太陽/ケツメイシ

スポンサーリンク
投稿者ゆき プレイ回数454 順位5295位
楽曲情報 太陽  ケツメイシ  作詞大塚 亮二  作曲田中 亮
難易度(3.2) 2105打 歌詞 タグ歌詞 ケツメイシ
沖縄の海と太陽の下で、聴きたい曲!!!
※このタイピングは「太陽」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

わかれうた/中島みゆき

わかれうた/中島みゆき

切なく悲しい歌なのに、曲を聴くとかっこよくも感じるのが不思議。

プレイ回数2992
歌詞かな801打
友よ~この先もずっと

友よ~この先もずっと

ケツメイシ 友よ

プレイ回数350
歌詞かな1261打
さくら/ケツメイシ

さくら/ケツメイシ

春に聴きたい曲1位にもなった名曲!是非タイピングしてみてね♪

プレイ回数2589
歌詞かな1540打
バラード

バラード

英文は省略&カタカナにしてます。

プレイ回数125
歌詞かな1431打
仲間

仲間

ケツメイシの『仲間』のタイピングです(。-`ω-)

プレイ回数899
歌詞かな1767打
トモダチ/ケツメイシ

トモダチ/ケツメイシ

大切なトモダチに贈りたい名曲!

プレイ回数776
歌詞2559打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(たいようはずっとおれらをてらすoh)

太陽はずっと 俺らを 照らす Oh

(きみがつらいときもずっとそらのうえで)

君が 辛いときも ずっと 空の上で

(これからもたいようはもっとおれらをてらすoh)

これからも 太陽はもっと 俺らを照らす Oh

(たまのあめのひもはれわたるように)

たまの雨の日も 晴れわたるように

(たいようのこでいよう)

太陽の子でいよう

(たいようはきょうものぼるあおいそらへ)

太陽は今日も昇る青い空へ

(しろいくもはながれときにふるめぐみのあめ)

白い雲は流れ時に降る恵みの雨

(はれてはくもるくもりぞらにあめふる)

晴れては曇る 曇り空に雨降る

(つねにこれをくりかえすいままでも)

常にこれを繰り返す 今までも

(まうえをとぶとりのように)

真上を飛ぶ鳥のように

(にげてなりたいなじゆうに)

逃げてなりたいな自由に

(でもまけじとたえてつらさのりこえたとき)

でも負けじと耐えて辛さ乗り越えた時

(みたそらいつもよりもあおかった)

見た空 いつもよりも青かった

(たいようにてらされてつきはかがやく)

太陽に照らされて月は輝く

(そのひかるつきをみてなにおもう)

その光る月を見て何思う

(ひとはひのあたるところばかりえらびあるくと)

人は陽のあたる所ばかり選び歩くと

(いつかはそのかげがみえなくなる)

いつかはその影が見えなくなる

(つらいくらいながいよるがつづくが)

辛い暗い長い夜が続くが

(いまにすぐにこのよるはあける)

今にすぐにこの夜は明ける

(きょうはくらくおちこむひでも)

今日は暗く落ち込む日でも

(あすはひがしのそらへまたひがのぼる)

明日は東の空へまた陽が昇る

(たいようはずっとおれらをてらすoh)

太陽はずっと 俺らを 照らす Oh

(きみがつらいときもずっとそらのうえで)

君が 辛いときも ずっと 空の上で

(これからもたいようはもっとおれらをてらすoh)

これからも 太陽はもっと 俺らを照らす Oh

(たまのあめのひもはれわたるように)

たまの雨の日も 晴れわたるように

(たいようのこでいよう)

太陽の子でいよう

(たいようのましたからはしりだした)

太陽の真下から走り出した

(なんでおれはここにやってしまったことに)

何で俺は此処に やってしまったことに

(なやんでるときみあげればそこに)

悩んでるとき 見上げればそこに

(かわらずおれをてらしてくれる)

変わらず俺を 照らしてくれる

(たいようはきょうもまわる)

太陽は今日も回る

(そしておれらにものがたる)

そして俺らに物語る

(ただせなかをやさしくおしだすように)

ただ背中を優しく押し出すように

(おれのすすむべきみちのほうに)

俺の進むべき道の方に

(はれのないこないひはないというが)

晴れのない 来ない日はないというが

(きにしないでいきるひとはわりとゆうが)

気にしないで生きる人はわりと優雅

(なんでそんなにおれのことをみている?)

なんでそんなに 俺のことを見ている?

(なんでこんなにもおれのことをしってる?)

何でこんなにも 俺のことを知ってる?

(たからかなきもちきおいなくすすむ)

高らかな気持ち 気負いなく進む

(あらたなるみちはどこまでもつづく)

新たなる道は どこまでも続く

(しかしながらなだらかとおもわせるだろう)

しかしながら なだらかと思わせるだろう

(そんなひかりたいようを)

そんな 光 太陽を

(おれはあびてたいの)

俺は浴びてたいの

(このさきもともにまいろう)

この先も共にまいろう

(たいようはずっとおれらをてらすoh)

太陽はずっと 俺らを 照らす Oh

(きみがつらいときもずっとそらのうえで)

君が 辛いときも ずっと 空の上で

(これからもたいようはもっとおれらをてらすoh)

これからも 太陽はもっと 俺らを照らす Oh

(たまのあめのひもはれわたるように)

たまの雨の日も 晴れわたるように

(たいようのこでいようたいようがくれても)

太陽の子でいよう 太陽が暮れても

(たいようのこでいようたいようのこでいよう)

太陽の子でいよう 太陽の子でいよう

(かわらずやわらかくさすたいよう)

変わらずやわらかく射す太陽

(ふりそそぐひかりになにおもう)

降り注ぐ光に何思う

(かならずあたたかくまつたいよう)

必ず暖かく待つ太陽

(つきすすむみらいにかじをとる)

突き進む未来に舵を取る

(いまがあってかこがあってきみになって)

今があって 過去があって 君になって

(いつしかゆめをもってときがたっていやになっても)

いつしか夢を持って 時がたって イヤになっても

(でもわらっていこうつらくなっても)

でも笑って行こう 辛くなっても

(せいこうをみまもるたいようをせに)

成功を見守る太陽を背に

(あめふりのひはたいようをむねに)

雨降りの日は太陽を胸に

(けっかをおそれずたいようのせいに)

結果を恐れず太陽のせいに

(すればいいきみはたいようのこ)

すればいい 君は太陽の子

(くもりのひもあめのひもおなじそらのした)

曇りの日も 雨の日も 同じ空の下

(いつのひかきょうかあしたまたはれるひをまつ)

いつの日か 今日か明日また晴れる 日を待つ

(くもりのひもあめのひもあのくものうえ)

曇りの日も 雨の日も あの雲の上

(たいようはみえなくてもぼくらをみまもる)

太陽は 見えなくても 僕らを見守る

(たいようはずっとおれらをてらすoh)

太陽はずっと 俺らを 照らす Oh

(きみがつらいときもずっとそらのうえで)

君が 辛いときも ずっと 空の上で

(これからもたいようはもっとおれらをてらすoh)

これからも 太陽はもっと 俺らを照らす Oh

(たまのあめのひもはれわたるように)

たまの雨の日も 晴れわたるように

(たいようのこでいようたいようがくれても)

太陽の子でいよう 太陽が暮れても

(たいようのこでいようたいようのこでいよう)

太陽の子でいよう 太陽の子でいよう

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

ゆきのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾第9014141001Y38026