200系新幹線(K47)

背景
投稿者投稿者Gajyumaruいいね2お気に入り登録
プレイ回数33難易度(1.5) 3打 短文
200系新幹線。復刻塗装編成。
※ご注意、K47は当初、F編成のF13だったせいか、F13からK編成に編入の上K47となるが、このタイピングではK編成編入後のK47とする。200系は日本国有鉄道(国鉄。後に民営化。現在のJR東日本)が開発した新幹線電車。200系の設計は正面から見た造形、基本的なサイズなどは0系新幹線をベースとしているが、雪の多い地域を走行するため、雪を除雪する装置、スノープラウ、(スノープロウと呼ばれることもある)ノーズ部分が若干伸びていること、雪対策を万全に備え、車体下部まで一体のボディマウント構造の2重床構造とし、床下機器は2重床の間にある。この構造で0系同様の鋼製車体とすると、重量が過大となるせいか、200系は営業用の新幹線電車では初のアルミニウム合金が採用された。前面形状は2種類あり、0系に似たラウンドノーズ、100系に似たシャークノーズであるが、これらのタイピングでは0系に似たラウンドノーズの編成。K編成は10両編成。2013年まで残存していた編成で、すべての先頭車がラウンドノーズの前面形状。240km/h走行対応。400系つばさやE3系こまち、E3系つばさ併結用連結器、および自動解結装置を搭載。秋田新幹線(E3系こまち)との連結運用は1999年12月4日まで、山形新幹線(400系つばさ、E3系つばさ。なお、E3系つばさはL51、L52のみ。L53、2000番台はE4系マックスとの連結だったせいか、200系は連結していない)についても、2001年9月21日までK編成による連結運用が設定されていた。10号車の222形には併結用連結器、自動解結装置が搭載されている。非常用連結器カバーからスカート(排障器)上部にかけて開閉部が設けられ、その左右に前方確認用のセンサーが設置されている。K47は1984年10月24日にF13として、東急車輛製造で製造。1999年2月9日にリニューアル工事。リニューアル第1号。復刻塗装編成。2013年4月25日にK47の1号車、221-1510を除き、2号車~10号車は廃車、解体された。221-1510はE4系マックス、C57形蒸気機関車、19号機とともに新津鉄道資料館で保存、展示されている。※ご注意、記載している車両、路線、運用、列車、内容、動向などはあくまでも作成者の見たまま、見解、予想、推測とする。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 アリス 30000 200系やまびこ 30.0 100% 0.1 3 0 1 2024/02/20
2 プロ野球チップス 30000 200系やまびこ 30.0 100% 0.1 3 0 1 2024/02/21
3 OTL 30000 200系やまびこ 30.0 100% 0.1 3 0 1 2024/02/22
4 185系&E3系 30000 200系やまびこ 30.0 100% 0.1 3 0 1 2024/03/08
5 炒飯神王 極 10000 200系やまびこ 10.0 100% 0.3 3 0 1 2024/02/23

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示
K47(k47)

Gajyumaruのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表 アプリケーションの使い方 よくある質問

人気ランキング

注目キーワード