【分割】バイオ:アイバーン ~豊緑の神秘~ 3

投稿者terenaプレイ回数112
難易度(4.4) 1055打 長文 長文モード可タグリーグ・オブ・レジェンド League of Legends LOL ゲーム アイバーン
チャンピオンユニバース アイバーン バイオ3
世界的大人気ゲーム「League Of Legends」(リーグ・オブ・レジェンド)のユニバースより
チャンピオンのバイオ:アイバーン ドリル3です。
非常に長い為分割して作成しております。
文章タイピングのためカッコや点、句読点は省略しておりませんが、「-」などは記入できないため削除させていただいております。ご了承ください。
ルビや問題文に不備がございましたらコメントおよび報告をよろしくお願い致します。

ドリル2 →https://typing.twi1.me/game/91336
ドリル4 →https://typing.twi1.me/game/91528

公式サイト→https://universe.leagueoflegends.com/ja_JP/story/champion/ivern/

※Riot社のポリシー、マイタイピングの利用規約にしたがって投稿しております。

関連タイピング

  • バナナ

    バナナ

    banana

    プレイ回数1938728
    短文18打
  • い連打大会

    い連打大会

    いいいいいいいいいいいいいいいいいい

    プレイ回数1193175
    連打30秒
  • 木

    木です

    プレイ回数337386
    短文5打
  • マインクラフトのモンスター

    マインクラフトのモンスター

    マイクラのタイピングやってみたかったから作りました

    プレイ回数161658
    短文かな158打
  • ポケモンの名前deタイピング

    ポケモンの名前deタイピング

    ポケモンの名前でタイピングゲーム

    プレイ回数608012
    短文800打
  • ん連打大会

    ん連打大会

    んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんん

    プレイ回数4856
    連打30秒

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(つぎにおこったことは、さらにきみょうだった。)

次に起こったことは、さらに奇妙だった。

(かれのりょうてはにぎったせんぷ、)

彼の両手は握った戦斧、

(そしてかみやなぎのかたいじゅひとゆうごうし、ひとつとなったのだ。)

そしてカミヤナギの堅い樹皮と融合し、一つとなったのだ。

(てあしはぐんぐんとのび、ごつごつとふしくれ、)

手足はぐんぐんと伸び、ゴツゴツと節くれ、

(ざらざらとしたてざわりになった。)

ざらざらとした手触りになった。

(ぜんしんがへんようしていくあいだ、)

全身が変容していく間、

(かれはなすすべもなくたちすくんでいた。)

彼はなすすべもなく立ちすくんでいた。

(ほんのすうしゅんのうちに、かれのからだはたかさ3めーとるにまでなり、)

ほんの数瞬のうちに、彼の体は高さ3メートルにまでなり、

(しんでいったなかまのしたいのやまをみおろしていた。)

死んでいった仲間の死体の山を見下ろしていた。

(もはやじぶんのしんぞうのこどうはかんじられなかったが、)

もはや自分の心臓の鼓動は感じられなかったが、

(かくせいしたいしきがそこにあった。)

覚醒した意識がそこにあった。

(じぶんのなかからこえがひびいた。「みよ」)

自分の中から声が響いた。「見よ」

(ほんのすうびょうとかんじられるじかんのなかで、)

ほんの数秒と感じられる時間の中で、

(なかまたちのしたいはいろとりどりのきのことむらがるむしにおおわれ、くさっていった。)

仲間たちの死体は色とりどりのキノコと群がる虫に覆われ、腐っていった。

(そのにくはふにくぐいのとりやおおかみのかてとなり、)

その肉は腐肉食いの鳥やオオカミの糧となり、

(ほねはぶんかいされてつちをこやし、)

骨は分解されて土を肥やし、

(そこにはせいふくしゃたちがむさぼったくだもののたねがめぶき、)

そこには征服者たちが貪った果物の種が芽吹き、

(やがてそのかじつをたわわにみのらせるきぎへとそだっていった。)

やがてその果実をたわわに実らせる木々へと育っていった。

(おかがもりあがり、またならされていくさまは、)

丘が盛り上がり、またならされていく様は、

(おだやかにこきゅうをするだれかのむねのようにみえた。)

穏やかに呼吸をする誰かの胸のように見えた。

など

(まるでいろあざやかなしんぞうのこどうのように、)

まるで色鮮やかな心臓の鼓動のように、

(はやかべんはこくこくといろをかえた。)

葉や花弁は刻々と色を変えた。

(かれのまわりにつみあげられたかずおおくのしから、)

彼の周りに積み上げられた数多くの死から、

(しんじられないほどおおくのせいめいがみゃくどうするさまを、)

信じられないほど多くの生命が脈動する様を、

(かれはまのあたりにした。)

彼は目の当たりにした。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

terenaのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード