孫氏兵法書 - 軍争編 ②

投稿者こたんプレイ回数000
難易度(4.5) 1400打 長文タグ歴史 日本史 世界史 戦争 四字熟語
孫武の兵法書
名文、名句で知られる十三篇からなる古代中国の兵法書

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ゆえにへいはさをもってたち、りをもってうごき、ぶんごうをもってへんをなすものなり。)

故に兵は詐を以って立ち、利を以って動き、分合を以って変を爲者也。

(ゆえにそのはやきことかぜのごとく、そのしずかなることはやしのごとく、)

故に其の疾きこと風の如く、其の徐かなること林の如く、

(しんりゃくすることひのごとく、うごかざることやまのごとく、)

侵掠すること火の如く、動かざること山の如く、

(しりかたきこといんのごとく、うごくことらいしんのごとし。)

知り難きこと陰の如く、動くこと雷震の如し。

(きょうをかすむるにはしゅうをわかち、ちをひろむるにはりをわかち、けんをかけてうごく。)

郷を掠むるには衆を分かち、地を廓むるには利を分かち、権を懸けて動く。

(うちょくのけいをせんちするものはかつ。これぐんそうのほうなり。)

迂直の計を先知する者は勝つ。此れ軍争之法也。

(ぐんせいにいわく、)

軍政に曰く、

(いうともあいきこえず、ゆえにきんこをつくる。しめすともあいみえず、ゆえにせいきをつくる。)

言うとも相聞えず、故に金鼓を為る。視すとも相見えず、故に旌旗を為る。

(それきんこ・せいきはひとのじもくをひとつにするゆえんなり。)

それ金鼓・旌旗は人の耳目を一にする所以也。

(ひとすでにせんいつなれば、すなわちゆうじゃもひとりすすむをえず、きょうじゃもひとりしりぞくをえず。)

人既に専一なれば、則ち勇者も一人進むを得ず、怯者も一人退くを得ず。

(これしゅうをもちうるのほうなり。)

此れ衆を用うる之法也。

(ゆえにやせんにかこおおく、ちゅうせんにせいきおおきは、ひとのじもくをかうるゆえんなり。)

故に夜戦に火鼓多く、昼戦ちに旌旗多きは、人之耳目を変うる所以也。

(ゆえにさんぐんにはきをうばうべく、しょうぐんにはこころをうばうべし。)

故に三軍には気を奪うべく、将軍には心を奪うべし。

(これゆえにあさのきはえい、ひるのきはだ、くれのきはき。)

是故に朝の気は鋭、昼の気は惰、暮の気は帰。

(ゆえによくへいをもちうるものは、そのえいきをさけてそのだきをうつ。)

故に善く兵を用うる者は、其の鋭気を避けて其の惰帰を撃つ。

(これきをおさむるものなり。)

此れ気を治むる者也。

(ちをもってらんをまち、せいをもってかをまつ。これこころをおさむるものなり。)

治を以って乱を待ち、静を以って譁を待つ。此れ心を治むる者也。

(ちかきをもってとおきをまち、いつをもってろうをまち、ほうをもってきをまつ。)

近きを以って遠きを待ち、佚を以って労を待ち、飽を以って饑を待つ。

(これちからをおさむるものなり。)

此れ力を治むる者也。

(せいせいのはたをむかうることなく、どうどうのじんをうつことなし。これへんをおさむるものなり。)

正々の旗を邀うること無く、堂々の陳を撃つこと無し。此れ変を治むる者也。

など

(ゆえにへいをもちうるのほうは、こうりょうにはむかうことなかれ、)

故に兵を用うるの法は、高陵には向かうこと勿れ、

(おかをせにするにはむかうことなかれ、いつわりにぐるにはしたがうことなかれ、)

丘を背にするには逆うこと勿れ、佯り北ぐるには従うこと勿れ、

(えいそつにはせむることなかれ、じへいにはくらうことなかれ、きしにはとどむることなかれ、)

鋭卒には攻むること勿れ、餌兵には食らうこと勿れ、帰師には遏むること勿れ、

(いしにかならずかき、きゅうこうにはせまることなかれ。これへいをもちうるのほうなり。)

囲師には必ず闕き、窮寇には追ること勿れ。此れ兵を用うるの法也。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

こたんのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード