八月、某、月明かり

投稿者夏西@雑多プレイ回数000順位1475位
楽曲情報 八月、某、月明かり  ヨルシカ  作詞N-BUNA  作曲N-BUNA
難易度(3.2) 1775打 歌詞 かな 長文モード可タグヨルシカ
ヨルシカ アルバム「だから僕は音楽をやめた」より
※このタイピングは「八月、某、月明かり」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 amago 5810 A+ 6.1 95.0% 288.6 1770 93 55 2020/11/09
2 kanakana 4619 C++ 5.0 92.5% 352.6 1771 142 55 2020/10/28

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(なにもいらない)

何もいらない

(しんぞうがうるさかったあるくたびいきがつまった)

心臓が煩かった 歩くたび息が詰まった

(はじめてばいとをにげだした)

初めてバイトを逃げ出した

(おんがくもせいかつももうどうでもよかった)

音楽も生活も、もうどうでもよかった

(ただきにくわないものばかりがふえた)

ただ気に食わないものばかりが増えた

(はちがつぼうつきあかりじてんしゃがとんで)

八月某、月明かり、自転車が飛んで

(ひがしふしみのこうかきょうこだいらふじみどおりとしょうてんがい)

東伏見の高架橋、小平、富士見通りと商店街

(よかぜがはなをくすぐったこのむねのいたみはきのせいだ)

夜風が鼻を擽った この胸の痛みは気のせいだ

(わかってたわかったふりをした)

わかってた わかった振りをした

(さいていださいていだぼくのぜんぶさいていだ)

最低だ 最低だ 僕の全部最低だ

(きみをかたちにのこしたかった)

君を形に残したかった

(おもいでになんてしてやるもんか)

想い出になんてしてやるもんか

(さいていださいていだ)

最低だ 最低だ

(きもちよくてしかたがないわ)

気持ちよくて仕方がないわ

(さいていだってこのかしじたいが)

最低だってこの歌詞自体が

(じんせいにじゅうななでしねるならろっくんろーるはぼくをすくった)

人生、二十七で死ねるならロックンロールは僕を救った

(かんがえるのもやめだどうせしぬんだから)

考えるのも辞めだ!どうせ死ぬんだから

(きみもなにもいらない)

君も、何もいらない

(しんぞうがうるさかったわらうほどのどがかわいた)

心臓が煩かった 笑うほど喉が渇いた

(はじめてこころをうりだした)

初めて心を売り出した

(きょうしんもぷらいどももうどうでもよかった)

狭心もプライドも、もうどうでもよかった

(きにくわないやつにもあたまをさげた)

気に食わない奴にも頭を下げた

(はちがつぼうあのころのけしきをまたいだ)

八月某、あの頃の景色を跨いだ

(すとっくほるむのろてんしょうきるながむらすたんはいしだたみ)

ストックホルムの露天商、キルナ、ガムラスタンは石畳

(きみだけをむねにしまったこのそらのあおさもきのせいだ)

君だけを胸に仕舞った この空の青さも気の所為だ

(わらってたわらったかおのまま)

笑ってた、笑った顔のまま

(さいていだごうまんだきみもみんなどんよくだ)

最低だ 傲慢だ 君もみんな貪欲だ

(どらまちっくなうたもあいもさぁばからしくてしかたがないわ)

ドラマチックな歌も愛もさぁ、馬鹿らしくて仕方がないわ

(しっていたしっていた)

知っていた 知っていた

(きみのじんせいきみのものだ)

君の人生、君のものだ

(さいていだっていくらさけぼうが)

最低だっていくら叫ぼうが

(そうだきっとそうだ)

そうだ、きっとそうだ

(あのよではろっくんろーるがながれてるんだ)

あの世ではロックンロールが流れてるんだ

(さんびかとかはやらない)

賛美歌とか流行らない

(かみさまがいないんだから)

神様がいないんだから

(つみもあやまちもはんざいもじさつもせんそうもまいのりてぃも)

罪も過ちも犯罪も自殺も戦争もマイノリティも

(ぜんぶしらない)

全部知らない

(さいていださいていだわかれなんてごうまんだ)

最低だ 最低だ 別れなんて傲慢だ

(きみのすべてにうなずきたいんだ)

君の全てに頷きたいんだ

(そんなのぎまんとおなじだえるま)

そんなの欺瞞と同じだ、エルマ

(さいていださいていだいとおしくてしかたがないわ)

最低だ 最低だ 愛おしくて仕方がないわ

(どらまちっくなよるでぼくをいたみたい)

ドラマチックな夜で僕を悼みたい

(さいていださいていだことばなんてじょうちょうだ)

最低だ 最低だ 言葉なんて冗長だ

(きみのじんせいはつきあかりだ)

君の人生は月明かりだ

(ありがちだなんていわせるもんか)

有りがちだなんて言わせるもんか

(さいていださいていだわらわれたってしかたがないわ)

最低だ 最低だ 笑われたって仕方がないわ

(さいていなんてごろだけのかしだ)

最低なんて語呂だけの歌詞だ

(じんせいにじゅうななでしねるならろっくんろーるはぼくをすくった)

人生、二十七で死ねるならロックンロールは僕を救った

(かんがえるのもやめだどうせしぬんだから)

考えるのも辞めだ!どうせ死ぬんだから

(いまもあいもかこもゆめも)

今も、愛も、過去も、夢も、

(おもいでもはなうたもうすいめもよがすみも)

思い出も、鼻歌も、薄い目も、夜霞も、

(やさしさもくるしさもはなふさもゆううつも)

優しさも、苦しさも、花房も、憂鬱も、

(あのなつもこのうたも)

あの夏も、この歌も、

(ぎぜんもよかぜもうそもきみもぼくもあおてんじょうも)

偽善も、夜風も、嘘も、君も、僕も、青天井も、

(なにもいらない)

何もいらない