花言葉長文全文

投稿者あきらりプレイ回数000
難易度(4.5) 3967打 長文 長文モードのみタグE-typing 花言葉長文 花言葉 クッチャクチャ
E-typingの11月のお題、花言葉長文を全部まとめたヤツ。
全部網羅出来てないかもしれないので、都度追加していきたいと思っています。
お題の文章がたくさんあるので、全部でトンデモな文字数になってますが、結局E-typingで「R」連打でチャレンジし続けるんだったらコッチのほうが速いです。
苦手な文章が見つかったらそれを個別に練習しよっかなって感じ。「ピンク」とか苦手。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 さくまつつ 7148 7.4 96.5% 535.2 3966 140 60 2020/12/08
2 あきらり 5182 B+ 5.8 90.2% 675.2 3921 422 60 2020/11/29
3 おみくん 5108 B+ 6.0 86.6% 656.6 3966 612 60 2020/12/13
4 ポン酢 4741 C++ 4.9 95.2% 788.0 3932 196 60 2020/12/11

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(はなことばのきげんはとるこというせつがゆうりょくです。とるこにはあいするひとにはなにおもいを)

花言葉の起源はトルコという説が有力です。トルコには愛する人に花に思いを

(たくしておくるせらむとよばれるふうしゅうがありました。うけとったあいてもおなじように)

託して贈るセラムと呼ばれる風習がありました。受け取った相手も同じように

(はなをおくってへんじをするのです。このせらむがよーろっぱにつたわりはなことばのもとに)

花を贈って返事をするのです。このセラムがヨーロッパに伝わり花言葉の元に

(なったといわれています。はなことばがせかいじゅうへひろがっていくうちに、そのくに)

なったといわれています。花言葉が世界中へ広がっていくうちに、その国

(どくじのふうしゅうやれきし、しんわなどがとりいれられ、おなじはなにいろいろなはなことばが)

独自の風習や歴史、神話などが取り入れられ、同じ花にいろいろな花言葉が

(ついかされていきました。)

追加されていきました。

(なつのたいようがよくにあうひまわり。たいようがうごくほうこうにはながまわることからなづけ)

夏の太陽がよく似合うヒマワリ。太陽が動く方向に花が回ることから名付け

(られました。はなことばもこれにちなみ、あなただけをみている、です。ほかにも)

られました。花言葉もこれにちなみ、あなただけを見ている、です。他にも

(あこがれ、あいぼ、じょうねつなどがあります。せいようでは、いつわりのとみ、にせきんかというはなことば)

憧れ、愛慕、情熱などがあります。西洋では、偽りの富、偽金貨という花言葉

(もあります。ひまわりがたいようのほうをむくのはせいちょうほるもんのおーきしんのさよう)

もあります。ヒマワリが太陽の方を向くのは成長ホルモンのオーキシンの作用

(で、つぼみのじきにおこるげんしょうです。かいかするとくきのせいちょうがとまりたいようのあとを)

で、つぼみの時期におこる現象です。開花すると茎の成長が止まり太陽の後を

(おうことはなくなります。)

追うことはなくなります。

(ははのひのはなといえばかーねーしょん。あめりかであるじょせいがははのついとうしきで、)

母の日の花といえばカーネーション。アメリカである女性が母の追悼式で、

(ははがすきだったかーねーしょんをそなえたのがはじまりだといわれています。あかい)

母が好きだったカーネーションを供えたのが始まりだと言われています。赤い

(かーねーしょんのはなことばはははへのあい、ぴんくはかんしゃでははのひのおくりものに)

カーネーションの花言葉は母への愛、ピンクは感謝で母の日の贈り物に

(ぴったりです。きいろはけいべつ、こいあかはよくぼうなどねがてぃぶなはなことばも)

ぴったりです。黄色は軽蔑、濃い赤は欲望などネガティブな花言葉も

(あります。しろいかーねーしょんのはなことばはそんけいですが、なきははへそなえるしゅうかんが)

あります。白いカーネーションの花言葉は尊敬ですが、亡き母へ供える習慣が

(あるので、ははのひにおくるのはさけたほうがよいでしょう。)

あるので、母の日に贈るのは避けたほうがよいでしょう。

(ばらにはあおいしきそがなく、しぜんかいにあおいばらはそんざいしませんでした。)

バラには青い色素がなく、自然界に青いバラは存在しませんでした。

(あおいばらをつくることはせかいじゅうのばらいくしゅかのながねんのゆめでした。ひんしゅかいりょうで)

青いバラを作ることは世界中のバラ育種家の長年の夢でした。品種改良で

など

(あかいしきそをへらしあおにちかいばらはつくられるようになりましたが、あおいしきそは)

赤い色素を減らし青に近いバラは作られるようになりましたが、青い色素は

(ふくまれていませんでした。そんなあおいばらのはなことばはふかのう。しかしいでんし)

含まれていませんでした。そんな青いバラの花言葉は不可能。しかし遺伝子

(くみかえぎじゅつによってあおいしきそをもつばらがかいはつされ、このばらにはゆめかなう)

組み換え技術によって青い色素を持つバラが開発され、このバラには夢かなう

(というはなことばがつけられました。)

という花言葉がつけられました。

(あかるくげんきないめーじがあるきいろいはなですが、きいろいばらのしっと、きいろいきくの)

明るく元気なイメージがある黄色い花ですが、黄色いバラの嫉妬、黄色い菊の

(やぶれたこいなどねがてぃぶなはなことばをもつはながおおくみられます。これはせいようでは)

破れた恋などネガティブな花言葉をもつ花が多く見られます。これは西洋では

(きいろはうらぎりやだらくのいめーじがあるためで、いえす・きりすとをうらぎった)

黄色は裏切りや堕落のイメージがあるためで、イエス・キリストを裏切った

(ゆだのふくがきいろだったことにゆらいするといわれています。きいろいはなでも)

ユダの服が黄色だった事に由来すると言われています。黄色い花でも

(ふりーじあのむじゃきやがーべらのきゅうきょくのあい、なのはなのゆたかさなどぽじてぃぶ)

フリージアの無邪気やガーベラの究極の愛、菜の花の豊かさなどポジティブ

(なはなことばをもつものもあります。)

な花言葉を持つものもあります。

(はるにあざやかなはなをさかせるちゅーりっぷ。はなことばははくあい、おもいやりです。)

春に鮮やかな花を咲かせるチューリップ。花言葉は博愛、思いやりです。

(いろべつでは、あかはしんじつのあい、ぴんくはせいじつなあい、むらさきはふめつのあい、おれんじは)

色別では、赤は真実の愛、ピンクは誠実な愛、紫は不滅の愛、オレンジは

(てれや、とれんあいにかんすることばがおおくあります。またきいろのみのらぬこい、しろの)

照れ屋、と恋愛に関する言葉が多くあります。また黄色の実らぬ恋、白の

(うしなわれたあい、くろのわたしをわすれてください、などしつれんにかんするはなことばも)

失われた愛、黒のわたしを忘れてください、など失恋に関する花言葉も

(あります。ちゅーりっぷにはれんあいにまつわるでんせつがいくつもあり、はなことばも)

あります。チューリップには恋愛にまつわる伝説がいくつもあり、花言葉も

(れんあいにちなんだものがおおくなっています。)

恋愛にちなんだものが多くなっています。

(ばらはふるくからあいやびのしょうちょうとしてせかいじゅうであいされてきました。あのぜっせいの)

バラは古くから愛や美の象徴として世界中で愛されてきました。あの絶世の

(びじょくれおぱとらもこよなくばらをあいしたといわれています。ばらはたいせつなひと)

美女クレオパトラもこよなくバラを愛したといわれています。バラは大切な人

(におくるはなとしてにんきがあり、こくはくやぷろぽーずにもよくつかわれています。)

に贈る花として人気があり、告白やプロポーズにもよく使われています。

(ばらのぜんぱんてきなはなことばはあい、びですが、いろやしゅるい、ほんすう、さきかたや)

バラの全般的な花言葉は愛、美ですが、色や種類、本数、咲き方や

(くみあわせかた、せんどやじょうたい、とげやは、えだなどのぶぶんにいたるまでじつに)

組み合わせ方、鮮度や状態、トゲや葉、枝などの部分にいたるまで実に

(たくさんのはなことばがあります。)

たくさんの花言葉があります。

(あめにぬれしっとりさくあじさいのはな。はなことばのうつりぎ、うわきはさきはじめから)

雨に濡れしっとり咲くあじさいの花。花言葉の移り気、浮気は咲き始めから

(しだいにはなのいろがかわることからつけられました。あおはにんたいづよいあい、しろはかんよう、)

次第に花の色が変わることからつけられました。青は忍耐強い愛、白は寛容、

(ぴんくはげんきなじょせいというはなことばもあります。ちいさなはながあつまっているところ)

ピンクは元気な女性という花言葉もあります。小さな花が集まっているところ

(からかぞくだんらん、だんけつというはなことばもうまれました。あじさいのはなのように)

から家族団らん、団結という花言葉も生まれました。あじさいの花のように

(みえるぶぶんはがくで、そうしょくかとよばれるものです。ほんとうのはなはかなりちいさく、)

見える部分はガクで、装飾花とよばれるものです。本当の花はかなり小さく、

(ほしのようなかたちをしています。)

星のような形をしています。

(しょかにうつくしくさくかきつばたのはなことばは、しあわせはかならずくる、です。こいびとを)

初夏に美しく咲くカキツバタの花言葉は、幸せは必ず来る、です。恋人を

(じっとまつようすをよんだまんようしゅうのうたからつけられました。いずれあやめか)

じっと待つ様子を詠んだ万葉集の歌からつけられました。いずれアヤメか

(かきつばた、ということばもあるように、かきつばたによくにているのがあやめ)

カキツバタ、という言葉もあるように、カキツバタによく似ているのがアヤメ

(とはなしょうぶです。みわけかたのぽいんととなるのははなびらのねもとのもよう)

とハナショウブです。見分け方のポイントとなるのは花びらの根本の模様

(です。あみめもようがあるのがあやめで、しろいすじがあるのがかきつばたです。)

です。網目模様があるのがアヤメで、白い筋があるのがカキツバタです。

(はなしょうぶにはきいろいもようがあります。)

ハナショウブには黄色い模様があります。

(はなことばはやさいやくだものにもつけられています。きゅうりはしゃれ、とまとはかんしゃ、)

花言葉は野菜や果物にもつけられています。きゅうりは洒落、トマトは感謝、

(にんじんはおさないゆめ、いちごはこうふくなかてい、れもんはじょうねつです。いもるいは)

ニンジンは幼い夢、イチゴは幸福な家庭、レモンは情熱です。芋類は

(さつまいもがおとめのじゅんじょう、さといもはあいのきらめき、じゃがいもはじあいで、なぜか)

サツマイモが乙女の純情、里芋は愛のきらめき、ジャガイモは慈愛で、なぜか

(あいにかんすることばがならんでいます。すいかのはなことばはどっしりしている、)

愛に関する言葉が並んでいます。スイカの花言葉はどっしりしている、

(かさばったものです。たしかにそのとおりなのですが、はなことばとしては)

かさばったものです。確かにその通りなのですが、花言葉としては

(いかがなものかとおもいます。)

いかがなものかと思います。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

あきらりのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード