百年の孤独/GARNET CROW

投稿者NO NAMEプレイ回数196
楽曲情報 百年の孤独  GARNET CROW  作詞AZUKI 七  作曲中村 由利
難易度(2.5) 768打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 GARNET CROW 中村由利 AZUKI七 北斗の拳
GARNET CROWの「百年の孤独」です。
2008年発売の28枚目のシングル表題曲です。
※このタイピングは「百年の孤独」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(とおくまちのむこうたいようはおちて)

遠く街の向こう 太陽は落ちて

(よいまちのほしあらわれる)

宵待ちの星現れる

(そらはきのうまでとまるでおなじなのに)

空は昨日までと まるで同じなのに

(ほろびゆくのはこのこころか)

滅び行くのは この心か

(つきさすようないたみも)

突き刺すような傷みも

(そこのみえないくらやみも)

底の見えない暗闇も

(たしかにかんじられるのに)

確かに感じられるのに

(あいだけはゆれまどう)

愛だけは揺れ惑う

(ひゃくねんのこどくにおとされしものよ)

百年の孤独に堕とされし者よ

(かなしみをいだくときあいはつよくなるでしょう)

哀しみを抱く時 愛は強くなるでしょう

(いまもいくせんのいのちがなきながらうまれる)

今も幾千の生命が泣きながら生まれる

(そのひとみにひかりを)

その瞳に光を

(やすらぎもとめてひびはまだ)

安らぎ求めて 日々はまだ

(あらそうことさけられぬ)

争うこと避けられぬ

(ぜつぼうといかりのなかで)

絶望と怒りの中で

(たたかうのは)

戦うのは

(やがておとずれるむりょくさか)

やがて訪れる無力さか

(たいせつなだれかをなくしたくないおもいのなかで)

大切な誰かを無くしたくない思いの中で

(あいはよくにかわり)

愛は欲に変わり

(ゆがんでさまようよう)

歪んで さまようよう

(ひゃくねんのこどくにいきてゆくものよ)

百年の孤独に生きてゆく者よ

(ただしさはときのなかで)

正義は時代の中で

(かたちをかえるものね)

形を変えるものね

(ながいかなしみのやみよにけがされぬように)

長い悲しみの闇夜に汚されぬように

(ほしよまだてらして)

星よ まだ照らして

(ひゃくねんのこどくにおとされしものよ)

百年の孤独に堕とされし者よ

(かなしみをいだくときあいはつよくなるでしょう)

哀しみを抱く時 愛は強くなるでしょう

(いまもいくせんのいのちがなきながらうまれる)

今も幾千の生命が泣きながら生まれる

(そのひとみにひかりを)

その瞳に光を