投稿者一花プレイ回数000
楽曲情報 蝶  天野 月子  作詞天野 月子  作曲天野 月子
難易度(2.7) 850打 歌詞 長文モード可タグ 天野月子
※このタイピングは「蝶」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ちかにもぐりあなをほりつづけた)

地下に潜り穴を掘り続けた

(どこにつづくあなかはしらずに)

どこに続く穴かは知らずに

(つちにぬれたすこーぷをかたてに)

土に濡れたスコープを片手に

(きみのうでをさがしていた)

君の腕を探していた

(つぎはぎのしあわせをよせあつめまきながら)

つぎはぎの幸せを寄せ集め蒔きながら

(きみのつよさにおしつぶされてた)

君の強さに押し潰されてた

(やけつき)

焼けつき

(やけつき)

焼けつき

(はがれないてのひらのあと)

剥がれない掌の跡

(ちぎれたつばさであかくそまるくもまをさいて)

ちぎれた翼で朱く染まる雲間を裂いて

(じょうずにはばたくわたしをみつけて)

上手に羽ばたくわたしを見つけて

(まゆにこもりえがいたえいえんは)

繭に籠もり描いた永遠は

(どこにめぶきはなひらくのだろう)

どこに芽吹き花開くのだろう

(あさはやがてやみよをつれもどし)

朝はやがて闇夜を連れ戻し

(わたしのめをうばってゆく)

わたしの眸を奪ってゆく

(つきあかり)

月灯り

(てさぐりでかさねあいもつれては)

手探りで重ね合い縺れては

(きみのありかになれるとしんじた)

君の在処になれると信じた

(もえつき)

燃え尽き

(もえつき)

燃え尽き

(もどらないやくそくのばしょ)

戻らない約束の場所

(ちぎれたいたみでくろくそまるだいちをかけて)

ちぎれた痛みで黒く染まる大地を駆けて

(じょうずにはばたくわたしをみつけて)

上手に羽ばたくわたしを見つけて

(さけんでもきこえぬなら)

叫んでも聞こえぬなら

(そのてでこわしてほしい)

その手で壊してほしい

(まだわたしを「わたし」とよべるうちに)

まだわたしを「わたし」と呼べるうちに

(だきとめるきみのうでがおだやかなちりにかわる)

抱き止める君の腕が穏やかな塵に変わる

(ただしずかに)

ただ静かに

(てんをあおいだ)

天を仰いだ

(やけつき)

焼けつき

(やけつき)

焼けつき

(はがれないてのひらのあと)

剥がれない掌の跡

(ちぎれたつばさであかくそまるくもまをさいて)

ちぎれた翼で朱く染まる雲間を裂いて

(もえつき)

燃え尽き

(もえつき)

燃え尽き

(もどらないやくそくのばしょ)

戻らない約束の場所

(じょうずにはばたくわたしをみつけて)

上手に羽ばたくわたしを見つけて

一花のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971