卒業

投稿者miki プレイ回数4382
楽曲情報 卒業  尾崎 豊  作詞尾崎 豊  作曲尾崎 豊
難易度(2.0) 1734打 歌詞 かな タグ尾崎豊 卒業 歌詞 懐メロ
尾崎豊 卒業
※このタイピングは「卒業」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位名前スコア称号打鍵/秒正誤率時間(秒)打鍵数ミス問題日付
1 マネージャー 6523 S+ 6.8 95.8% 251.4 1714 74 87 2019/12/30
2 novo 5101 B+ 5.2 97.1% 329.7 1732 50 87 2020/02/05
3 雅打座鮠 4901 B 5.1 94.6% 333.6 1733 98 87 2020/02/21
4 ハニ 4120 C 4.3 94.0% 401.9 1767 111 87 2020/02/15
5 hiro 3764 D++ 3.9 96.3% 442.8 1733 66 87 2019/12/26

関連タイピング

異邦人 久保田早紀

異邦人 久保田早紀

プレイ回数11768
歌詞かな552打
TOMORROW 岡本真夜

TOMORROW 岡本真夜

最後のサビ繰り返し部分、省いております。

プレイ回数8590
歌詞かな670打
時の過ぎゆくままに/沢田研二

時の過ぎゆくままに/沢田研二

プレイ回数1233
歌詞かな564打
駅

アラフォー必見! 切ないラブソングをタイピングで。。。

プレイ回数2514
歌詞かな653打
サムライ

サムライ

沢田研二さんの曲です

プレイ回数282
歌詞かな695打
僕が僕であるために

僕が僕であるために

尾崎豊

プレイ回数822
歌詞かな912打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(こうしゃのかげしばふのうえ)

校舎の影 芝生の上

(すいこまれるそら)

すいこまれる空

(まぼろしとりあるなきもちかんじていた)

幻とリアルな気持ち感じていた

(ちゃいむがなり)

チャイムが鳴り

(きょうしつのいつものせきにすわり)

教室のいつもの席に座り

(なににしたがい)

何に従い

(したがうべきかかんがえていた)

従うべきか考えていた

(ざわめくこころ)

ざわめく心

(いまおれにあるもの)

今 俺にあるもの

(いみなくおもえてとまどっていた)

意味なく思えてとまどっていた

(ほうかごまちふらつき)

放課後 街ふらつき

(おれたちはかぜのなか)

俺達は風の中

(こどくひとみにうかべ)

孤独 瞳にうかべ

(さびしくあるいた)

寂しく歩いた

(わらいごえとためいきのほうわしたみせで)

笑い声とため息の飽和した店で

(ぴんぼーるのはいすこあー)

ピンボールのハイスコアー

(きそいあった)

競いあった

(たいくつなこころ)

退屈な心

(しげきさえあれば)

刺激さえあれば

(なんでもおおげさにしゃべりつづけた)

何でも大げさにしゃべり続けた

(ぎょうぎよくまじめなんて)

行儀よくまじめなんて

(できやしなかった)

出来やしなかった

(よるのこうしゃ)

夜の校舎

(まどがらすこわしてまわった)

窓ガラス壊してまわった

(さからいつづけ)

逆らい続け

(あがきつづけた)

あがき続けた

(はやくじゆうになりたかった)

早く自由になりたかった

(しんじられぬおとなとのあらそいのなかで)

信じられぬ大人との争いの中で

(ゆるしあい)

許しあい

(いったいなに)

いったい何

(わかりあえただろう)

解りあえただろう

(うんざりしながら)

うんざりしながら

(それでもすごした)

それでも過ごした

(ひとつだけわかっていたこと)

ひとつだけ解っていたこと

(このしはいからの)

この支配からの

(そつぎょう)

卒業

(だれかのけんかのはなしに)

誰かの喧嘩の話に

(みんなあつくなり)

みんな熱くなり

(じぶんがどれだけつよいかしりたかった)

自分がどれだけ強いか知りたかった

(ちからだけがひつようだとかたくなにしんじて)

力だけが必要だと頑なに信じて

(したがうとはまけることといいきかした)

従うとは負けることと言いきかした

(ともだちにさえ)

友達にさえ

(つよがってみせた)

強がって見せた

(ときにはだれかをきずつけても)

時には誰かを傷つけても

(やがてだれもこいにおちて)

やがて誰も恋に落ちて

(あいのことばとりそうのあい)

愛の言葉と理想の愛

(それだけにこころうばわれた)

それだけに心奪われた

(いきるためにけいさんだかくなれというが)

生きる為に計算高くなれと言うが

(ひとをあいすまっすぐさをつよくしんじた)

人を愛すまっすぐさを強く信じた

(たいせつなのはなに)

大切なのは何

(あいすることといきるためにすることの)

愛することと生きる為にすることの

(くべつまよった)

区別迷った

(ぎょうぎよくまじめなんて)

行儀よくまじめなんて

(くそくらえとおもった)

クソくらえと思った

(よるのこうしゃ)

夜の校舎

(まどがらすこわしてまわった)

窓ガラス壊してまわった

(さからいつづけ)

逆らい続け

(あがきつづけた)

あがき続けた

(はやくじゆうになりたかった)

早く自由になりたかった

(しんじられぬおとなとのあらそいのなかで)

信じられぬ大人との争いの中で

(ゆるしあい)

許しあい

(いったなに)

いったい何

(わかりあえただろう)

解りあえただろう

(うんざりしながら)

うんざりしながら

(それでもすごした)

それでも過ごした

(ひとつだけわかっていたこと)

ひとつだけ解っていたこと

(このしはいからの)

この支配からの

(そつぎょう)

卒業

(そつぎょうしていったいなにわかるというのか)

卒業していったい何解ると言うのか

(おもいでのほかになにがのこるというのか)

思い出のほかに何が残るというのか

(ひとはだれも)

人は誰も

(しばられたかよわきこひつじならば)

縛られたかよわき子羊ならば

(せんせいあなたは)

先生あなたは

(かよわきおとなのだいべんしゃなのか)

かよわき大人の代弁者なのか

(おれたちのいかりどこへむかうべきなのか)

俺達の怒りどこへ向かうべきなのか

(これからは)

これからは

(なにがおれをしばりつけるだろう)

何が俺を縛りつけるだろう

(あとなんどじぶんじしん)

あと何度自分自身

(そつぎょうすれば)

卒業すれば

(ほんとうのじぶんにたどりつけるだろう)

本当の自分にたどりつけるだろう

(しくまれたじゆうに)

仕組まれた自由に

(だれもきづかずに)

誰も気付かずに

(あがいたひびもおわる)

あがいた日々も終わる

(このしはいからの)

この支配からの

(そつぎょう)

卒業

(たたかいからの)

闘いからの

(そつぎょう)

卒業

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。