タランタ・ラ・ムジカ

投稿者やきにくプレイ回数85
楽曲情報 タランタ・ラ・ムジカ  作詞くりたにか  作曲くりたにか
難易度(2.7) 1146打 歌詞 かな 長文モード可タグボカロ VOICEROID VOCALOID 琴葉茜 琴葉葵 歌うボイスロイド
タランタ・ラ・ムジカ/くりたにか
くりたにかさんのタランタ・ラ・ムジカです。
背景は本家動画様よりお借りしています。
歌詞の重なる部分は「茜→葵」順です。
※このタイピングは「タランタ・ラ・ムジカ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(こよいはようこそおあつまりいただきました)

今宵はようこそお集まり頂きました

(おおくりいたしますはつたえきく)

お送り致しますは 伝え聞く

(くものあくまのものがたり)

蜘蛛の悪魔の物語

(かたりべはわたくしことのはあかねと)

語り部は私 琴葉茜と

(あおいでございます)

葵でございます

(どうぞさいごまでおつきあいくださいませ)

どうぞ 最期までお付き合い下さいませ

(それはじったいないでんしのせかいのげんがんが)

それは実体ない 電子の世界のゲンガンガ

(はらをすかせてたましいをくらいにやってきた)

腹を空かせて 魂を喰らいにやってきた

(めをうばうようなふたごのしょうじょにばけ)

目を奪うような 双子の少女に化け

(あかいひとみでえものをさがす)

赤い瞳で 獲物を探す

(しっこくをぬいあげたいしょうみにまとい)

茜:漆黒を 縫い上げた衣装 身に纏い

(ぶたいにたつ)

茜:舞台に立つ

(じゅんぱくをほそくくりとったいとで)

葵:純白を 細く繰り取った糸で

(ぶたいをあむ)

葵:舞台を編む

(えんもくはひとのこころをまどわすのろいのうた)

演目は 人の心を惑わす 呪いの詩

(たらんたらむじかとなえてみたら)

タランタ・ラ・ムジカ 唱えてみたら

(ならくのそこふかくからやみとりずむがあふれだした)

奈落の底深くから 闇とリズムが溢れ出した

(たらんたらむじかおどれさわげや)

タランタ・ラ・ムジカ 踊れ騒げや

(びーとがなりやむまで)

ビートが鳴り止むまで

(ほんとうはしんじゃいないじょうほうかしゃかいのぞんぞんび)

本当は死んじゃいない 情報化社会のゾンゾンビ

(おとにさそわれどこからかあつまってきた)

音に誘われ 何処からか集まってきた

(むれをみちびくふたごのしょうじょとともに)

群れを導く 双子の少女と共に

(とびはねながらまちをねりまわる)

飛び跳ねながら 街を練り廻る

(あんねいをかじるだけではみたされず)

茜:安寧を 齧るだけでは 満たされず

(ぶたいをこう)

茜:舞台を乞う

(こんとんをはらにいだけばそこが)

葵:混沌を 腹に抱けば そこが

(ぶたいになる)

葵:舞台に為る

(しゅうけつをつげるとばりはもうきりおとされた)

終結を告げる帳は もう 切り落とされた

(たらんたらむじかとなえてみたら)

タランタ・ラ・ムジカ 唱えてみたら

(うなされたみたいにみんなりずむにのりだした)

魘されたみたいに みんなリズムに乗り出した

(たらんたらむじかおどれさわげや)

タランタ・ラ・ムジカ 踊れ騒げや

(びーとがなりやむまで)

ビートが鳴り止むまで

(たらんたらむじかふときがつけば)

タランタ・ラ・ムジカ ふと気が付けば

(うでもあしもすべてくものいにとらわれていた)

腕も脚も全て 蜘蛛の囲に囚われていた

(たらんたらむじかにげようたってむりだ)

タランタ・ラ・ムジカ 逃げようたって無理だ

(たらんたらむじかまるでまりおねった)

タランタ・ラ・ムジカ まるでマリオネッタ

(こころのないあくまたちのおもうままさ)

心の無い 悪魔たちの思うままさ

(たらんたらむじかおどれさわげや)

タランタ・ラ・ムジカ 踊れ騒げや

(びーとがなりやむまで)

ビートが鳴り止むまで

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

やきにくのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971