勝手に、小説1ー夢トリップもの(夢迷宮1)

投稿者横濱kabitan(カビタン)プレイ回数000
難易度(4.1) 576打 長文タグ小説 夢トリップ 長文
自作小説を練習に使ってもらうというなんだかな企画w
今回は、今敏監督の映画「パプリカ」に感化されて、軽い夢トリップしちゃった人の話-楽しく練習できる内容にしたいです。
最初、出題順をランダムにしましたが意味なしなので、順序通りに変更にしました。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 nao 7822 超速読み 7.9 98.6% 72.1 572 8 13 2020/12/02
2 HAKU 7346 超速読み 7.5 97.7% 76.5 575 13 13 2020/11/29
3 シニーキ 5468 普通読み 5.7 94.7% 99.3 575 32 13 2020/11/28
4 yama 5397 普通読み 5.5 98.1% 103.2 568 11 13 2020/12/01
5 Busubusu 4721 咬み読み 5.1 92.9% 111.4 569 43 13 2020/12/04

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ゆかにつきめをつぶったとたんに、ひとつのろうそくがめのまえにみえた)

床に就き目を瞑った途端に、一つのろうそくが目の前に見えた

(そのろうそくとともに、おかっぱあたまのにほんにんぎょうがたっていた)

そのろうそくと共に、おかっぱ頭の日本人形が立っていた

(「あなた、どこからきたの?」)

「あなた、どこからきたの?」

(とにほんにんぎょうは、あやしげにめをひからせた)

と日本人形は、怪しげに目を光らせた

(それをみたぼくは、ぎょっとするもうごけない)

それを見た僕は、ぎょっとするも動けない

(にほんにんぎょうは、ぼくにちかよると、ぼくのてをにぎった)

日本人形は、僕に近寄ると、僕の手を握った

(そのとたん、ぼくはならくにおちるかんかくにおそわれた)

その途端、僕は奈落に落ちる感覚に襲われた

(きがつくと、へいあんきぞくのやしきのなかにわのようなところにいた)

気が付くと、平安貴族の屋敷の中庭のような所に居た

(そこには、みょうにいろじろでぼってりしたへいあんきぞくらしきひとかげが)

そこには、妙に色白でぼってりした平安貴族らしき人影が

(「そこのわらべ、いずこか?」)

「そこの童、いずこか?」

(と、はなしかけた)

と、話しかけた

(そのうしろには、さきのにほんにんぎょうがにんわりさせていた)

その後ろには、先の日本人形がにんわりさせていた

(どうやら、ぼくはゆめめいきゅうにまよいこんだようだ)

どうやら、僕は夢迷宮に迷い込んだようだ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

横濱kabitan(カビタン)のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード