百人一首(上の句→下の句)

スポンサーリンク
投稿者つー プレイ回数891 順位3512位
難易度(2.8) 2734打 かな タグ百人一首 国語 勉強 和歌 古文
百人一首(上の句→下の句)です。
表示された上の句に対応する下の句をタイピングしてください。ランダムに10問表示されます。歴史的仮名遣いでタイピングしてください。(ex.夕暮れ→ゆふぐれ)

関連タイピング

五十音タイピング

五十音タイピング

五十音を打ち終わる時間で勝負!あなたは何秒!?

プレイ回数1881426
短文かな137打
木の漢字タイピング

木の漢字タイピング

簡単な漢字から難読漢字までいろいろ揃えました!

プレイ回数135123
短文かな60秒
ことわざタイピング

ことわざタイピング

よく耳にすることわざを集めてみました

プレイ回数190733
かな60秒
五十音タイピング(濁点・半濁点・拗音などすべて)

五十音タイピング(濁点・半濁点・拗音などすべて)

ローマ字入力で使う文字の練習用

プレイ回数34158
短文310打
漢字タイピング-中学生編8

漢字タイピング-中学生編8

あなたは全部読める!?中学で習う漢字をタイピング!

プレイ回数131697
短文かな167打
漢字タイピング-社会人編8

漢字タイピング-社会人編8

社会人向けのちょっと難しい漢字タイピングです!

プレイ回数128968
短文かな167打

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(わがころもではつゆにぬれつつ)

あきのたの かりほのいほの とまをあらみ

(ころもほすてふあまのかぐやま)

はるすぎて なつきにけらし しろたへの

(ながながしよをひとりかもねむ)

あしびきの やまどりのをの しだりをの

(ふじのたかねにゆきはふりつつ)

たごのうらに うちいででみれば しろたへの

(こえきくときぞあきはかなしき)

おくやまに もみぢふみわけ なくしかの

(しろきをみればよぞふけにける)

かささぎの わたせるはしに おくしもの

(みかさのやまにいでしつきかも)

あまのはら ふりさけみれば かすがなる

(よをうぢやまとひとはいふなり)

わがいほは みやこのたつみ しかぞすむ

(わがみよにふるながめせしまに)

はなのいろは うつりにけりな いたづらに

(しるもしらぬもあふさかのせき)

これやこの ゆくもかへるも わかれては

(ひとにはつげよあまのつりぶね)

わたのはら やそしまかけて こぎいでぬと

(をとめのすがたしばしとどめむ)

あまつかぜ くものかよひぢ ふきとぢよ

(こひぞつもりてふちとなりぬる)

つくばねの みねよりおつる みなのがは

(みだれそめにしわれならなくに)

みちのくの しのぶもぢずり たれゆゑに

(わがころもでにゆきはふりつつ)

きみがため はるののにいでで わかなつむ

(まつとしきかばいまかへりこむ)

たちわかれ いなばのやまの みねにおふる

(からくれないにみづくくるとは)

ちはやぶる かみよもきかず たつたがは

(ゆめのかよひぢひとめよくらむ)

すみのへの きしによるなみ よるさへや

(あはでこのよをすぐしてよとや)

なにはがた みじかきあしの ふしのまも

(みをつくしてもあはむとぞおもふ)

わびぬれば いまはたおなじ なにはなる

など

(ありあけのつきをまちいでつるかな)

いまこむと いひしばかりに ながつきの

(むべやまかぜをあらしといふらむ)

ふくからに あきのくさきの しをるれば

(わがみひとつのあきにはあらねど)

つきみれば ちぢにものこそ かなしけれ

(もみぢのにしきかみのまにまに)

このたびは ぬさもとりあへず たむけやま

(ひとにしられでくるよしもがな)

なにしおはば あふさかやまの さねかづら

(いまひとたびのみゆきまたなむ)

をぐらやま みねのもみぢば こころあらば

(いつみきとてかこひしかるらむ)

みかのはら わきてながるる いづみがは

(ひとめもくさもかれぬとおもへば)

やまざとは ふゆぞさびしさ まさりける

(おきまどはせるしらぎくのはな)

こころあてに をらばやをらむ はつしもの

(あかつきばかりうきものはなし)

ありあけの つれなくみえし わかれより

(よしののさとにふれるしらゆき)

あさぼらけ ありあけのつきと みるまでに

(ながれもあへぬもみぢなりけり)

やまがはに かぜのかけたる しがらみは

(しづごころなくはなのちるらむ)

ひさかたの ひかりのどけき はるのひに

(まつもむかしのともならなくに)

たれをかも しるひとにせむ たかさごの

(はなぞむかしのかににほひける)

ひとはいさ こころもしらず ふるさとは

(くものいづこにつきやどるらむ)

なつのよは まだよひながら あけぬるを

(つらぬきとめぬたまぞちりける)

しらつゆに かぜのふきしく あきののは

(ひとのいのちのをしくもあるかな)

わすらるる みをばおもわず ちかひてし

(あまりてなどかひとのこひしき)

あさぢふの をののしのはら しのぶれど

(ものやおもふとひとのとふまで)

しのぶれど いろにでにけり わがこひは

(ひとしれずこそおもひそめしか)

こひすてふ わがなはまだき たちにけり

(すえのまつやまなみこさじとは)

ちぎりきな かたみにそでを しぼりつつ

(むかしはものをおもはざりけり)

あひみての のちのこころに くらぶれば

(ひとをもみをもうらみざらまし)

あふことの たえてしなくば なかなかに

(みのいたづらになりぬべきかな)

あはれとも いふべきひとは おもほえで

(ゆくへもしらぬこひのみちかな)

ゆらのとを わたるふなびと かぢをたえ

(ひとこそみえねあきはきにけり)

やへむぐら しげれるやどの さびしきに

(くだけてものをおもふころかな)

かぜをいたみ いわうつなみの おのれのみ

(ひるはきえつつものをこそおもへ)

みかきもり ゑじのたくひの よるはもえ

(ながくもがなとおもひけるかな)

きみがため をしからざりし いのちさへ

(さしもしらじなもゆるおもひを)

かくとだに えやはいぶきの さしもぐさ

(なほうらめしきあさぼらけかな)

あけぬれば くるるものとは しりながら

(いかにひさしきものとかはしる)

なげきつつ ひとりぬるよの あくるまは

(けふをかぎりのいのちともがな)

わすれじの ゆくすゑまでは かたければ

(なこそながれてなほきこえけれ)

たきのおとは たえてひさしく なりぬれど

(いまひとたびのあふこともがな)

あらざらむ このよのほかの おもひでに

(くもがくれにしよはのつきかな)

めぐりあひて みしやそれとも わかぬまに

(いでそよひとをわすれやはする)

ありまやま ゐなのささはら かぜふけば

(かたぶくまでのつきをみしかな)

やすらはで ねなましものを さよふけて

(まだふみもみずあまのはしだて)

おほえやま いくののみちの とほければ

(けふここのへににほいぬるかな)

いにしへの ならのみやこの やへざくら

(よにあふさかのせきはゆるさじ)

よをこめて とりのそらねは はかるとも

(ひとづてならでいふよしもがな)

いまはただ おもひたへなむ とばかりを

(あらはれわたるせぜのあじろぎ)

あさぼらけ うぢのかはぎり たえだえに

(こひにくちなむなこそをしけれ)

うらみわび ほさぬそでだに あるものを

(はなよりほかにしるひともなし)

もろともに あはれとおもへ やまざくら

(かひなくたたむなこそをしけれ)

はるのよの ゆめばかりなる たまくらに

(こひしかるべきよはのつきかな)

こころにも あらでうきよに ながらへば

(たつたのかはのにしきなりけり)

あらしふく みむろのやまの もみぢばは

(いづこもおなじあきのゆふぐれ)

さびしさに やどをたちいでで ながむれば

(あしのまろやにあきかぜぞふく)

ゆふされば かどたのいば おとづれて

(かけじやそでのぬれもこそすれ)

おとにきく たかしのはまの あだなみは

(とやまのかすみたたずもあらなむ)

たかさごの をのへのさくら さきにけり

(はげしかれとはいのらぬものを)

うかりける ひとをはつせの やまおろしよ

(あはれことしのあきもいぬめり)

ちぎりおきし させもがつゆを いのちにて

(くもいにまがふおきつしらなみ)

わたのはら こぎいででみれば ひさかたの

(われてもすえにあはむとぞおもふ)

せをはやみ いはにせかるる たきがはの

(いくよねざめぬすまのせきもり)

あはぢしま かよふちどりの なくこゑに

(もれいづるつきのかげのさやけさ)

あきかぜに たなびくくもの たえまより

(みだれてけさはものをこそおもへ)

ながからむ こころもしらず くろかみの

(ただありあけのつきぞのこれる)

ほととぎす なきつるかたを ながむれば

(うきにたへぬはなみだなりけり)

おもひわび さてもいのちは あるものを

(やまのおくにもしかぞなくなる)

よのなかよ みちこそなけれ おもひいる

(うしとみしよぞいまはこひしき)

ながらへば またこのごろや しのばれむ

(ねやのひまさへつれなかりけり)

よもすがら ものおもふころは あけやらで

(かこちがほなるわがなみだかな)

なげけとて つきやはものを おもはする

(きりたちのぼるあきのゆふぐれ)

むらさめの つゆもまだひぬ まきのはに

(みをつくしてやこひわたるべき)

なにはえの あしのかりねの ひとよゆゑ

(しのぶることのよわりもぞする)

たまのをよ たえなばたえね ながらへば

(ぬれにぞぬれしいろはかはらず)

みせばやな をじまのあまの そでだにも

(ころもかたしきひとりかもねむ)

きりぎりす なくやしもよの さむしろに

(ひとこそしらねかわくまもなし)

わがそでは しほひにみえぬ おきのいしの

(あまのをぶねのつなでかなしも)

よのなかは つねにもがもな なぎさこぐ

(ふるさとさむくころもうつなり)

みよしのの やまのあきかぜ さよふけて

(わがたつそまにすみぞめのそで)

おほけなく うきよのたみに おほふかな

(ふりゆくものはわがみなりけり)

はなさそふ あらしのにはの ゆきならで

(やくやもしほのみもこがれつつ)

こぬひとを まつほのうらの ゆふなぎに

(みそぎぞなつのしるしなりける)

かぜそよぐ ならのをがはの ゆふぐれは

(よをおもふゆえにおもおもふみは)

ひともをし ひともうらめし あぢきなく

(なほあまりあるむかしなりけり)

ももしきや ふるきのきばの しのぶにも

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※ランキング登録した名前で投稿されます。

つーのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード