雨ニモ負ケズ

投稿者TOMOSENSEIプレイ回数760
難易度(2.6) 615打タグ宮沢賢治 雨にも負けず
雨にも負けずの詩です。
宮沢賢治の雨にも負けずの詩です。

関連タイピング

  • 雨ニモマケズ

    雨ニモマケズ

    詩人・宮沢賢治作 「­雨ニモマケズ」。

    プレイ回数17780
    かな618打
  • 銀河鉄道の夜 10

    銀河鉄道の夜 10

    四、ケンタウル祭 (3/3)
    宮沢賢治 作

    プレイ回数1071
    長文1999打
  • 銀河鉄道の夜 16

    銀河鉄道の夜 16

    六、銀河ステーション (4/4)
    宮沢賢治 作

    プレイ回数921
    長文1146打
  • 銀河鉄道の夜 14

    銀河鉄道の夜 14

    六、銀河ステーション (2/4)
    宮沢賢治 作

    プレイ回数946
    長文1403打
  • 銀河鉄道の夜 13

    銀河鉄道の夜 13

    六、銀河ステーション (1/4)
    宮沢賢治 作

    プレイ回数973
    長文かな1454打
  • 銀河鉄道の夜 12

    銀河鉄道の夜 12

    五、天気輪の柱 (2/2)
    宮沢賢治 作 

    プレイ回数905
    長文かな943打

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あめにもまけず)

雨にも負けず

(かぜにもまけず)

風にも負けず

(ゆきにもなつのあつさにもまけず)

雪にも夏の暑さにも負けず

(じょうぶなからだをもち)

丈夫な体を持ち

(よくはなく)

欲はなく

(けしていからず)

決して怒らず

(いつもしずかにわらっている)

いつも静かに笑っている

(1にちにげんまい4ごうと)

1日に玄米4合と

(みそとすこしのやさいをたべ)

味噌と少しの野菜を食べ

(あらゆることを)

あらゆることを

(じぶんをかんじょうにいれずに)

自分を勘定に入れずに

(よくみききしわかり)

よく見聞きしわかり

(そうしてわすれず)

そうして忘れず

(のはらのまつのはやしのかげの)

野原の松の林の陰の

(ちいさなかやぶきのこやにいて)

小さなかやぶきの小屋にいて

(ひがしにびょうきのこどもあれば)

東に病気の子供あれば

(いってかんびょうしてやり)

行って看病してやり

(にしにつかれたははあれば)

西に疲れた母あれば

(いってそのいねのたばをおい)

行ってその稲の束を負い

(みなみにしにそうなひとあれば)

南に死にそうな人あれば

など

(いってこわがらなくていいといい)

行って怖がらなくていいといい

(きたにけんかやそしょうがあれば)

北にけんかやそしょうがあれば

(いってつまらないからやめろといい)

行ってつまらないからやめろといい

(ひでりのときはなみだをながし)

日照りの時は涙を流し

(さむさのなつはおろおろあるき)

寒さの夏はおろおろ歩き

(みんなにでくのぼうとよばれ)

みんなにでくのぼうと呼ばれ

(ほめられもせず)

褒められもせず

(くにもされず)

苦にもされず

(そういうものに)

そういうものに

(わたしはなりたい)

わたしはなりたい

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!