顔でさらりと傷を抉る

(おもいをかくせばなかったことにできるとおもったの?)

想いを隠せば 無かったことに出来ると思ったの?

(こころはそんなにきようにできないわかってるだろう)

心はそんなに器用に出来ない 分かってるだろう

(ふざけたかめんをはずすことがそんなにおそろしい?)

巫山戯た仮面を 外すことがそんなに恐ろしい?

(いつわらぬこえできみにつげさせて「ぼくはかわる」と)

偽らぬ声で君に告げさせて 「僕は変わる」と

(たいだなたいだなたいだなたいだなたいだなたいだなよぼうせん)

怠惰な 怠惰な 怠惰な 怠惰な 怠惰な 怠惰な 予防線

(たいだなたいだなたいだなたいだなたいだなたいだなよぼうせん)

怠惰な 怠惰な 怠惰な 怠惰な 怠惰な 怠惰な 予防線

(なんどもかさねたよぼうせんのそのうらにかくしたれっとうかんを)

何度も重ねた予防線の その裏に隠した劣等感を

(かわれないじぶんのせんにゅうかんをまもってるたいだなよぼうせん)

変われない自分の先入観を 守ってる怠惰な予防線

(まっさらなさばくにひとりいるようなかんかくになって)

まっさらな砂漠に一人いるような 感覚になって

(しかいがくりあにひらけてく)

視界がクリアに開けてく

(いたみもいのりもうけいれよう)

痛みも 祈りも 受け容れよう

(せんぼうもしっともくらうことでおおきくそだつかて)

羨望も嫉妬も喰らうことで 大きく育つ糧

(すべてのみこんでいまにぬすみだすきみのこころを)

統べて飲み込んで 今に盗み出す 君の心を

(うばってうばわれて)

奪って 奪われて

(たましいにじょうとうなえさをやろう)

魂に上等な餌をやろう

(そのはてになにかてにのこるものがただこたえだろう)

その果てに何か 手に残るものがただ答えだろう

(くるしみをかいならしてにじんだちのあと)

苦しみを飼い慣らし 手に滲んだ血の痕

(いつかすんだひとみにうつるけしきかがやいていた)

いつか澄んだ瞳に 映る景色 輝いていた

(おもいをかくせばなかったことにできるとおもっていた)

想いを隠せば 無かったことに出来ると思っていた

(こころはそんなにきようにできないもうわかってる)

心はそんなに器用に出来ない もう分かってる

(ふざけたかめんはかたちさえきおくにのこっていない)

巫山戯た仮面は 形さえ記憶に残っていない

(いつわらぬこえできみにつげたいま)

偽らぬ声で君に告げた今

(「ぼくはもういない」「ぼくはもういない」「ぼくはもういない」)

「僕はもういない」 「僕はもういない」 「僕はもういない」

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

201602700のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971