嵐が去るまで/ケツメイシ

投稿者ゆきプレイ回数236
楽曲情報 嵐が去るまで  ケツメイシ  作詞河野 健太  作曲田中 亮
難易度(3.0) 1798打 歌詞 長文モード可タグ歌詞 ケツメイシ
納得、感動、前向きになれるケツメイシの、最新曲!!
※このタイピングは「嵐が去るまで」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ひとはどんなにやさしくいきても)

人はどんなに優しく生きても

(ひとをきずつけてしまういきものだから)

他人を傷つけてしまう 生きものだから

(せめてもぼくはじぶんで)

せめても僕は自分で

(じぶんをきずつけたりしないように)

自分を傷つけたりしないように

(まっすぐにいきすぎたら)

真っすぐに生きすぎたら

(おだやかなかーぶさえもまがりきれなくて)

穏やかなカーブさえも曲がりきれなくて

(たとえきみのなみだのあめが)

例え君の涙の雨が

(あふれだしそうなひがきても)

溢れ出しそうな日が来ても

(いまはそれでいいんだよ)

今はそれで良いんだよ

(たとえきみをとりまくかぜが)

例え君を取り巻く風が

(つよくあらしのようになっても)

強く嵐のようになっても

(きみがつよくなってゆけばいいんだよ)

君が強くなってゆけばいいんだよ

(いつかきづくこんなひもあると)

いつか気付く こんな日もあると

(まわりきにせずゆっくりあるこう)

周り気にせず ゆっくり歩こう

(すこしうんがなかっただけ)

少し運が無かっただけ

(たいようにすこしくもかかっただけ)

太陽に少し雲かかっただけ

(だれしもよわいこどくもこわい)

誰しも弱い 孤独も怖い

(ただおなじひはにどとこない)

ただ同じ日は 二度と来ない

(なみだのゆくえはわからないが)

涙の行方はわからないが

(あめがふらなきゃにじはかからない)

雨が降らなきゃ 虹はかからない

(わがものがおののらねこにからす)

我が物顔の野良猫にカラス

(こんなあめのひどこでよをあかす)

こんな雨の日 どこで夜を明かす

(ぼくらはやねあるだけましかもな)

僕らは屋根あるだけましかもな

(おもいながらのりきるあしたをな)

思いながら乗り切る 明日をな

(どしゃぶりじゃさけびもとどかないが)

どしゃぶりじゃ叫びも届かないが

(すぐまたはれるなやむことはない)

すぐまた晴れる 悩む事はない

(あとすこしだけつよくなればいい)

あと少しだけ強くなればいい

(あらしがさってわらえたらいい)

嵐が去って 笑えたらいい

(とまらずにはしってきたから)

止まらずに走ってきたから

(よわいきもちだれにもうまくつたえきれなくて)

弱い気持ち 誰にもうまく 伝えきれなくて

(たとえきみのなみだのあめが)

例え君の涙の雨が

(あふれだしそうなひがきても)

溢れ出しそうな日が来ても

(いまはそれでいいんだよ)

今はそれで良いんだよ

(たとえきみをとりまくかぜが)

例え君を取り巻く風が

(つよくあらしのようになっても)

強く嵐のようになっても

(きみがつよくなってゆけばいいんだよ)

君が強くなってゆけばいいんだよ

(はれわたるそらにえいえんはなく)

晴れ渡る 空に永遠はなく

(「はれ、あめ、くもり」とえいえんまわる)

「晴れ、雨、曇り」と永々回る

(ひともおなじようないてわらって)

人も同じよう 泣いて笑って

(おちるだけおちてはまたあがって)

落ちるだけ 落ちてはまた上がって

(くのううけいれどんなにもがくか?)

苦悩受け入れ どんなにもがくか?

(はれのちあらしそんなひもあるさ)

晴れのち嵐 そんな日もあるさ

(きょうはたまたまついてないだけ)

今日はたまたまついてないだけ

(あのめがみがこちらむいてないだけ)

あの女神がこちら向いてないだけ

(なもないあらしいつかはさって)

名も無い嵐 いつかは去って

(わすれたころにはつよくなってる)

忘れた頃には強くなってる

(なみだのあとすぐかわいて)

涙の跡すぐ乾いて

(きづけばあおくそらはかがやいて)

気付けば青く空は輝いて

(いつかつよいかさもさせるだろう)

いつか強い傘も 差せるだろう

(またときがたてばわらえるだろう)

また時が経てば 笑えるだろう

(あせらずいまはあまやどり)

焦らず 今は雨宿り

(かならずはれるかなしみのあとに)

必ず晴れる 悲しみの後に

(よるがくるたびにいつも)

夜が来るたびにいつも

(ふあんでねむれなかったんだろ!)

不安で眠れなかったんだろ!

(ほんとうのゆうきなんてのりこえてから)

本当の勇気なんて 乗り越えてから

(はじめてきづくだけのものだから・・・)

初めて気付くだけのものだから…

(たとえきみのなみだのあめが)

例え君の涙の雨が

(あふれだしそうなひがきても)

溢れ出しそうな日が来ても

(いまはそれでいいんだよ)

今はそれで良いんだよ

(たとえきみをとりまくかぜが)

例え君を取り巻く風が

(つよくあらしのようになっても)

強く嵐のようになっても

(きみがつよくなってゆけばいいんだよ)

君が強くなってゆけばいいんだよ

(たとえきみのなみだのあめが)

例え君の涙の雨が

(あふれだしそうなひがきても)

溢れ出しそうな日が来ても

(いまはそれでいいんだよ)

今はそれで良いんだよ

(たとえきみをとりまくかぜが)

例え君を取り巻く風が

(つよくあらしのようになっても)

強く嵐のようになっても

(きみがつよくなってゆけばいいんだよ)

君が強くなってゆけばいいんだよ

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

ゆきのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971