アラジンと魔法のランプ1

投稿者ジョナジュリプレイ回数2976
難易度(4.5) 1124打 長文タグ長文 童話 昔話
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 HAKU 7255 7.5 96.3% 149.0 1123 42 19 2020/08/28
2 4598 C++ 4.8 95.0% 228.1 1106 57 19 2020/10/12
3 ぷにょ69 4069 C 4.1 98.0% 269.3 1118 22 19 2020/08/28
4 nakaki 2760 E+ 3.1 89.3% 356.8 1118 133 19 2020/08/25

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(むかしむかしあるところに、ははおやとふたりぐらしのあらじんというまずしいしょうねんがいました。)

昔々あるところに、母親と二人暮らしのアラジンという貧しい少年がいました。

(あるひ、おとこがあらわれ、すばらしいものをみせてやろうといって、)

ある日、男が現れ、素晴らしいものを見せてやろうといって、

(あらじんをまちからとおくはなれたたにままでつれていきました。)

アラジンを町から遠く離れた谷間まで連れていきました。

(おとこがじゅもんをとなえると、じめんがぐらぐらゆれ、ぽっかりとおおきなあながあきました。)

男が呪文を唱えると、地面がぐらぐら揺れ、ぽっかりと大きな穴があきました。

(「あなのなかのへやのおくにあるふるいらんぷをもちかえってこい」とおとこはあらじんに)

「穴の中の部屋の奥にある古いランプを持ち帰ってこい」と男はアラジンに

(いいました。じつはこのおとこ、わるいまほうつかいだったのです。)

言いました。実はこの男、悪い魔法使いだったのです。

(おとこは、おまもりだといってゆびわをあらじんにわたしました。)

男は、お守りだと言って指輪をアラジンに渡しました。

(あらじんはしかたなくくらいあなのなかをすすんでいき、へやのなかでみつけたのは)

アラジンは仕方なく暗い穴の中を進んで行き、部屋の中で見つけたのは

(ふるぼけたごくふつうのらんぷです。)

古ぼけたごく普通のランプです。

(らんぷをもってでぐちへもどるとちゅう、あらじんはきれいなみが)

ランプを持って出口へ戻る途中、アラジンは綺麗な実が

(たくさんなっているきをみつけました。あか、みどり、あお、むらさき。)

たくさんなっている木を見つけました。赤、緑、青、紫。

(ひかりかがやくふしぎなみだったので、ははおやへのおみやげにと、きのみをふくろのなかに)

光り輝く不思議な実だったので、母親へのお土産にと、木の実を袋の中に

(つめこみ、あなのでぐちまでもどってきましたが、でぐちでは)

詰め込み、穴の出口まで戻ってきましたが、出口では

(「おそいぞ。はやくらんぷをよこせ」とおとこがおこっています。)

「遅いぞ。早くランプをよこせ」と男が怒っています。

(あらじんは、つかれているしすこしやすもうとかんがえて、あなのおくにもどりました。)

アラジンは、疲れているし少し休もうと考えて、穴の奥にもどりました。

(するとおとこはますますおこりだし「さてはらんぷをよこどりするつもりだな。)

すると男はますます怒り出し「さてはランプを横取りするつもりだな。

(もどってこないなら、おまえをらんぷごとえいきゅうにとじこめてやる」)

戻ってこないなら、お前をランプごと永久に閉じ込めてやる」

(といってじゅもんをとなえると、でぐちがふさがれ)

と言って呪文を唱えると、出口がふさがれ

(あらじんはほらあなのなかにとじこめられてしまいました。)

アラジンはほら穴の中に閉じ込められてしまいました。

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

ジョナジュリのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード