魯迅 狂人日記⑦《終》

投稿者cojicojiプレイ回数144
難易度(4.5) 577打 長文 長文モード推奨タグ小説 長文 文豪
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 HAKU 7646 7.8 97.4% 73.5 577 15 10 2020/10/14
2 subaru 7217 7.5 96.1% 76.2 573 23 10 2020/09/25
3 nao 7217 7.5 96.3% 76.9 577 22 10 2020/09/26
4 おちり 6279 S 6.7 94.0% 84.4 566 36 10 2020/10/07
5 chacha 6145 A++ 6.3 96.8% 93.4 593 19 10 2020/09/28

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(じゅうに そうぞうすることもできない。)

十二 想像することも出来ない。

(よんせんねんらい、ときどきひとをくうちほうがいまようやくわかった。)

四千年来、時々人を食う地方が今ようやくわかった。

(ながねんそのなかにまじっていたのだ。)

永年その中に交っていたのだ。

(あにきがかせいのきりもりしていたときにちょうどいもうとがしんだ。)

アニキが家政のキリモリしていた時にちょうど妹が死んだ。

(かれはそっとおかずのなかにまぜて、わたしどもにくわせたことがないともかぎらん。)

彼はそっとお菜の中に交ぜて、わたしどもに食わせた事がないとも限らん。

(わたしはしらぬままになにほどかいもうとのにくをくわないことがないともかぎらん。)

わたしは知らぬままに何ほどか妹の肉を食わない事がないとも限らん。

(げんざいいよいよおれのばんがきたんだ・・・よんせんねんかん、ひとくいのれきしがあるとは、)

現在いよいよ乃公の番が来たんだ・・・四千年間、人食いの歴史があるとは、

(はじめわたしはしらなかったが、いまわかった。しんのにんげんはみいだしがたい。)

初めわたしは知らなかったが、今わかった。真の人間は見出し難い。

(じゅうさん ひとをくわずにいるこどもは、あるいはあるかもしれない。)

十三 人を食わずにいる子供は、あるいはあるかもしれない。

(すくえよすくえ。こども・・・(せんきゅうひゃくじゅうはちねんしがつ))

救えよ救え。子供・・・(一九一八年四月)

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

cojicojiのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード