百鬼夜行

投稿者バンバンプレイ回数000
楽曲情報 百鬼夜行  志方 あきこ  作詞志方 あきこ  作曲志方 あきこ
難易度(2.8) 1165打 歌詞 かな 長文モード可タグ志方あきこ をかし 百鬼夜行
志方あきこ 「百鬼夜行」の歌詞タイピングです
志方あきこ、和風コンセプトアルバム『をかし』より
※このタイピングは「百鬼夜行」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ちょいとこみみにはさむうわさはまがまがしや)

ちょいと 小耳に挟むうわさは 禍々しや

(てんかおうらいうしみつどきにあやしのうたげはじまる)

天下往来 丑三つ刻に あやしの宴 始まる

(あんどんあぶらをねこまたなめて)

あんどん油を 猫又なめて

(きつねびたちがゆぅらり)

狐火たちが ゆぅらり

(ろくろくびにみこしにつくもがみそろえば)

ろくろ首に 見越しに つくも神 揃えば

(だいもしょうもながいもおどれうたえあそべ)

大も小も長いも 踊れ 歌え 遊べ

(ひゃっきやこうよるをかけては)

百鬼夜行 夜を駆けては

(つみもばつもみなくらってくらってゆけ)

罪も罰も みな 喰らって喰らってゆけ

(へんげじざいむかしもいまもしんじつはばんじ)

変化自在 昔も今も 真実は万事

(やみのなかやぶのなかはらのなか)

闇の中 藪の中 腹の中

(あれまぁかしましこすずめたちそうぞうしや)

あれまぁ かしまし小雀たち 騒々しや

(にしもひがしもごてんのなかもとりものさがしでおおにぎわい)

西も東も 御殿の中も 捕り者探しで 大賑わい

(ひつけのしょうたいてんかふらりびか)

火付けの正体 鼬か ふらり火か

(はかをあばくはかしゃかもうりょうか)

墓を暴くは 火車か 魍魎か

(いのちよわるはいわみのくすりか)

命弱るは 石見の薬か

(ものやみかおんりょうかうらめしや)

物病みか 怨霊か うらめしや

(ひゃっきやこうみやこにすくう)

百鬼夜行 都に巣食う

(うらみつらみみなわらってわらってゆけ)

怨みつらみ みな 哂って哂ってゆけ

(ざんげむようひとのこころはだれもはらえまい)

懺悔無用 人の心は 誰も祓えまい

(くらやみをのぞくやつぁあなふたつ)

暗闇を 覗く奴ぁ 穴二つ

(こりにまけじとむじなもばかしや)

狐狸に負けじと 狢も化かし屋

(ひまむしにゅうどうのうなしものぐさ)

火間虫入道 能なしものぐさ

(からかさなりがまかめおさそろいて)

唐傘 鳴釜 瓶長 揃いて

(おどりゃんせならしゃんせ)

踊りゃんせ 鳴らしゃんせ

(くだんのよげんはひゃっぱつひゃくちゅう)

件の予言は 百発百中

(うぶめはねこそぎあかごをうばいて)

姑獲鳥は 根こそぎ 赤子を奪いて

(ぬえにいつまであんやをなきなき)

鵺に 以津真天 暗夜を 啼き啼き

(てのめどどめきまなこをごろごろ)

手の目 百々目鬼 まなこを ごろごろ

(わいらおとろししょうけらひょうすべ)

わいら おとろし しょうけら ひょうすべ

(いかさまたくらみさとりがみすかし)

いかさま企み 覚が見透かし

(てんかにしらしめきょうてんどうち)

天下に知らしめ 驚天動地

(りんきのじゃしんがじゃたいとなりはて)

悋気の邪心が 蛇帯と成り果て

(あなやにくしやくびりゃんせ)

あなや憎しや 縊りゃんせ

(ひゃっきやこうよるをかけては)

百鬼夜行 夜を駆けては

(つみもばつもみなくらってくらってゆけ)

罪も罰も みな 喰らって喰らってゆけ

(へんげじざいむかしもいまもしんじつはばんじ)

変化自在 昔も今も 真実は万事

(やみのなかやぶのなかはらのなか)

闇の中 藪の中 腹の中

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。