透明ララバイ

投稿者akaneプレイ回数00
楽曲情報 透明ララバイ  羽多野 渉  作詞ひとしずく  作曲やま△
難易度(2.8) 799打 歌詞 かな 長文モード可タグツキウタ ツキプロ 文月海
よろしくお願いします。
文月海の曲です
※このタイピングは「透明ララバイ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(くらいうみにしずんでいく)

暗い海に沈んでいく

(いろをうしなったおもいでのかけら)

色を失った 想い出の欠片

(めをこらすほどいろあせていく)

目を凝らすほど 色褪せていく

(とうめいなせかいにぼくだけがのこった)

透明な世界に 僕だけが残った

(こどくなゆめのなかであばれだす)

孤独な夢の中で 暴れ出す

(かなしみでふさがれたきずあと)

哀しみで塞がれた傷跡

(もがきながらふるえながら)

もがきながら 震えながら

(のばしたてをだれかがにぎった)

伸ばした手を 誰かが握った

(とうめいなせかいにふりそそぐ)

透明な世界に降り注ぐ

(きみというひかりがまぶしすぎて)

君という光が 眩しすぎて

(なきたいそうおもったからだごと)

泣きたい そう思った体ごと

(あたたかなそのてにつつまれていく)

温かなその手に 包まれていく

(ふかいうみのそこまでしずんでいく)

深い海の底まで 沈んでいく

(いろどりをうしなったこころを)

彩りを失った心を

(ただよりそっていたわるように)

ただ寄り添って労るように

(みさきのひがしずかにてらす)

岬の灯が 静かに照らす

(とうめいなこころにともされた)

透明な心に灯された

(きみというひかりがやさしすぎて)

君という光が 優しすぎて

(なきたいしょうどうをまたこらえたら)

泣きたい衝動をまた堪えたら

(きみがわらっていった)

君が笑って言った

(ないても、いいんだよ)

泣いても、いいんだよ

(だいじょうぶ きみは、ひとりじゃない)

大丈夫 君は、独りじゃない

(つむがれたことばがむねをついて)

紡がれた言葉が 胸を突いて

(なかないそうおもってかたくした)

泣かない そう思って固くした

(まぶたにそっとおちるきみのなみだ)

瞼にそっと落ちる 君の涙

(とうめいなしずくがふりそそぎ)

透明な雫が降り注ぎ

(つよがりなこころがとかれていく)

強がりな心が 解かれていく

(やがてなきつかれてねむるまで)

やがて泣き疲れて眠るまで

(つないだぬくもりをはなさないで)

繋いだ温もりを離さないで

(やさしいゆめのなかへきみとおよいでいこう)

優しい夢の中へ 君と泳いでいこう

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。