注文の多い料理店(1/4)宮沢賢治

投稿者もりつしんプレイ回数18544順位756位
難易度(4.8) 2252打 長文タグ小説 文学 長文 宮沢 賢治
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 なおきち 5843 A+ 6.0 97.0% 371.2 2237 68 47 2022/01/22
2 pon 5644 A 6.0 94.3% 374.9 2251 135 47 2022/01/22
3 まだまだ 5449 B++ 5.7 95.5% 394.0 2253 106 47 2022/01/25
4 なんだかな 4774 B 5.0 95.0% 442.6 2228 115 47 2021/12/15
5 あがさ 4641 C++ 5.0 92.7% 439.3 2213 174 47 2022/01/27

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ふたりのわかいしんしが、すっかりいぎりすのへいたいのかたちをして、)

二人の若い紳士が、すっかりイギリスの兵隊のかたちをして、

(ぴかぴかするてっぽうをかついで、しろくまのようないぬをにひきつれて、)

ぴかぴかする鉄砲をかついで、白熊のような犬を二疋(ひき)つれて、

(だいぶやまおくの、このはのかさかさしたとこを、)

だいぶ山奥の、木の葉のかさかさしたとこを、

(こんなことをいいながら、あるいておりました。)

こんなことを云いながら、あるいておりました。

(「ぜんたい、ここらのやまはけしからんね。とりもけものもいっぴきもいやがらん。)

「ぜんたい、ここらの山は怪しからんね。鳥も獣も一疋も居やがらん。

(なんでもかまわないから、はやくたんたあーんと、やってみたいもんだなあ。」)

なんでも構わないから、早くタンタアーンと、やって見たいもんだなあ。」

(「しかのきいろなよこっぱらなんぞに、にさんぱつおみまいもうしたら、)

「鹿の黄いろな横っ腹なんぞに、二三発お見舞もうしたら、

(ずいぶんつうかいだろうねえ。くるくるまわって、)

ずいぶん痛快だろうねえ。くるくるまわって、

(それからどたっとたおれるだろうねえ。」)

それからどたっと倒れるだろうねえ。」

(それはだいぶのやまおくでした。あんないしてきたせんもんのてっぽううちも、)

それはだいぶの山奥でした。案内してきた専門の鉄砲打ちも、

(ちょっとまごついて、どこかへいってしまったくらいのやまおくでした。)

ちょっとまごついて、どこかへ行ってしまったくらいの山奥でした。

(それに、あんまりやまがものすごいので、そのしろくまのようないぬが、)

それに、あんまり山が物凄いので、その白熊のような犬が、

(にひきいっしょにめまいをおこして、しばらくうなって、)

二疋いっしょにめまいを起こして、しばらく吠(うな)って、

(それからあわをはいてしんでしまいました。)

それから泡を吐いて死んでしまいました。

(「じつにぼくは、にせんよんひゃくえんのそんがいだ」とひとりのしんしが、)

「じつにぼくは、二千四百円の損害だ」と一人の紳士が、

(そのいぬのまぶたを、ちょっとかえしてみていいました。)

その犬の目(ま)ぶたを、ちょっとかえしてみて言いました。

(「ぼくはにせんはっぴゃくえんのそんがいだ。」)

「ぼくは二千八百円の損害だ。」

(と、もひとりが、くやしそうに、あたまをまげていいました。)

と、もひとりが、くやしそうに、あたまをまげて言いました。

(はじめのしんしは、すこしかおいろをわるくして、)

はじめの紳士は、すこし顔いろを悪くして、

(じっと、もひとりのしんしの、かおつきをみながらいいました。)

じっと、もひとりの紳士の、顔つきを見ながら云いました。

など

(「ぼくはもうもどろうとおもう。」)

「ぼくはもう戻ろうとおもう。」

(「さあ、ぼくもちょうどさむくはなったしはらはすいてきたしもどろうとおもう。」)

「さあ、ぼくもちょうど寒くはなったし腹は空いてきたし戻ろうとおもう。」

(「そいじゃ、これできりあげよう。なあにもどりに、きのうのやどやで、)

「そいじゃ、これで切りあげよう。なあに戻りに、昨日の宿屋で、

(やまどりをじゅうえんもかってかえればいい。」)

山鳥を拾(じゅう)円も買って帰ればいい。」

(「うさぎもでていたねえ。そうすればけっきょくおんなじこった。)

「兎もでていたねえ。そうすれば結局おんなじこった。

(ではかえろうじゃないか。」)

では帰ろうじゃないか。」

(ところがどうもこまったことは、どっちへいけばもどれるのか、)

ところがどうも困ったことは、どっちへ行けば戻れるのか、

(いっこうにけんとうがつかなくなっていました。)

いっこうに見当がつかなくなっていました。

(かぜがどうとふいてきて、くさはざわざわ、このははかさかさ、)

風がどうと吹いてきて、草はざわざわ、木の葉はかさかさ、

(きはごとんごとんとなりました。)

木はごとんごとんと鳴りました。

(「どうもはらがすいた。さっきからよこっぱらがいたくてたまらないんだ。」)

「どうも腹が空いた。さっきから横っ腹が痛くてたまらないんだ。」

(「ぼくもそうだ。もうあんまりあるきたくないな。」)

「ぼくもそうだ。もうあんまりあるきたくないな。」

(「あるきたくないよ。ああこまったなあ、なにかたべたいなあ。」)

「あるきたくないよ。ああ困ったなあ、何か食べたいなあ。」

(「たべたいもんだなあ。」)

「食べたいもんだなあ。」

(ふたりのしんしは、ざわざわなるすすきのなかで、こんなことをいいました。)

二人の紳士は、ざわざわ鳴るすすきの中で、こんなことを云いました。

(そのときふとうしろをみますと、りっぱないっけんのせいようづくりのいえがありました。)

その時ふとうしろを見ますと、立派な一軒の西洋造りの家がありました。

(そしてげんかんには)

そして玄関には

(restaurant せいようりょうりてん wildcat house やまねこけん)

RESTAURANT 西洋料理店 WILDCAT HOUSE 山猫軒

(というふだがでていました。)

という札がでていました。

(「きみ、ちょうどいい。ここはこれでなかなかひらけてるんだ。はいろうじゃないか」)

「君、ちょうどいい。ここはこれでなかなか開けてるんだ。入ろうじゃないか」

(「おや、こんなとこにおかしいね。しかしとにかくなにかしょくじができるんだろう」)

「おや、こんなとこにおかしいね。しかしとにかく何か食事ができるんだろう」

(「もちろんできるさ。かんばんにそうかいてあるじゃないか」)

「もちろんできるさ。看板にそう書いてあるじゃないか」

(「はいろうじゃないか。ぼくはもうなにかたべたくてたおれそうなんだ。」)

「入ろうじゃないか。ぼくはもう何か食べたくて倒れそうなんだ。」

(ふたりはげんかんにたちました。)

二人は玄関に立ちました。

(げんかんはしろいせとのれんがでくんで、じつにりっぱなもんです。)

玄関は白い瀬戸の煉瓦(れんが)で組んで、実に立派なもんです。

(そしてがらすのひらきどがたって、そこにきんもじでこうかいてありました。)

そして硝子の開き戸がたって、そこに金文字でこう書いてありました。

(「どなたもどうかおはいりください。けっしてごえんりょはありません」)

「どなたもどうかお入りください。決してご遠慮はありません」

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

もりつしんのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード