花鳥風月/ケツメイシ

投稿者ゆき プレイ回数1051
楽曲情報 花鳥風月  ケツメイシ  作詞大塚 亮二  作曲田中 亮
難易度(3.6) 2006打 歌詞 長文モード可 タグ歌詞 ケツメイシ
自然の美しさや尊さとあわせて、日本語の美しさも感じられる歌詞。
※このタイピングは「花鳥風月」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

わかれうた/中島みゆき

わかれうた/中島みゆき

切なく悲しい歌なのに、曲を聴くとかっこよくも感じるのが不思議。

プレイ回数4787
歌詞かな801打
歌詞タイピング「さくら」

歌詞タイピング「さくら」

ケツメイシのヒット曲、「さくら」の歌詞をタイピングして下さい!

プレイ回数84
歌詞かな1540打
ライフ イズ ビューティフル/ケツメイシ

ライフ イズ ビューティフル/ケツメイシ

人生は素晴らしい、人生は美しいんだって☆

プレイ回数549
歌詞2314打
友よ~この先もずっと

友よ~この先もずっと

ケツメイシ 友よ

プレイ回数1093
歌詞かな1261打
バラード ケツメイシ

バラード ケツメイシ

プレイ回数821
歌詞かな1433打
さくら/ケツメイシ

さくら/ケツメイシ

春に聴きたい曲1位にもなった名曲!是非タイピングしてみてね♪

プレイ回数3253
歌詞かな1540打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(なにもないころにうまれだからこそいまにのこる)

何もない頃に生まれ だからこそ今に残る

(なにもないころにうまれだからこそいみがある)

何もない頃に生まれ だからこそ意味がある

(きぎのゆれかわかぜはざわめき)

木々の揺れ 川 風 葉 ざわめき

(やみてらすつきとそれかさねに)

闇照らす月とそれ 重ねに

(みちかけここにみいだされしこよみ)

満ち欠けここに 見出されし こよみ

(つきへのいけいそれいまはどこに)

月への畏敬 それ今はどこに

(やわらかくさすひかりここにあびたれ)

柔らかく射す 光ここに浴びたれ

(かわらなくまつひかりどこになげかける)

変わらなく待つ 光どこに投げかける

(まんてんのそらよりもつきひとつあれば)

満天の空よりも 月ひとつあれば

(みながみるおなじよぞらなにもかわらなけりゃ)

皆が見る同じ夜空 何も変わらなけりゃ

(しぜんはいぜんときぜんとしてるが)

自然は 依然と 毅然としてるが

(にんげんはどうだろうか?みずからくびしめる)

人間はどうだろうか?自ら首絞める

(むらくもはなにかぜむしのしらせ)

叢雲 花に風 虫のしらせ

(しらねぇとこよいつきまたかがやく)

知らねぇと 今宵 月また輝く

(つきあかりがたよりのやもりがよし)

月明かりが 頼りのヤモリがよし

(みちかけにひかれみあげるがよい)

満ち欠けに 引かれ見上げるが良い

(つきはかたらないしわらわないしなにもかわらない)

月は語らないし 笑わないし 何も変わらない

(おれにとなえてくれこれにこたえておくれ)

俺に唱えてくれ これに答えておくれ

(はなよとりよかぜよつきよ)

花よ 鳥よ 風よ 月よ

(とわにそらにきえるまでつきのひかりを)

永久に空に消えるまで 月の光を

(にしのそらあかくそまるやまやまはしずけさがます)

西の空 赤く染まる 山々は静けさが増す

(ひがしのよぞらからほしたちまうおおきなつきはあたりてらす)

東の夜空から 星たち舞う 大きな月は辺り照らす

(どこからかふきぬけたゆるいかぜにさくはなゆれた)

どこからか 吹きぬけた ゆるい風に咲く花揺れた

(ながれながれるくもどこへなぜかさかける?あのつきのもとへ)

流れ流れる雲 どこへ 何故傘かける?あの月の元へ

(かけてはみちゆくうきしずむつきはとどまることなく)

欠けては満ちゆく 浮き沈む月はとどまる ことなく

(ながれゆくときのなかいまもたかくかわらずかがやく)

流れゆく時の中 今も高く変わらず輝く

(こよいもろいよをしのびおもい)

今宵もろい 世を忍び思い

(しずかなみなもつきのこし)

静かな水面 月残し

(ゆるりとしずみゆくつきよどこへ)

ゆるりと沈みゆく 月よどこへ

(せいてはいきいそぐひとよどこへ)

急いては 生き急ぐ人よどこへ

(はなよとりよかぜよつきよ)

花よ 鳥よ 風よ 月夜

(とわにそらにきえるまでつきのひかりを)

永久に空に消えるまで 月の光を

(ひがしずみだいちあかくそまりそらをまうとりももりのなかに)

日が沈み 大地赤く染まり 空を舞う鳥も森の中に

(ねむりのしたくはねをみがくそっとやすませむにめをとじる)

眠りの支度 羽を磨く そっと休ませ 無に目を閉じる

(そらをまうひびかぜゆらぐきぎのなかできよくあわくつよくいき)

空を舞う日々 風揺らぐ木々の中で 清く 淡く 強く生き

(すきでもなく、ただそらをまいよくなどなくまたそらをまい)

好きでもなく、ただ 空を舞い 欲などなく また空を舞い

(こをうみそだてきぎのこかげにすをつくりはこぶむしをえさに)

子を産み育て 木々の木陰に 巣を作り運ぶ虫をエサに

(つきがみまもるこのだいちのなかでひたむきにいきるまいにちのなかで)

月が見守るこの大地の中で ひたむきに生きる毎日の中で

(ながれるときはゆるくいきかたはかわらずにふるく)

流れる時はゆるく 生き方は変わらずに古く

(ありのままのこのだいちでまたかぜのままのまいにちへ)

ありのままの この大地で また風のままの毎日へ

(はなよとりよかぜよつきよ)

花よ 鳥よ 風よ 月よ

(とわにそらにきえるまでつきのひかりを)

永久に空に消えるまで 月の光を

(はなよさきほこりつちへともどり)

花よ 咲き誇り土へと戻り

(とりよはばたくいのちははかなく)

鳥よ 羽ばたく命ははかなく

(かぜよふきぬけるどこまでもゆける)

風よ 吹き抜けるどこまでもゆける

(つきよつきてらすこころおくふかくねざす)

月よ 月照らす心奥深く根差す

(はなよさきほこりつちへともどり)

花よ 咲き誇り土へと戻り

(とりよはばたくいのちははかなく)

鳥よ 羽ばたく命ははかなく

(かぜよふきぬけるどこまでもゆける)

風よ 吹き抜けるどこまでもゆける

(つきよつきてらすこころおくふかくねざす)

月よ 月照らす心奥深く根差す

(とわにそらにきえるまでつきのひかりを・・・)

永久に 空に消えるまで 月の光を・・・

(なにもないころにうまれだからこそいまにのこる)

何もない頃に生まれ だからこそ今に残る

(なにもないころにうまれだからこそいみがある)

何もない頃に生まれ だからこそ意味がある

(なにもないころにうまれだからこそいみがある)

何もない頃に生まれ だからこそ意味がある

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

ゆきのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971