中央フリーウェイ/松任谷由実

投稿者花っち♪プレイ回数1964お気に入り1
楽曲情報 中央フリー・ウェイ  TATIANA  作詞荒井 由実  作曲荒井 由実
難易度(4.4) 597打 歌詞 長文モード可タグ松任谷由実 荒井由実 ユーミン 70年代 昭和
松任谷の代表曲である1976年リリースの4th アルバム『14番目の月』収録曲『中央 フリーウェイ』。ちなみに中央フリーウェイとは中央道のことだ。詞の内容は1974年当時の中央道を調布から八王子方面に向かう情景を書いているんだ。
※このタイピングは「中央フリー・ウェイ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 pon 5979 A+ 6.2 96.2% 96.0 597 23 12 2022/01/21
2 ねこと茶碗蒸し 4760 B 4.9 96.1% 121.2 601 24 12 2021/12/18

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ちゅうおうふりーうぇいちょうふきちをおいこしやまにむかっていけば)

中央フリーウェイ 調布基地を追い越し山に向かっていけば

(たそがれがふろんと・ぐらすをそめてひろがる)

黄昏がフロント・グラスを染めて広がる

(ちゅうおうふりーうぇいかたてでもつはんどるかたてでかたをだいて)

中央フリーウェイ 片手で持つハンドル 片手で肩を抱いて

(あいしてるっていってもきこえないかぜがつよくて)

愛してるって言っても聞こえない 風が強くて

(まちのひがやがてまたたきだすふたりしてりゅうせいになったみたい)

町の灯がやがてまたたきだす 二人して流星になったみたい

(ちゅうおうふりーうぇいみぎにみえるけいばじょうひだりはびーるこうじょう)

中央フリーウェイ 右に見える競馬場 左はビール工場

(このみちはまるでかっそうろよぞらにつづく)

この道はまるで滑走路 夜空に続く

(ちゅうおうふりーうぇいはじめてあったころはまいにちどらいぶしたのに)

中央フリーウェイ 初めて会った頃は毎日ドライブしたのに

(このごろはちょっとつめたいねおくりもせずに)

このごろはちょっと冷たいね 送りもせずに

(まちのひがやがてまたたきだすふたりしてりゅうせいになったみたい)

町の灯がやがてまたたきだす 二人して流星になったみたい

(ちゅうおうふりーうぇいみぎにみえるけいばじょうひだりはびーるこうじょう)

中央フリーウェイ 右に見える競馬場 左はビール工場

(このみちはまるでかっそうろよぞらにつづくよぞらにつづくよぞらにつづく)

この道はまるで滑走路 夜空に続く 夜空に続く 夜空に続く

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

花っち♪のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971