ざんげの塔 夢野久作 

投稿者ヒマヒマ マヒマヒプレイ回数1452
難易度(4.5) 4925打 長文タグ夢野久作 小説 長文 文学 文豪
著者が若い頃に行った悪行(言うほどでもない?)の話。
おどろおどろしさ、不気味さはありません。
むしろ微笑ましいくらい?
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ミッチーR 4178 C 4.3 96.5% 1139.9 4939 176 93 2021/09/01

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(「おんなをみてうつくしいとおもうものは、つみをおかしたものだ」というきりすとのめから)

「女を見て美しいと思うものは、罪を犯した者だ」というキリストの眼から

(みれば、たいていのにんげんははんざいしゃ・・・だとおもう。)

見れば、たいていの人間は犯罪者・・・だと思う。

(それかといってちょうえきにいくようなはんざいをここにはっぴょうするわけにもいかぬ・・・)

それかといって懲役に行くような犯罪をここに発表するわけにも行かぬ・・・

(たとえあるにしてでもである。)

たとえあるにしてでもである。

(もしまたないのにはっけんしたら、それこそはんざいだろう。)

もし又ないのに発見したら、それこそ犯罪であろう。

(だから「わたしのはんざい」のこくはくはそのちゅうかんていどのなまぬるいところでかんべんして)

だから「私の犯罪」の告白はその中間程度の生ぬるいところで勘弁して

(いただかねばならぬ。まずてがるいところから・・・。)

いただかねばならぬ。 まず手軽いところから・・・。

(しょっちゅうとうきょうふくおかかんをおうふくしていたころのこと。)

しょっちゅう東京福岡間を往復していた頃のこと。

(きゅうこうでもたいくつしてしようがないので、ぽけっとからちいさなざっきちょうをだして、)

急行でも退屈してしようがないので、ポケットから小さな雑記帳を出して、

(めのまえのまどにあたまをよせかけていねむりをしている、)

眼の前の窓に頭をよせかけて居ねむりをしている、

(しじゅうご、ろくのしんしのかおをすけっちしはじめた。)

四十五、六の紳士の顔をスケッチしはじめた。

(ちゅうはげのあたまのけ、だだっぴろいひたい、げじげじまゆ、しりさがりになっため、ちいさなみみ、)

中禿の頭の毛、ダダッ広い額、ゲジゲジ眉、尻下りになった眼、小さな耳、

(おおきなわしばな、へのじなりのくち、ぐんかんのようなあごと)

大きな鷲鼻、への字なりの口、軍艦のようなアゴと

(ねんいりにかきあげてぱたりとざっきちょうをふせると、そのひとがおおきなめをひらいて)

念入りに書き上げてパタリと雑記帳を伏せると、その人が大きな眼を開いて

(わたしをみた。にやりとしていった。「できましたかね」)

私を見た。ニヤリとして言った。「出来ましたかね」

(わたしのおやじは、せがれをからかってたのしむというわるいくせがある。)

私のおやじは、伜をカラカッて楽しむというわるい癖がある。

(それもかなりざんにんなほうほうで・・・)

それもかなり残忍な方法で・・・

(たとえばわたしはいろんなことのほうびやなにかでおやじからきんどけいをよっつと)

たとえば私はいろんな事の褒美や何かでおやじから金時計を四ツと

(ぷらちなのとけいをにこもらっていたが、じつぶつはまだいちどもてにしなかった。)

プラチナの時計を二個貰っていたが、実物はまだ一度も手にしなかった。

(わたしはそのかずをちゃんときおくしていこんこつずいにてっしていた。)

私はその数をチャンと記憶して遺恨骨髄に徹していた。

など

(そのうちにわたしのにっけるがわがこわれたから、これさいわいとそのとけいをもってじょうきょうして)

そのうちに私のニッケル側が壊れたから、これ幸いとその時計を持って上京して

(おやじにあたらしいのをかってくれといったら、おやじはしさいらしく)

おやじに新しいのを買ってくれといったら、おやじは仔細らしく

(わたしのにっけるがわをゆすぶってみたあげくけろりとして、)

私のニッケル側をゆすぶって見たあげくケロリとして、

(「つかえるだけしゅうぜんしてつかえ」といってしりあいのとけいやをおしえた。)

「使えるだけ修繕して使え」 と言って知り合いの時計屋を教えた。

(わたしはにえくりかえるほどはらがたって、どうしてくれようかと)

私は煮えくりかえる程腹がたって、どうしてくれようかと

(おもいおもいそのとけいやにいったら、みしりごしのばんとうがでてきて、)

思い思いその時計屋に行ったら、見知り越しの番頭が出て来て、

(「いらっしゃいまし。だんなさまのおとけいはもうできております。)

「いらっしゃいまし。旦那様のお時計はもう出来ております。

(たまがひとつわれておりましたので・・・おとどけしようと)

玉が一つ割れておりましたので・・・お届けしようと

(ぞんじておりましたところで・・・」)

存じておりましたところで・・・」

(といううちにおおきなまほがにーのはこをだした。)

と言ううちに大きなマホガニーの箱をだした。

(ひらいてみると、おやじがとらのこのようにしているぷらちなのとけいで、)

開いて見ると、おやじが虎の子のようにしているプラチナの時計で、

(ふといくさりとむしめがねまでついている。)

太い鎖と虫眼鏡までついている。

(わたしはそれをもってきゅうしゅうへにげた。)

私はそれを持って九州へ逃げた。

(かんもんかいきょうをわたるときに、はらのなかであかいしたをぺろりとだした。)

関門海峡を渡る時に、腹の中で赤い舌をペロリと出した。

(ところがふくおかのすみかへかえるとでんぽうがきている。)

ところが福岡の棲家へ帰ると電報が来ている。

(「ぷらちなとけい。けいさつもんだいになり。)

「プラチナトケイ。ケイサツモンダイニナリ。

(とりしらべうけた。きさまにそういなしとわかる。)

トリシラベウケタ。キサマニソウイナシトワカル。

(しきゅうへんそうし。そのむねでんうて」)

シキュウヘンソウシ。ソノムネデンウテ」

(わたしはあおくなって、とけいをきちょうひんあつかいでへんそうした。)

私は青くなって、時計を貴重品扱いで返送した。

(めのまわるほどりょうきんをとられた。)

眼のまわるほど料金を取られた。

(するとそれからにしゅうかんくらいに、くさりとじしゃくつきのきんどけいがいっこ、)

するとそれから二週間位に、鎖と磁石つきの金時計が一個、

(おやじのなまえでおくってきた。)

おやじの名前で送って来た。

(てがみかなにかくるかしらんとまっていたが、なにもこない。)

手紙か何か来るかしらんと待っていたが、何も来ない。

(そのごじょうきょうしてようすをきいてみたら、けいさつもんだいはうそで、)

その後上京して様子をきいて見たら、警察問題は嘘で、

(またおやじにいっぱいくわされていたことがわかった。)

又おやじに一パイ喰わされていたことがわかった。

(きんどけいをたたきかえしてやろうかとおもったが、)

金時計をタタキ返して遣ろうかと思ったが、

(かんがえなおしてよした。)

考え直して止した。

(めいじよんじゅういちねんのこと、)

明治四十一年のこと、

(くだんたけばしのこのえほへいだいいちれんたいだいよんちゅうたい(とくにめいきしておく)に)

九段竹橋の近衛歩兵第一連隊第四中隊(特に明記して置く)に

(いちねんしがんへいとしているうちに、あるばんのこと、)

一年志願兵としているうちに、或る晩の事、

(わたしのしぶつはこにふろしきにつつんだもちがかくしてあるのがはっけんされた。)

私の私物筥に風呂敷に包んだ餅が隠してあるのが発見された。

(そのふろしきにはんつきごちょうきんむじょうとうへいのなまえがはいっていたので、)

その風呂敷に班付伍長勤務上等兵の名前が入っていたので、

(たちまちはんないのだいもんだいになって、)

たちまち班内の大問題になって、

(わたしのさゆうにねているじょうとうへいこうほしゃがよにんほどけんぎしゃとしてめざされて、)

私の左右に寝ている上等兵候補者が四人ほど嫌疑者として目指されて、

(わたしといっしょにまいばんげんじゅうなしらべをうけた。)

私と一緒に毎晩厳重なしらべを受けた。

(きゅうしきおしきのかまえ、しつじゅうりっしゃのかまえ、しんだいかかえ・・・なぞ、)

旧式折敷の構え、執銃立射の構え、寝台抱え・・・なぞ、

(すうじゅっぷんないしすうじかんにわたるごうもんのおそろしさは)

数十分乃至数時間にわたる拷問の恐ろしさは

(けいけんのあるひとでなければせつめいしにくい。)

経験のある人でなければ説明しにくい。

(まいばんてんこごのはんないはせいそうのきにみちた。)

毎晩点呼後の班内は悽愴の気に満ちた。

(けれどもごにんはむごんのにんくをつづけた。)

けれども五人は無言の忍苦を続けた。

(かせきはつぎからつぎへとおもくされていった。よばんめにわたしはないてはくじょうした。)

苛責は次から次へと重くされて行った。四晩目に私は泣いて白状した。

(もちをいれたのはわたしである。)

餅を入れたのは私である。

(しかしじょうとうへいどののふろしきをぬすんだおぼえはない。)

しかし上等兵殿の風呂敷を盗んだ覚えはない。

(だからはくじょうしなかったのだ・・・と。)

だから白状しなかったのだ・・・と。

(これはじじつであるが、よにもくるしいいいわけであった。)

これは事実であるが、世にも苦しい言いわけであった。

(しかしこのいいわけで、そのごのとりしらべはうやむやになった。)

しかしこの言いわけで、その後の取調べは有耶無耶になった。

(わたしがしんぶんしにつつんでおいたもちが、どうしてずっとはなれたしんだいに)

私が新聞紙に包んで置いた餅が、どうしてずっと離れた寝台に

(ねているごちょうきんむじょうとうへいのふろしきでつつまれていたかというりゆうも、)

寝ている伍長勤務上等兵の風呂敷で包まれていたかという理由も、

(したがってふめいのままにおわった。)

従って不明のままに終った。

(よにんのけんぎしゃのなかには、わたしをうらんでいるものと、わたしのむざいを)

四人の嫌疑者の中には、私を怨んでいるものと、私の無罪を

(しんじてくれるものと、ふたとおりあった。)

信じてくれるものと、ふた通りあった。

(はんないでもしょせつふんぷんというありさまであったらしい。)

班内でも諸説紛々という有様であったらしい。

(だれかがわたしのもちをぬすみかけていたのだというものもあった。)

誰かが私の餅を盗みかけていたのだという者もあった。

(いずれにしても「だれかがあのふろしきのことをはくじょうしたら」と)

いずれにしても「誰かがあの風呂敷の事を白状したら」と

(いじになって、よにんのくつうをもんだいにしていなかったわたしの)

意地になって、四人の苦痛を問題にしていなかった私の

(ひきょうさをおもいだすとそのつどに、おおごえでさけびたいようなきもちになる。)

卑怯さを思い出すとその都度に、大声で叫びたいような気持になる。

(そのごふくおかにきて、あるしんぶんのきしゃをしていたじぶんのこと。)

その後福岡に来て、ある新聞の記者をしていた時分のこと。

(あるじけんでちょうかんのしないばんをおくらしたために、さんじちかくなったので、)

ある事件で朝刊の市内版を遅らしたために、三時近くなったので、

(しゅひつのじたくにおしかけてとめてもらうつもりで)

主筆の自宅に押しかけて泊めて貰うつもりで

(たたきおこしたがなかなかおきない。ねむさはねむし、)

タタキ起したがなかなか起きない。ねむさは睡し

(たっているうちにかはくうし、なさけなくなってきたので、)

立っているうちに蚊は喰うし、情なくなって来たので、

(しょうしょうやけぎみでげんかんのとびらをちからいっぱいおしてみると、ないぶにともったでんとうのひかりで、)

少々ヤケ気味で玄関の扉を力一パイ押してみると、内部にともった電燈の光で、

(とびらととびらのあわせめにひっかかっているかけきんがみえた。)

扉と扉の合わせ目に引っかかっている掛金が見えた。

(しめたとおもってないふでつきはずして、なかにはいって、もとのとおりにしめて、)

しめたと思ってナイフで突き外して、中に入って、もとの通りに締めて、

(ろうかのつきあたりのふくろどからかやとふとんをだしておうせつまにしいて、)

廊下の突き当りの袋戸から蚊帳と蒲団を出して応接間に敷いて、

(だいのじになりながらまどぎわにならべてあるあさがおのはちをみているうちに、)

大の字になりながら窓際に並べてある朝顔の鉢を見ているうちに、

(ぐっすりとねむってしまった。)

グッスリと睡ってしまった。

(しゅひつのふじんはびじんというひょうばんであったが、いつものとおりはやくおきて、)

主筆の夫人は美人という評判であったが、いつもの通り早く起きて、

(あさがおをみるべくおうせつまのとびらをひらくと、ひめいをあげて、)

朝顔を見るべく応接間の扉を開くと、悲鳴をあげて、

(にかいにかけあがったという。そのごしゅひつのいえのげんかんのしまりが)

二階に駈け上ったという。その後主筆の家の玄関の締りが

(かんぬきにあらためられたのは、どうやらふじんのきぼうらしい。)

閂に改められたのは、どうやら夫人の希望らしい。

(あのときに、まんいちしゅひつがるすだったら・・・とおもうと、いまでもひやあせがでる。)

あの時に、万一主筆が留守だったら・・・と思うと、今でも冷汗が出る。

(これくらいでかんべんしてください。)

これ位で勘弁して下さい。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

ヒマヒマ マヒマヒのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード