米津玄師「Lemon」

投稿者桜丘プレイ回数278
楽曲情報 LEMON  米津 玄師  作詞米津 玄師  作曲米津 玄師
難易度(2.6) 1109打 歌詞 かな 長文モード可タグ外国人留学生 桜丘 日本の歌
今の日本で一番有名な曲です
※このタイピングは「LEMON」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ゆめならばどれほどよかったでしょう)

夢ならばどれほどよかったでしょう

(いまだにあなたのことをゆめにみる)

未だにあなたのことを夢にみる

(わすれたものをとりにかえるように)

忘れた物を取りに帰るように

(ふるびたおもいでのほこりをはらう)

古びた思い出の埃を払う

(もどらないしあわせがあることを)

戻らない幸せがあることを

(さいごにあなたがおしえてくれた)

最後にあなたが教えてくれた

(いえずにかくしてたくらいかこも)

言えずに隠してた昏い過去も

(あなたがいなきゃえいえんにくらいまま)

あなたがいなきゃ永遠に昏いまま

(きっともうこれいじょうきずつくことなど)

きっともうこれ以上傷つくことなど

(ありはしないとわかっている)

ありはしないとわかっている

(あのひのかなしみさえあのひのくるしみさえ)

あの日の悲しみさえあの日の苦しみさえ

(そのすべてをあいしてたあなたとともに)

そのすべてを愛してたあなたとともに

(むねにのこりはなれないにがいれもんのにおい)

胸に残り離れない苦いレモンの匂い

(あめがふりやむまではかえれない)

雨が降り止むまでは帰れない

(いまでもあなたはわたしのひかり)

今でもあなたはわたしの光

(くらやみであなたのせをなぞった)

暗闇であなたの背をなぞった

(そのりんかくをせんめいにおぼえている)

その輪郭を鮮明に覚えている

(うけとめきれないものとであうたび)

受け止めきれないものと出会うたび

(あふれてやまないのはなみだだけ)

溢れてやまないのは涙だけ

(なにをしていたのなにをみていたの)

何をしていたの何を見ていたの

(わたしのしらないよこがおで)

わたしの知らない横顔で

(どこかであなたがいまわたしとおなじような)

どこかであなたが今わたしと同じ様な

(なみだにくれさびしさのなかにいるなら)

涙にくれ淋しさの中にいるなら

(わたしのことなどどうかわすれてください)

わたしのことなどどうか忘れてください

(そんなことをこころからねがうほどに)

そんなことを心から願うほどに

(いまでもあなたはわたしのひかり)

今でもあなたはわたしの光

(じぶんがおもうより)

自分が思うより

(こいをしていたあなたに)

恋をしていたあなたに

(あれからおもうように)

あれから思うように

(いきができない)

息ができない

(あんなにそばにいたのに)

あんなに側にいたのに

(まるでうそみたい)

まるで嘘みたい

(とてもわすれられない)

とても忘れられない

(それだけがたしか)

それだけが確か

(あのひのかなしみさえあのひのくるしみさえ)

あの日の悲しみさえあの日の苦しみさえ

(そのすべてをあいしてたあなたとともに)

そのすべてを愛してたあなたとともに

(むねにのこりはなれないにがいれもんのにおい)

胸に残り離れない苦いレモンの匂い

(あめがふりやむまではかえれない)

雨が降り止むまでは帰れない

(きりわけたかじつのかたほうのように)

切り分けた果実の片方の様に

(いまでもあなたはわたしのひかり)

今でもあなたはわたしの光