天野月子 花冠

投稿者fonti-nuプレイ回数696
楽曲情報 花冠  天野 月子  作詞天野 月子  作曲天野 月子
難易度(3.1) 936打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 音楽 天野月子
とっても綺麗な曲。これも好きな曲のうち。
※このタイピングは「花冠」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ふねはでていく)

船は出て行く

(ゆうしゅうのしらべをききながら)

憂愁の調べを聞きながら

(やぶれさりたちつくすもののこころをしらず)

敗れ去り 立ち尽くす者の心を知らず

(しずまりかえるこうだいなだいちにきざみつく)

静まり返る広大な大地に刻み付く

(かなしいつめあとがこのむねにしみる)

かなしい爪痕がこの胸に沁みる

(ちぎれたくろいくもにしゅくふくのさんびに)

ちぎれた黒い雲に 祝福の賛美に

(たたかいをおえたとりではさらされてゆく)

戦いを終えた砦は晒されてゆく

(ながれるしろいすなにうずもれてくからだ)

流れる白い砂に埋もれてく躰

(はなはおちてさつばつとするむじんのじょうさい)

花は落ちて殺伐とする無人の城砦

(あのひわたしがほかのせんたくしをきりすてて)

あの日わたしが他の選択肢を切り捨てて

(きみをえらんだらかわったというの?)

君を選んだら 変わったというの?

(ただしいのはじぶんのほうだとつよくしんじてた)

正しいのは自分の方だと 強く信じてた

(かたくつなぎあったてをすべてなくすまで)

固く繋ぎ合った手を すべて失くすまで

(ふみはずすこのあしをゆるしあえないなら)

踏み外すこの足を許し合えないなら

(なんのためもんはひらいてまねきいれるの)

何の為門は開いて 招き入れるの

(ながれるしろいすなにうずもれてくはなは)

流れる白い砂に埋もれてく花は

(しゅをなくしたこうはいのうみにしずむじょうさい)

主をなくした 荒廃の海に沈む城砦

(このむねにさいたいちりんのはなが)

この胸に咲いた 一輪の花が

(おともなくくずれさけびあげている)

音もなく崩れ 叫び上げている

(あたたかくゆれているきみのおもかげも)

温かく揺れている 君の面影も

(このわたしをよびもどすべるにならない)

このわたしを呼び戻すベルにならない

(いとしいひとよ)

愛しい人よ

(せめてわたしをきるときは)

せめてわたしを切る時は

(ひとみあけてほろびゆくしゅんかんまでみとって)

瞳開けて 滅び行く瞬間まで看取って

(ちぎれたくろいくもにしゅくふくのさんびに)

ちぎれた黒い雲に 祝福の賛美に

(たたかいをおえたとりではさらされていく)

戦いを終えた砦は晒されていく

(いとしいひとよきみにであえたよろこびに)

愛しい人よ 君に出会えた喜びに

(はなさかせたおだやかなわたしはもういない)

花咲かせた 穏やかなわたしはもういない

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。