勝手に、小説7ー近代元気印娘4

投稿者横濱kabitan(カビタン)プレイ回数000
難易度(3.9) 811打 長文タグ長文 小説 タイムトリップ
いよいよ時空超えて・・
タイムトリップモノに話を展開しますね
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ku- 4772 普通読み 4.9 96.6% 162.6 804 28 25 2020/12/05
2 まぶちゃん 3371 咬み読み 3.5 94.4% 227.8 816 48 25 2020/12/05
3 ken 2417 熟読み 2.6 93.2% 307.3 801 58 25 2020/12/08

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(なじみのかふぇでであったなぞのきゃく)

なじみのカフェで出会った謎の客

(のうしろにあるきょだいなでんでんむしに)

の後ろにある巨大なでんでんむしに

(きょうみもったじょせいきしゃと)

興味持った女性記者と

(そんなむちゃぶるしんゆうをきづかって)

そんな無茶ぶる親友を気遣って

(ついていったかいりきおんな)

ついていった怪力女

(2にんはゆがんだくうかんにまきこまれ)

2人は歪んだ空間に巻き込まれ

(きがつけばよるなのにこうこうときらめく)

気が付けば夜なのに煌々ときらめく

(まちとはしがかかるこはんにたっていた)

街と橋がかかる湖畔に立っていた

(2にんはわけわからずかおをみあい)

2人はわけわからず顔を見合い

(どちらとなく)

どちらとなく

(「どこ、ここ?・・・」)

「どこ、ここ?・・・・」

(とくちにした。)

と口にした。

(すると、みたことないせいふくのけいかんみたいなおとこがやってきて)

すると、見た事ない制服の警官みたいな男がやってきて

(「じょせいだけでこんなにんきないくらいところにいちゃああぶないよ」)

「女性だけでこんな人気ない暗い所に居ちゃあ危ないよ」

(と2にんにむかってけいぼうをつきだした)

と2人に向かって警棒を突き出した

(そのけいかんのことばは2にんでもわかったが)

その警官の言葉は2人でも分かったが

(びみょうないいまわしがわかりかねなかった)

微妙な言い回しが分かりかねなかった

(じょせいきしゃはかいりきおんなに)

女性記者は怪力女に

(「このけいかんどこかのいなかものかしら?ずいぶんなまっているわね」)

「この警官どこかの田舎者かしら?随分なまっているわね」

(とみみうちすると)

と耳打ちすると

など

(「わかりましたーすぐにもどりますね」)

「分かりましたーすぐに戻りますね」

(といってかいりきおんなのふとくきんこつたくましいうでをとって)

と言って怪力女の太く筋骨逞しい腕を取って

(まちのほうにあるきだした)

街の方に歩き出した

(「ひとまずまちにでておちついてからみにおこったことかんがえましょう」)

「ひとまず街に出て落ち着いてから身に起こった事考えましょう」

(とじょせいきしゃ)

と女性記者

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

横濱kabitan(カビタン)のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード