yuiko doom and gloom

投稿者電池プレイ回数47
楽曲情報 doom and gloom  yuiko  作詞yuiko  作曲Meis clauson
難易度(2.6) 738打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 音楽 同人 yuiko
yuiko(Primary)のdoom and gloomです。
Primary 10th album 「SIN」に収録。
※このタイピングは「doom and gloom」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(そっとはじまったものがたりは)

そっと始まった 物語は

(なんどもわたしをあやつってた)

何度も私を 操ってた

(そのたびいのったこのせかいはきっと)

その度祈った この世界はきっと

(かなしみにあふれないてるから)

悲しみに溢れ 泣いてるから

(またくりかえすのだろうひとのあやまちを)

また繰り返すのだろう 人の過ちを

(そのうんめいをたどるように)

その運命を 辿るように

(たったひとつのねがいもこのからだのように)

たった一つの願いも この体のように

(はいとなってきえてしまうだけ)

灰となって 消えてしまうだけ

(そのこえはいつもきこえていた)

その声はいつも 聞こえていた

(わたしのゆくべきみちをつげた)

私のゆくべき 道を告げた

(そのたびさけんだこのてをふりあげ)

その度叫んだ この手を振り上げ

(こんどこそはつよくねがいながら)

「今度こそは」 強く願いながら

(このかなしみのはてになにがみえるだろう)

この悲しみの果てに 何が見えるだろう

(ちいさなこえでつぶやいても)

小さな声で 呟いても

(またおなじけつまつがまっているのなら)

また同じ結末が 待っているのなら

(このうんめいはなぜくりかえすのか)

この運命は なぜ繰り返すのか

(もうなんどめだろうこのかいだん)

もう何度目だろう この階段

(のぼりきればまたおわるだけだ)

登り切ればまた 終わるだけだ

(さいごをわかっているのにただ)

最後をわかって いるのにただ

(このみはどうしてうごくの)

この身はどうして動くの

(あかくもえるそのめをからだをこころを)

紅く燃えるその目を 体を心を

(このあおぞらにときはなって)

この青空に 解き放って

(またわたしははじめるおなじうんめいを)

また私は始める 同じ運命を

(かわることないけつまつでも)

変わることない 結末でも

(けだかいおもいだけはなくさないままで)

気高い思いだけは 無くさないままで

(なんどでもてをふりあげるのだろう)

何度でも手を 振り上げるのだろう

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!