楠山正雄「ジャックと豆の木」7/8

スポンサーリンク
投稿者邪王真眼 プレイ回数153 順位9068位
難易度(4.5) 1630打 長文 タグ長文 国語 小説
ひらがな多め 長いです

関連タイピング

米津玄師/Lemon

米津玄師/Lemon

米津玄師のLemonです

プレイ回数253617
歌詞かな1119打
五十音タイピング

五十音タイピング

五十音を打ち終わる時間で勝負!あなたは何秒!?

プレイ回数1639296
短文かな137打
タイピングが向上しない人のためのタイピング

タイピングが向上しない人のためのタイピング

タイピングをいくら練習しても上手にならないスランプな人へ

プレイ回数258362
長文826打
長文タイピングならコレ!

長文タイピングならコレ!

長文を鍛えたい人にはうってつけのタイピングです

プレイ回数7122
1067打
第113回 日本語ワープロ検定試験 4級

第113回 日本語ワープロ検定試験 4級

時間無制限です

プレイ回数19949
長文989打
四文字熟語タイピング

四文字熟語タイピング

よく使われる四文字熟語をピックアップしてみました

プレイ回数117896
かな60秒

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(さて、ばんめしがすむと、おおおとこはおかみさんに、「にわとりはとられる、きんのふくろ、)

さて、晩飯がすむと、大男はお上さんに、「にわとりはとられる、金の袋、

(ぎんのふくろはぬすまれる、しかたがない、こんやははーぷでもならすかな。」)

銀の袋はぬすまれる、しかたがない、今夜はハープでもならすかな。」

(といいました。じゃっくが、そっとおかまのふたをあけてのぞいてみますと、)

といいました。ジャックが、そっとお釜のふたをあけてのぞいてみますと、

(たまでかざった、みごとなはーぷのたてごとがめにはいりました。おにのおおおとこは、)

玉でかざった、みごとなハープのたて琴が目にはいりました。鬼の大男は、

(はーぷをてーぶるのうえにのせて、「なりだせ。」といいました。すると、)

ハープをテーブルの上にのせて、「なりだせ。」といいました。すると、

(はーぷは、ひとりでになりだしました。しかもそのおとのうつくしいことと)

ハープは、ひとりでになりだしました。しかもその音のうつくしいことと

(いったら、どんながっきだって、とてもこれだけのおとにはひびかないほど)

いったら、どんな楽器だって、とてもこれだけの音にはひびかないほど

(でしたから、じゃっくは、きんのたまごのにわとりよりも、きんとぎんとの)

でしたから、ジャックは、金のたまごのにわとりよりも、金と銀との

(いっぱいつまったふくろよりも、もっともっと、このはーぷがほしくなりました。)

いっぱいつまった袋よりも、もっともっと、このハープがほしくなりました。

(するうち、はーぷのおんがくを、たのしいこもりうたにして、さすがのおにが、)

するうち、ハープの音楽を、たのしい子守うたにして、さすがの鬼が、

(いいこころもちにねむってしまいました。じゃっくは、しめたとおもって、)

いい心もちにねむってしまいました。ジャックは、しめたとおもって、

(そっとおかまのなかからぬけだすと、すばやくはーぷをかかえてにげだしました。)

そっとお釜の中からぬけだすと、すばやくハープをかかえてにげだしました。

(ところが、あいにく、このはーぷには、まほうがしかけてあって、とたんに、)

ところが、あいにく、このハープには、魔法がしかけてあって、とたんに、

(おおきなこえで、「おきろよ、だんなさん、おきろよ、だんなさん。」と、)

大きな声で、「おきろよ、だんなさん、おきろよ、だんなさん。」と、

(どなりました。これで、おおおとこもめをさましました。むうんとたちあがってみると)

どなりました。これで、大男も目をさましました。むうんと立ち上がってみると

(ちっぽけなこぞうが、おおきなはーぷを、やっこらさとかかえて、にげていくのが)

ちっぽけな小僧が、大きなハープを、やっこらさとかかえて、にげて行くのが

(みえました。「まてこぞう、きさま、にわとりをぬすんで、きんのふくろ、ぎんのふくろを)

みえました。「待て小僧、きさま、にわとりをぬすんで、金の袋、銀の袋を

(ぬすんで、こんどははーぷまでぬすむのかあ。」と、おおおとこはわめきながら、)

ぬすんで、こんどはハープまでぬすむのかあ。」と、大男はわめきながら、

(あとをおっかけました。「つかまるならつかまえてみろ。」)

あとを追っかけました。「つかまるならつかまえてみろ。」

(じゃっくは、まけずにどなりながら、それでもいっしょうけんめいかけました。)

ジャックは、まけずにどなりながら、それでもいっしょうけんめいかけました。

など

(おおおとこも、おさけによったあしをふみしめふみしめ、よたよたはしりました。)

大男も、お酒によった足をふみしめふみしめ、よたよたはしりました。

(そのあいだ、はーぷは、たえず、からんからん、なりつづけました。)

そのあいだ、ハープは、たえず、からんからん、なりつづけました。

(やっとこさと、まめのきのはしごのところまでくると、じゃっくは、はーぷにむかって)

やっとこさと、豆の木のはしごの所までくると、ジャックは、ハープにむかって

(「もうやめろ。」といいますと、それなりはーぷはだまりました。じゃっくは、)

「もうやめろ。」といいますと、それなりハープはだまりました。ジャックは、

(はーぷをかかえて、まめのきのはしごをおりはじめました。はるかめのしたに、)

ハープをかかえて、豆の木のはしごをおりはじめました。はるか目の下に、

(おかあさんが、こやのまえにたって、なきはらしためで、そらをみつめていました。)

おかあさんが、こやの前に立って、泣きはらした目で、空をみつめていました。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

邪王真眼のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード