投稿者Kanata Miyuプレイ回数3091
楽曲情報 鱗  秦 基博  作詞秦 基博  作曲秦 基博
難易度(3.2) 914打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 歌詞打 秦基博
秦基博さんの"鱗"です
※このタイピングは「鱗」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(すこしのびたまえがみをかきあげたそのさきにみえた)

少し伸びた前髪を かき上げた その先に見えた

(みどりがかったきみのめにうつりこんだぼくはさかな)

緑がかった君の瞳に 映り込んだ 僕は魚

(いろんないいわけできかざってしかたないとわらっていた)

いろんな言い訳で 着飾って 仕方ないと笑っていた

(きずつくよりはまだそのほうがいいようにおもえて)

傷付くよりは まだ その方がいいように思えて

(なつのかぜがきみをどこかとおくへとうばっていく)

夏の風が 君をどこか 遠くへと 奪っていく

(いいだせずにいたおもいをねぇとどけなくちゃ)

言い出せずにいた想いを ねぇ 届けなくちゃ

(きみをうしないたくないんだ)

君を失いたくないんだ

(きみにいまあいたいんだよあいにいくよ)

君に今 会いたいんだよ 会いに行くよ

(たとえどんないたみがほらおしよせても)

たとえ どんな痛みが ほら 押し寄せても

(うろこのようにみにまとったものはすてて)

鱗のように 身にまとったものは捨てて

(およいでいけきみのもとへきみのもとへそれでいいはずなんだ)

泳いでいけ 君のもとへ 君のもとへ それでいいはずなんだ

(きせつのかわりめはあいまいできづいたらすぐすぎさってしまうよ)

季節の変わり目は 曖昧で 気づいたら すぐ過ぎ去ってしまうよ

(まだなにひとつもきみにつたえきれてないのに)

まだ何ひとつも 君に伝えきれてないのに

(なつのかぜにきみをよぶかわいたこえけされぬように)

夏の風に 君を呼ぶ 渇いた声 消されぬように

(あふれそうなこのおもいをもうちぎれそうなくらい)

あふれそうな この想いを もう ちぎれそうなくらい

(さけんでみるんだ)

叫んでみるんだ

(きみにいまつたえたくてうたっているよ)

君に今 伝えたくて 歌っているよ

(たとえどんなあしたがほらまっていても)

たとえ どんな明日が ほら 待っていても

(うろこのようにみにまとったものはすてて)

鱗のように 身にまとったものは捨てて

(およいでいけきみのもとへきみのもとへそれでいいはずなんだ)

泳いでいけ 君のもとへ 君のもとへ それでいいはずなんだ

(きみにいまあいたいんだあいにいくよ)

君に今 会いたいんだ 会いに行くよ

(たとえどんないたみがほらおしよせても)

たとえ どんな痛みが ほら 押し寄せても

(うろこのようにみにまとったものはすてて)

鱗のように 身にまとったものは捨てて

(およいでいけきみのもとへきみのもとへそれでいいはずなんだ)

泳いでいけ 君のもとへ 君のもとへ それでいいはずなんだ

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!