楠山正雄「ジャックと豆の木」4/8

スポンサーリンク
投稿者邪王真眼 プレイ回数201 順位9068位
難易度(4.5) 1924打 長文 タグ長文 国語 小説
ひらがな多め 長いです

関連タイピング

米津玄師/Lemon

米津玄師/Lemon

米津玄師のLemonです

プレイ回数253548
歌詞かな1119打
五十音タイピング

五十音タイピング

五十音を打ち終わる時間で勝負!あなたは何秒!?

プレイ回数1639228
短文かな137打
タイピングが向上しない人のためのタイピング

タイピングが向上しない人のためのタイピング

タイピングをいくら練習しても上手にならないスランプな人へ

プレイ回数258335
長文826打
長文タイピングならコレ!

長文タイピングならコレ!

長文を鍛えたい人にはうってつけのタイピングです

プレイ回数7113
1067打
第113回 日本語ワープロ検定試験 4級

第113回 日本語ワープロ検定試験 4級

時間無制限です

プレイ回数19943
長文989打
四文字熟語タイピング

四文字熟語タイピング

よく使われる四文字熟語をピックアップしてみました

プレイ回数117894
かな60秒

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(やがて、おひさまがにしにしずむころ、じゃっくは、なるほどおしろのように)

やがて、お日さまが西にしずむころ、ジャックは、なるほどお城のように

(おおきないえのまえにきました。まず、とんとんともんをたたくと、なかから、)

大きな家の前に来ました。まず、とんとんと門をたたくと、なかから、

(めのひとつしかない、おにのおかみさんがでてきました。きみのわるいかおに)

目のひとつしかない、鬼のお上さんが出て来ました。きみのわるい顔に

(にあわず、おにのおかみさんは、じゃっくのひもじそうなようすをみて、)

似合わず、鬼のお上さんは、ジャックのひもじそうなようすをみて、

(かわいそうにおもいました。それで、さもこまったようにくびをふって、)

かわいそうにおもいました。それで、さもこまったように首をふって、

(「いけない、いけない。きのどくだけれど、とめてあげることはできないよ。)

「いけない、いけない。きのどくだけれど、とめてあげることはできないよ。

(ここは、ひとくいおにのうちだから、みつかると、ばんのごはんのかわりに、)

ここは、人くい鬼のうちだから、みつかると、晩のごはんのかわりに、

(すぐたべられてしまうからね。」といいました。「どうか、おばさん、)

すぐたべられてしまうからね。」といいました。「どうか、おばさん、

(しれないようにしてとめてくださいよ。ぼく、もうくたびれて、ひとあしも)

知れないようにしてとめてくださいよ。ぼく、もうくたびれて、ひと足も

(あるけないんです。」と、たのむように、じゃっくはいいました。)

あるけないんです。」と、たのむように、ジャックはいいました。

(「しかたのないこだね。じゃあこんやだけとめてあげるから、あさになったら、)

「しかたのない子だね。じゃあ今夜だけとめてあげるから、朝になったら、

(すぐおかえりよ。」こういっているさいちゅう、にわかにずしん、ずしん、)

すぐおかえりよ。」こういっているさいちゅう、にわかにずしん、ずしん、

(じひびきするほどおおきなあしおとがきこえてきました。それはしゅじんのひとくいおにが、)

地ひびきするほど大きな足音がきこえて来ました。それは主人の人くい鬼が、

(もう、そとからかえってきたのです。おにのおかみさんは、おおあわてにあわてて、)

もう、そとからかえって来たのです。鬼のお上さんは、大あわてにあわてて、

(じゃっくを、だんろのなかにかくしてしまいました。おには、へやのなかにはいると、)

ジャックを、だんろの中にかくしてしまいました。鬼は、へやの中にはいると、

(いきなり、ふうとはなをならしながら、だれだってびっくりしてふるえあがる)

いきなり、ふうと鼻をならしながら、だれだってびっくりしてふるえ上がる

(ようなおおごえで、「ふん、ふん、ふん、いぎりすじんのかおりがするぞ。)

ような大ごえで、「フン、フン、フン、イギリス人の香りがするぞ。

(いきていようがしんでようが、ほねごとひいてぱんにしょぞ。」と、いいました。)

生きていようが死んでようが、骨ごとひいてパンにしょぞ。」と、いいました。

(すると、おかみさんが、「いいえ、それはあなたが、つかまえて、つちのろうに)

すると、お上さんが、「いいえ、それはあなたが、つかまえて、土の牢に

(いれてあるひとたちの、においでしょう。」といいました。けれどおにのおおおとこは、)

入れてあるひとたちの、においでしょう。」といいました。けれど鬼の大男は、

など

(まだきょろきょろそこらをみまわして、はなをくんくんやっていました。)

まだきょろきょろそこらを見まわして、鼻をくんくんやっていました。

(でも、どうしても、じゃっくをみつけることができませんでした。)

でも、どうしても、ジャックをみつけることができませんでした。

(とうとうあきらめて、おには、いすのうえにこしをおろしました。そしてがつがつ、)

とうとうあきらめて、鬼は、椅子の上に腰をおろしました。そしてがつがつ、

(がぶがぶ、たべたりのんだりしはじめました。そっとじゃっくがのぞいて)

がぶがぶ、たべたりのんだりしはじめました。そっとジャックがのぞいて

(みていますと、それはあとからあとから、いつおしまいになるかとおもうほど)

みていますと、それはあとからあとから、いつおしまいになるかとおもうほど

(かっこむので、じゃっくは、めばかりまるくしていました。さて、たらふく)

かっこむので、ジャックは、目ばかりまるくしていました。さて、たらふく

(たべてのんだあげく、おかみさんに、「おい、にわとりをつれてこい。」)

たべてのんだあげく、お上さんに、「おい、にわとりをつれてこい。」

(といいつけました。それは、ふしぎなめんどりでした。てーぶるのうえにのせて、)

といいつけました。それは、ふしぎなめんどりでした。テーブルの上にのせて、

(おにが、「うめ。」といいますと、すぐきんのたまごをひとつうみました。)

鬼が、「生め。」といいますと、すぐ金のたまごをひとつ生みました。

(おにがまた、「うめ。」といいますと、またひとつ、きんのたまごをうみました。)

鬼がまた、「生め。」といいますと、またひとつ、金のたまごを生みました。

(「やあ、ずいぶん、とくなにわとりだな。おとうさんのおたからというのは、)

「やあ、ずいぶん、とくなにわとりだな。おとうさんのおたからというのは、

(きっとこれにちがいない。」と、したからそっとながめながら、じゃっくは)

きっとこれにちがいない。」と、下からそっとながめながら、ジャックは

(そうおもいました。)

そうおもいました。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

邪王真眼のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード