卑弥呼外伝

投稿者プレイ回数90
楽曲情報 卑弥呼外伝  ALI PROJECT  作詞宝野 アリカ  作曲片倉 三起也
難易度(2.2) 866打 歌詞 かな 長文モード可タグアリプロ 血と蜜 好事家 ALI PROJECT
ALI PROJECTの卑弥呼外伝、歌詞打です。
ALI PROJECTの卑弥呼外伝、歌詞打です。
よろしければ評価、ランキング登録お願い致します。
誤字脱字、作って欲しいタイピングなどありましたら
コメントなどでお知らせ下さい
※このタイピングは「卑弥呼外伝」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(にちりんのぼりさんがめざめ)

日輪昇り 山河(さんが)目覚め

(ひびにめぶくひとのこころ)

日々に芽吹く 人の心

(わがいのちえらびしは)

わが命 選びしは

(このばしょかこのときか)

この場処か この時か

(ゆうきゅうをたどるはての)

悠久を 辿る果ての

(いかなよにもいづるまどい)

如何な世にも 出づる惑い

(せきららのたましいは)

赤裸々の たましいは

(むげんなるばんゆうの)

無限なる 万有の

(かくとなるかげとひかり)

核となる 陰と陽(ひかり)

(ひびきあえともにあるよろこびのとおきはどう)

響き合え共にある 慶びの遠き波動

(こどくゆえにみちるゆめよ)

孤独ゆえに 満ちる夢よ

(ぬひのようにきみをこうる)

奴婢(ぬひ)のように 君を恋うる

(かぜをきけつきをよみ)

風を聴け 月を読み

(ああひみこひのなみだは)

ああ卑弥呼 緋の涙は

(おんみがさいごにのこすこえ)

御身が最後に残す声

(のちのよまできざむにっしょう)

後の世まで 刻む日章

(われわれをえらびしは)

われわれを 選びしは

(このくにのこのじだい)

この國の この時代

(つながれたちのことわり)

繋がれた 血の理(ことわり)

(すくいだせだくりゅうのどろのなかともるほのお)

掬い出せ濁流の 泥の中 点る炎

(おわりのこぬへいあんへと)

終わりの来ぬ 平安へと

(みこのようにきみをあがむ)

巫女のように 君を祟(あが)む

(いわくだけなみをしる)

岩砕け 波を知る

(ああひみこわたすことば)

ああ卑弥呼 渡す祝詞(ことば)

(ちじょうにまじわるいのりごえ)

地上に交わる 祈声(いのりごえ)

(おどれたおやめうめよひのくに)

踊レ手弱女(たおやめ) 産メヨ火ノ國

(うつくしこうえんわこくまほろば)

美シ紅焔(こうえん) 倭國マホロバ

(うたえますらおさかえひのくに)

唄エ益荒男(ますらお) 栄エ火ノ國

(とうとしあさひやまととこしえ)

尊シ旭日 大和トコシエ

(ひびきあえともにある)

響き合え 共にある

(くるしみのながききおく)

苦しみの 永き記憶

(こどくゆえにみちるあいよ)

孤独ゆえに 満ちる愛よ

(かみのようにわれをころせ)

神のように われを殺せ

(ああひみこああひみこ)

ああ卑弥呼 ああ卑弥呼

(かぜをきけつきをよみ)

風を聴け 月を読み

(ああひみこひのなみだは)

ああ卑弥呼 緋の涙は

(このみがさいごにささぐうた)

この身が最後に 捧ぐ唄

(てんはさばきをくだすことはできぬだろう)

天は裁きを 下すことはできぬだろう

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

屑のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971