勝手に、小説6ー近代元気印娘3

投稿者横濱kabitan(カビタン)プレイ回数000
難易度(3.7) 756打 長文タグ長文 小説 タイムトリップ
不思議な客と、女性記者に怪力娘の・・・
「はよぉ、話を進めんかい!」
と言われていそうな気がしてはいると思いつつ、ぼつぼつ作っていきますw
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ニック 5220 速読み 5.3 98.4% 140.4 745 12 20 2020/12/03
2 ゆず彦 4965 普通読み 5.1 95.9% 145.2 753 32 20 2020/12/09
3 さくらもち 4362 普通読み 4.7 93.2% 162.3 763 55 20 2020/12/03
4 ポンチョ 3509 咬み読み 3.6 96.2% 208.6 762 30 20 2020/12/03
5 まぶちゃん 3382 咬み読み 3.6 92.2% 204.0 753 63 20 2020/12/05

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(じょせいきしゃとかいりきおんなはなじみのかふぇで)

女性記者と怪力女はなじみのカフェで

(おそめのちゅうしょくをすませてみせをでた)

遅めの昼食を済ませて店を出た

(2にんはみせがあるうらどおりをぬけなみきみちにでると)

2人は店がある裏通りを抜け並木道に出ると

(さきのふしぎなきゃくがなみきのそばにたっていた)

先の不思議な客が並木の傍に立っていた

(そのきゃくのうしろにはみたことのないものがあった)

その客の後ろには見た事のないものがあった

(きかげになってよくみえないがじてんしゃほどの)

木影になって良く見えないが自転車程の

(きょだいなでんでんむしにみえた)

巨大なでんでんむしに見えた

(じょせいきしゃはきんだいじょせいらしいこうきしんおうせいさで)

女性記者は近代女性らしい好奇心旺盛さで

(なぞのきゃくのうしろにあるでんでんむしのほうに)

謎の客の後ろにあるでんでんむしの方に

(あしをしのばしながらちかよっていった)

足を忍ばしながら近寄っていった

(かのじょのしんゆうであるかいりきおんなは)

彼女の親友である怪力女は

(いつもむちゃするじょせいきしゃをしんぱいして)

いつも無茶する女性記者を心配して

(かのじょのあとをついていった)

彼女の後を付いていった

(そのときになぞのきゃくは2にんをきづかないまま)

その時に謎の客は2人を気付かないまま

(でんでんむしにのりこむとなにかをひっぱった)

でんでんむしに乗り込むと何かを引っ張った

(そのとたんにぶーんというにぶいおとともに)

その途端にブーンという鈍い音共に

(しゅうへんのふうけいがゆがみはじめた)

周辺の風景が歪み始めた

(それにじょせいきしゃとかいりきおんなはおどろいたが)

それに女性記者と怪力女は驚いたが

(そのばからうごけなくなってしまった)

その場から動けなくなってしまった

(そうするうちにしゅうへんはどんどんゆがんでいった)

そうする内に周辺はドンドン歪んでいった

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

横濱kabitan(カビタン)のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード