バリーゾールの子供は一人っ子

投稿者yuka プレイ回数8
楽曲情報 バリーゾールの子供は一人っ子  mothy_悪ノP feat. 鏡音リン・鏡音レン  作詞mothy  作曲mothy
難易度(3.4) 60秒 歌詞
※このタイピングは「バリーゾールの子供は一人っ子」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

ポジティブ・パレード

ポジティブ・パレード

DECO*27 feat.初音ミク

プレイ回数66
歌詞60秒
幻想ピアニスト

幻想ピアニスト

ひとしずく×やま△ feat.鏡音レン

プレイ回数67
歌詞1524打
レンアイゲーム

レンアイゲーム

ひとしずく×やま△ feat.鏡音レン

プレイ回数55
歌詞1457打
亡国のネメシス

亡国のネメシス

ひとしずく×やま△ feat.鏡音リンレン

プレイ回数42
歌詞かな1216打
キミペディア

キミペディア

Junky feat.鏡音リン・レン

プレイ回数49
歌詞60秒
少女人形の見た夢

少女人形の見た夢

ひとしずく×やま△ feat.鏡音リンレン

プレイ回数50
歌詞1205打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ばりーぞーるのむすこはひとりっこ)

バリーゾールの息子は一人っ子

(ゆうふくなかていのあととりで)

裕福な家庭の跡取りで

(だれもがうらやむびしょうねん)

誰もが羨む美少年

(だけどかれにはもんだいがあった)

だけど彼には問題があった

(にんぎょうあそびがだいすきで)

人形遊びが大好きで

(おんなのこのふくばかりをきる)

女の子の服ばかりを着る

(ははのへやからどうぐをぬすみ)

母の部屋から道具を盗み

(こっそりけしょうをしたりもする)

こっそり化粧をしたりもする

(まわりのだれしもがそんなかれをとおざけた)

周りの誰しもがそんな彼を遠ざけた

(だからかれはいつだってひとりぼっち)

だから彼はいつだってひとりぼっち

(ばりーぞーるのむすめはひとりっこ)

バリーゾールの娘は一人っ子

(せんねんにいちどのてんさいじ)

千年に一度の天才児

(ろくさいでだいがくにはいり)

六歳で大学に入り

(ひとのこころについてけんきゅうする)

人の心について研究する

(とまらないはんざいやせんそう)

止まらない犯罪や戦争

(ひとはどうしてにくしみあうか)

人はどうして憎しみ合うか

(それがすこしでもわかればと)

それが少しでも分かればと

(かのじょはけんきゅうをつづけてた)

彼女は研究を続けてた

(そしてかのじょはきづいた)

そして彼女は気づいた

(とまらぬ「あくい」のげんいんを)

止まらぬ『悪意』の原因を

(「それはこのせかいにはない」としってしまった)

『それはこの世界にはない』と知ってしまった

(ばりーぞーるのむすこはひとりっこ)

バリーゾールの息子は一人っ子

(かれにもついにこいびとができた)

彼にもついに恋人ができた

(つとめにきたおないどしのめいど)

勤めに来た同い年のメイド

(まるでにんぎょうのようにかわいい)

まるで人形のように可愛い

(「きみのふくをきさせてほしい」)

「君の服を着させてほしい」

(あるひかれはかのじょにたのんだ)

ある日彼は彼女に頼んだ

(かのじょはひどくうろたえながら)

彼女はひどくうろたえながら

(「きもちわるい」それだけこたえた)

「気持ち悪い」それだけ答えた

(ばりーぞーるのむすめはひとりっこ)

バリーゾールの娘は一人っ子

(かのじょも「あくい」におかされはじめた)

彼女も『悪意』に侵され始めた

(なぜかとまらぬさつじんしょうどう)

なぜか止まらぬ殺人衝動

(かのじょはどうりょうにそうだんした)

彼女は同僚に相談した

(へいこうせかいのけんきゅうしゃ)

並行世界の研究者

(おとこはかのじょにこうこたえた)

男は彼女にこう答えた

(「「もうひとりのじぶん」をけせば)

「『もう一人の自分』を消せば

(きみの「あくい」もけせるかもしれない」)

君の『悪意』も消せるかもしれない」

(とびらのそとからはどなりごえ)

扉の外からは怒鳴り声

(かれはへやのすみでおびえてた)

彼は部屋の隅で怯えてた

(しつないにころがったにんぎょう)

室内に転がった人形

(てあしはばらばらであたたかい)

手足はバラバラで温かい

(かれのめにはみえていた)

彼の目には見えていた

(かがみのなかのべつせかい)

鏡の中の別世界

(じぶんにそっくりなおんながてをさしのべた)

自分にそっくりな女が手を差し伸べた

(せかいが「あくい」にのまれたとき)

世界が『悪意』にのまれたとき

(はこぶねはうちゅうへとびだした)

箱舟は宇宙へ飛び出した

(ななじゅうににんののりくみいん)

七十二人の乗組員

(そこにはふたごもいたという)

そこには双子もいたという

(「じぶんじしん」をころすちょくぜん)

『自分自身』を殺す直前

(かのじょはしんじつにきがついた)

彼女は真実に気が付いた

(これはあのおとこがしくんだ)

これはあの男が仕組んだ

(たくみなわなであるということを)

巧みな罠であるということを

(わたしがこのてをくだすとき)

私がこの手を下すとき

(それこそが「あくい」へのいりぐち)

それこそが『悪意』への入り口

(おちたわたしのかわりにやつが)

堕ちた私の代わりにやつが

(はこぶねにのるつもりだったのだろう)

箱舟に乗るつもりだったのだろう

(ばりーぞーるのこどもはひとりっこ)

バリーゾールの子供は一人っ子

(だけどいまはもうふたりっこ)

だけど今はもう二人っ子

(ひとのこころにくわしいあねと)

人の心に詳しい姉と

(ひとのからだにくわしいおとうと)

人の身体に詳しい弟

(はこぶねはくろいうみをすすむ)

箱舟は黒い海を進む

(あらたならくえんをめざして)

新たな楽園を目指して

(ふたりのけんきゅうはいつのひか)

二人の研究はいつの日か

(あらたなじんるいをつくるだろう)

新たな人類を創るだろう

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※ランキング登録した名前で投稿されます。