楠山正雄「ジャックと豆の木」5/8

スポンサーリンク
投稿者邪王真眼 プレイ回数176 順位9068位
難易度(4.5) 2067打 長文 タグ長文 国語 小説
ひらがな多め 長いです

関連タイピング

米津玄師/Lemon

米津玄師/Lemon

米津玄師のLemonです

プレイ回数253529
歌詞かな1119打
五十音タイピング

五十音タイピング

五十音を打ち終わる時間で勝負!あなたは何秒!?

プレイ回数1639224
短文かな137打
タイピングが向上しない人のためのタイピング

タイピングが向上しない人のためのタイピング

タイピングをいくら練習しても上手にならないスランプな人へ

プレイ回数258331
長文826打
長文タイピングならコレ!

長文タイピングならコレ!

長文を鍛えたい人にはうってつけのタイピングです

プレイ回数7112
1067打
第113回 日本語ワープロ検定試験 4級

第113回 日本語ワープロ検定試験 4級

時間無制限です

プレイ回数19941
長文989打
四文字熟語タイピング

四文字熟語タイピング

よく使われる四文字熟語をピックアップしてみました

プレイ回数117894
かな60秒

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(おにはおもしろがって、あとからあとから、いくつもいくつも、きんのたまごを)

鬼はおもしろがって、あとからあとから、いくつもいくつも、金のたまごを

(うましているうち、おなかがはってねむたくなったとみえて、ぐすぐすと)

生ましているうち、おなかがはってねむたくなったとみえて、ぐすぐすと

(かべのうごくほどすごいおおいびきをたてながら、ぐっすりねこんでしまいました。)

壁のうごくほどすごい大いびきを立てながら、ぐっすりねこんでしまいました。

(じゃっくは、おにのすっかりねむったのをみすまして、ちょうどおにのおかみさんが、)

ジャックは、鬼のすっかりねむったのを見すまして、ちょうど鬼のお上さんが、

(だいどころへいっているのをさいわい、そっとだんろのなかからぬけだしました。)

台所へ行っているのをさいわい、そっとだんろの中からぬけだしました。

(そして、てーぶるのうえのめんどりを、ちょろりこわきにかかえて、すたこら)

そして、テーブルの上のめんどりを、ちょろり小わきにかかえて、すたこら

(おしろをでていきました。それから、どんどん、どんどん、かけだしていって、)

お城を出て行きました。それから、どんどん、どんどん、かけだして行って、

(まめのきのはしごのかかっているところまでくると、するするとつたわっておりて、)

豆の木のはしごのかかっている所までくると、するするとつたわっておりて、

(うちへかえりました。じゃっくのおかあさんは、むすこが、おにかまじょにでも)

うちへかえりました。ジャックのおかあさんは、むすこが、鬼か魔女にでも

(とられたのではないかとしんぱいしていますと、ぶじでひょっこりかえってきたので)

とられたのではないかと心配していますと、ぶじでひょっこりかえって来たので

(とてもおおさわぎしてよろこびました。それからは、じゃっくのもってかえった、)

とても大さわぎしてよろこびました。それからは、ジャックのもってかえった、

(きんのたまごをうむにわとりのおかげで、おやこはおかねもちにもなりましたし、)

金のたまごを生むにわとりのおかげで、親子はお金もちにもなりましたし、

(しあわせにもなりました。しばらくすると、じゃっくはまた、もういちど)

しあわせにもなりました。しばらくすると、ジャックはまた、もういちど

(そらのうえのおしろにいってみたくなりました。そこで、こんどは、すっかりさきと)

空の上のお城に行ってみたくなりました。そこで、こんどは、すっかり先と

(ちがったふうをして、あるひ、まめのきのはしごを、またするするとのぼって)

ちがったふうをして、ある日、豆の木のはしごを、またするするとのぼって

(いきました。おにのおしろにいって、もんをたたくと、おにのおかみさんがでてきました。)

行きました。鬼のお城に行って、門をたたくと、鬼のお上さんが出てきました。

(じゃっくが、またかなしそうに、とめてもらいたいといって、たのみますと、)

ジャックが、またかなしそうに、とめてもらいたいといって、たのみますと、

(おかみさんは、まさかじゃっくとはきがつかないようでしたが、それでもてを)

お上さんは、まさかジャックとは気がつかないようでしたが、それでも手を

(ふって、「いけない、いけない。このまえも、おまえとおなじようなびんぼうたらしい)

ふって、「いけない、いけない。この前も、お前とおなじような貧乏たらしい

(こどもをとめて、しゅじんのだいじなにわとりを、ちょっくらもっていかれた。)

こどもをとめて、主人のだいじなにわとりを、ちょっくらもって行かれた。

など

(それからはまいばん、そのことをいいだして、わたしが、しかられどおし、)

それからは毎晩、そのことをいいだして、わたしが、しかられどおし、

(しかられているじゃないか。またもあんなひどいめにあうのはこりごりだよ。」)

しかられているじゃないか。またもあんなひどいめにあうのはこりごりだよ。」

(といいました。それでも、じゃっくは、しつこくたのんで、とうとうなかへ)

といいました。それでも、ジャックは、しつこくたのんで、とうとう中へ

(いれてもらいました。するうち、おおおとこがかえってきて、また、そこらをくんくん)

入れてもらいました。するうち、大男がかえって来て、また、そこらをくんくん

(かいでまわりましたが、じゃっくは、あかがねのはこのなかにかくれているので、)

かいでまわりましたが、ジャックは、あかがねの箱の中にかくれているので、

(どうしてもみつかりませんでした。おおおとこは、このまえとおなじように、)

どうしてもみつかりませんでした。 大男は、この前とおなじように、

(ばんのしょくじをたらふくやったあとで、こんどは、きんのたまごをうむにわとりの)

晩の食事をたらふくやったあとで、こんどは、金のたまごをうむにわとりの

(かわりに、きんやぎんのおたからのたくさんつまったふくろをださせて、それをざあっと)

代りに、金や銀のおたからのたくさんつまった袋を出させて、それをざあっと

(てーぶるのうえにあけて、いちまいいちまいかぞえてみて、それから、おはじきでもして)

テーブルの上にあけて、一枚一枚かぞえてみて、それから、おはじきでもして

(あそぶように、それをちゃらちゃらいわせて、さんざんあそんでいましたが、)

あそぶように、それをチャラチャラいわせて、さんざんあそんでいましたが、

(ひととおりたのしむと、またふくろのなかにしまって、ひもをかたくしめました。)

ひととおりたのしむと、また袋の中にしまって、ひもをかたくしめました。

(そして、てんじょうにひびくほどのおおあくび、ひとつして、それなりぐうぐう、)

そして、天井にひびくほどの大あくび、ひとつして、それなりぐうぐう、

(おおいびきでねてしまいました。)

大いびきでねてしまいました。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

邪王真眼のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード