夢野久作 瓶詰地獄④

投稿者nyokesi プレイ回数133
難易度(4.5) 2443打 長文 タグ長文 小説 文豪 夢野久作
順位名前スコア称号打鍵/秒正誤率時間(秒)打鍵数ミス問題日付
1 subaru 6411 S 6.7 95.6% 363.7 2442 110 40 2020/02/19
2 おっ 6305 S 6.7 93.6% 361.1 2443 166 40 2020/02/22
3 Haku 6305 S 6.5 95.7% 370.3 2443 108 40 2020/03/05
4 vista 6020 A++ 6.2 96.1% 389.7 2443 97 40 2020/02/18
5 rui 5888 A+ 5.9 98.9% 408.9 2434 26 40 2020/02/16

関連タイピング

タイピングが向上しない人のためのタイピング

タイピングが向上しない人のためのタイピング

タイピングをいくら練習しても上手にならないスランプな人へ

プレイ回数600996
長文826打
米津玄師/Lemon

米津玄師/Lemon

米津玄師のLemonです

プレイ回数738273
歌詞かな1119打
第5回パソコン入力スピード認定試験 試験問題

第5回パソコン入力スピード認定試験 試験問題

約5100文字 ツラいけど頑張って!

プレイ回数39635
長文5256打
第113回 日本語ワープロ検定試験 4級

第113回 日本語ワープロ検定試験 4級

時間無制限です

プレイ回数71888
長文989打
P検タイピング

P検タイピング

わりと長文です。

プレイ回数143077
長文582打
112回 ワープロ検定初段(速度)

112回 ワープロ検定初段(速度)

日本語ワープロ検定試験初段の速度問題です

プレイ回数37837
長文2179打

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(わたしのかみのけはすなにまみれ、わたしのはらはいわにおしつけられております。)

私の髪の毛は砂にまみれ、私の腹は岩に押しつけられております。

(もしわたしのしにたいおねがいがみこころにかないましたならば、ただいますぐに)

もし私の死にたいお願いが聖意(みこころ)にかないましたならば、只今すぐに

(わたしのいのちを、もゆるいなずまにおわたしくださいませ。)

私の生命(いのち)を、燃ゆる閃電(いなずま)にお付(わた)し下さいませ。

(ああ。かくれたるにみたまうかみさまよ。どうぞどうぞ)

ああ。隠微(かくれ)たるに鑒給(みた)まう神様よ。どうぞどうぞ

(みなをあがめさせたまえ。みしるしをちじょうにあらわしたまえ・・・」)

聖名(みな)を崇めさせ給え。み休徴(しるし)を地上にあらわし給え・・・」

(けれどもかみさまは、なんのおしめしも、なさいませんでした。あいいろのそらには、しろくひかる)

けれども神様は、何のお示しも、なさいませんでした。藍色の空には、白く光る

(くもが、いとのようにながれているばかり・・・がけのしたには、まっさおく、)

雲が、糸のように流れているばかり・・・崖の下には、真青(まっさお)く、

(まっしろくうずまきどよめくなみのあいだを、あそびたわむれているふかのしっぽやひれが、)

真白く渦捲きどよめく波の間を、遊び戯れているフカの尻尾やヒレが、

(ときどきひらひらとみえているだけです。)

時々ヒラヒラと見えているだけです。

(そのあおずんだ、そこなしのふちを、いつまでもいつまでもみつめている)

その青澄んだ、底なしの深淵(ふち)を、いつまでもいつまでも見つめている

(うちに、わたしのめは、いつとなくぐるぐると、くるめきはじめました。)

うちに、私の目は、いつとなくグルグルと、 眩暈(くる)めき始めました。

(おもわずよろよろとよろめいて、ただよいくだくるなみのあわのなかにおちこみそうに)

思わずヨロヨロとよろめいて、漂い砕くる波の泡の中に落ち込みそうに

(なりましたが、やっとのおもいでがけのはしにふみとどまりました。・・・とおもうまも)

なりましたが、やっとの思いで崖の端に踏み止まりました。・・・と思う間も

(なくわたしはがけのうえのいちばんたかいところまでひととびにひきかえしました。そのぜっちょうにたって)

なく私は崖の上の一番高い処まで一跳びに引き返しました。その絶頂に立って

(おりましたぼうきれと、そのさきにむすびつけてあるやしのかれはを、)

おりました棒切れと、その尖端(さき)に結びつけてあるヤシの枯れ葉を、

(ひとおもいにひきたおして、めのしたはるかのふちになげこんでしまいました。)

一思いに引き倒して、眼の下はるかの淵に投げ込んでしまいました。

(「もうだいじょうぶだ。こうしておけば、すくいのふねがきてもとおりすぎていくだろう」)

「もう大丈夫だ。こうしておけば、救いの船が来ても通り過ぎて行くだろう」

(こうかんがえて、なにかしらげらげらとあざけりわらいながら、おおかみのように)

こう考えて、何かしらゲラゲラと嘲り笑いながら、残狼(おおかみ)のように

(がけをおりて、こやのなかへかけこみますと、しへんのところをひらいてあった)

崖を降りて、小舎(こや)の中へ駆け込みますと、詩篇の処を開いてあった

(せいしょをとりあげて、うみがめのたまごをやいたひののこりのうえにのせ、うえからかれくさを)

聖書を取り上げて、ウミガメの卵を焼いた火の残りの上に載せ、上から枯れ草を

など

(なげかけてほのおをふきたてました。そうしてこえのあるかぎり、あやこのなをよび)

投げかけて焔を吹き立てました。そうして声のある限り、アヤ子の名を呼び

(ながら、すなはまのほうへかけだして、そこいらをみまわしました・・・が・・・。)

ながら、砂浜の方へ駆け出して、そこいらを見まわしました・・・が・・・。

(みるとあやこは、はるかにうみのなかにつきでているみさきのおおいわのうえにひざまずいて、)

見るとアヤ子は、はるかに海の中に突き出ている岬の大磐の上に跪いて、

(おおぞらをあおぎながらおいのりをしているようです。)

大空を仰ぎながらお祈りをしているようです。

(わたしはふたあしみあしうしろへ、よろめきました。あらなみにとりまかれたむらさきいろの)

私は二足三足うしろへ、よろめきました。荒浪に取り捲かれた紫色の

(おおいわのうえに、ゆうひをうけてちのようにかがやいているおとめのせなかの)

大磐の上に、夕日を受けて血のように輝いている処女(おとめ)の背中の

(こうごうしさ・・・。)

神々しさ・・・。

(ずんずんとうしおがたかまってきて、ひざのしたのかいそうをあらいただよわしているのも)

ズンズンと潮(うしお)が高まって来て、膝の下の海藻を洗い漂わしているのも

(こころづかずに、こがねいろのたきなみをあびながらいっしんにいのっている、そのすがたの)

心付かずに、黄金色の滝浪を浴びながら一心に祈っている、その姿の

(けだかさ・・・まぶしさ・・・。)

崇高(けだか)さ・・・まぶしさ・・・。

(わたしはからだをいしのようにこわばらせながら、しばらくのあいだ、ぼんやりとめを)

私は身体を石のように固(こわ)ばらせながら、暫くの間、ボンヤリと眼を

(みはっておりました。けれども、そのうちにふいっと、そうしているあやこの)

みはっておりました。けれども、そのうちにフイッと、そうしているアヤ子の

(けっしんがわかりますと、わたしははっとしてとびあがりました。むちゅうになって)

決心がわかりますと、私はハッとして飛び上がりました。夢中になって

(かけだして、かいがらばかりのいわのうえを、きずだらけになってすべりながら、)

駆け出して、貝殻ばかりの岩の上を、傷だらけになって辷(すべ)りながら、

(みさきのおおいわのうえにはいあがりました。きちがいのようにあれくるい、)

岬の大磐の上に這い上がりました。キチガイのように暴(あ)れ狂い、

(なきさけぶあやこを、りょううでにしっかりとだきかかえて、からだじゅう)

哭(な)き喚(さけ)ぶアヤ子を、両腕にシッカリと抱き抱えて、身体中

(ちだらけになって、やっとのおもいで、こやのところへかえってきました。)

血だらけになって、やっとの思いで、小舎(こや)の処へ帰って来ました。

(けれどもわたしたちのこやは、もうそこにはありませんでした。)

けれども私たちの小舎は、もうそこにはありませんでした。

(せいしょやかれくさといっしょに、しろいけむりとなって、あおぞらのはるかむこうに)

聖書や枯れ草と一緒に、白い煙となって、青空のはるか向うに

(きえうせてしまっているのでした。)

消え失せてしまっているのでした。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

nyokesiのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード